▲ 上へ戻る
運営へ連絡
今夜、春蕾の咲く
読了時間
9 分
著: 行城白雪
小さく寂れた公園で、ベンチに腰掛けて酒をかっくらっているだけの、女ふたりの話。(短編創作社会人百合)
残された記憶
何気ない日々
読了時間
17 分
著: 北きつね
今日の最悪な目覚めが明日も明後日も続くだろう最悪な目覚め。俺が毎朝感じている事だ。ゆっくり寝かせてくれないの...
サクラナガレ
読了時間
10 分
著: 晶月翠羽
「未来はどこへ流れていくのだろう」――桜の記憶と小さな約束。石妖契約奇譚番外編、幼いころの青磁と長春の小さな...
桜舞うころに馬鹿騒ぎ
読了時間
8 分
著: FumieC
桜咲く三月下旬。綱刹那ツナセツナは『落ちこぼれ』になった自分を悲観していた。そんなとき、『天才』河津七滝カワ...
花びらが散れば
読了時間
91 分
著: 君名 言葉
『桜の花びらが散れば、思い出は消える』 無気力、無個性に毎日を生きる高校生、隼人は、メジャーデビュー目指して...
残された3分
冷めてしまった紅茶
読了時間
17 分
著: 北きつね
最後に交わした言葉はインターホン越しの3分間だった幼馴染の二人中学の卒業式で、恋人になった。高校での付き合い...
神社と僕たち
僕たちのお返し
読了時間
34 分
著: 北きつね
神社にお参りをして、願い事がかなったら、お礼ではなく、お返しをしなさい。祖父からそう教えられていた。小さな港...
君と決めたルール
僕がルールを破る時
読了時間
17 分
著: 北きつね
僕と君はルールで繋がっている。僕が長い長い旅路の先に、君にたどり着く時に、君はルールを破った僕を怒るだろうか...
ホテル金木犀
読了時間
16 分
著: 東亰チキン
『男と女と某か。それは化生か物の怪か』サクッとマルッと愛の其れにござひます。よゐ子のみんなは見なひでね。
魔女と桜
読了時間
15 分
著: まくさくま
魔女。それは異質な力を扱う者。異端者と呼ばれ、忌み嫌われる存在。しかし、それらは伝承や御伽噺の中の存在……と...
待人はイマ〜幾年の果てに〜
読了時間
12 分
著: 行城白雪
Mastodon ichiji.socialインスタンスユーザ企画・創作版深夜の文字書き60分一本勝負よりお...
紙とペンと復讐
復讐を誓った男の行動
読了時間
17 分
著: 北きつね
男は毎日、紙のペンでメモを取るいじめられて自殺した娘。自殺した娘の後を追った妻。男は、毎日の仕事を続けている...
ゆいごん
読了時間
8 分
著: 東亰チキン
玉ねぎのデトックス効果はえげつないほどに凄まじい。殺菌滅菌サラサラ血液。日々感染リスクと戦っているゴキブリが...
夜の檻にて
読了時間
15 分
著: 杉沢村主
これは菅浩江さんがかつて手掛けた「雨の檻」というSF短編の、いわば本歌取り小説として考えてみたものです。「巨...
桜のヒーロー
読了時間
12 分
著: かいり
春になると、桜は眠りから覚める―――。この時期、成績優秀の僕は素行不良の問題児となる。彼女のために時間を割く...
桜散る頃に
読了時間
11 分
著: 出雲 真昼
桜散る季節に思い出の公園に訪れた高梨颯太は、桜の木を見ながら今亡き妹へと思いをはせる。切っても離せない、忘れ...
隣の料理人
食事のスパイスは勘違い?
読了時間
17 分
著: 北きつね
料理ができない男女。もっぱら食事のスパイスは隣からの匂いだった。隣からの料理の匂いが気になってしまう。古いア...
二番目の愛情
戸惑いの告白
読了時間
17 分
著: 北きつね
俺は父と母と血がつながっていない。その事を知らない事になっている。俺は明日、父と母と一緒に住んでいた家から出...
濡つ心と紫陽花と
読了時間
8 分
著: 遥 かずら
優しかった彼。何も言わないのはせめてもの優しさ。降り濡つ滴をその身に流し続けながら、残る心を流したい。
空のスクエア
読了時間
6 分
著: 遥 かずら
愛想無し、面倒、彼氏なし。そんな女はわたしだけ。でも無くなったのが今の時代。出会える人は出会えているし、そう...
待望に咲きゆく
読了時間
6 分
著: 行城白雪
#創作版深夜の文字書き60分一本勝負 Mastodon ichiji.social インスタンスにて実施のワ...
白いフクロウ
御使い
読了時間
17 分
著: 北きつね
終末医療を行う病院。彼の使者として、フクロウが彼女のところに来る。毎夜繰り返させる出来事は、痛み止めにうなさ...
泡沫が咲く
読了時間
5 分
著: 行城白雪
日の落ちるのがはやくなった、放課後のことだった。少女達はひとつの空き教室で、誰も居ない箱のなかで、揺れるソレ...
精神融解
とけていく
読了時間
21 分
著: 北きつね
犯罪被害家族の私と、犯罪被害者の私。二人の私が精神が溶け合って、私になる。よくある話だと思う。ただそれだけに...
三区間の恋列車
読了時間
4 分
著: 宮窓柚歌
通学電車の三区間。いつも乗り合わせる他校の彼。声もかけられず、そっと想うだけーそんな三年間も、ついに卒業式を...
シオンはわたしに気づかせた
読了時間
7 分
著: 遥 かずら
私は彼以上に臆病だった。本当は想いを直接、伝えたかったのに出来なかった。遠くにいてはわたしの気持ちなんてきっ...
此君抄
読了時間
33 分
著: さちこ
中島敦「山月記」のパロディ。くろはによる漫画作品「帰宅部活動記録」中のネタと、森見登美彦による「山月記」(『...
歪な愛の結末
読了時間
16 分
著: リクライ
恋する思いは募り募って形を変え、歪な愛へと成って行く。これは、そんな一つの愛の結末。純粋な愛が純粋であるとは...
46万7千2百時間の平等的人生
読了時間
38 分
著: リクライ
偉い学者が、科学的根拠を踏まえて言った。「人間の寿命は皆平等であり、それは活動している時間で46万7千2百だ...
ありふれた恋の物語
読了時間
26 分
著: リクライ
不思議な病気にかかって余命宣告をされた高校生の坪田洋一は、入院生活の中で一人の少女と出会う。洋一は少女の名前...
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行