▲ 上へ戻る
運営へ連絡
闇夜の烏 -建安十五年 巴丘-
読了時間
45 分
著: 朧月夜
建安十五年の某日。病の床にあった周瑜を極秘裏に訪ねてきた程普の狙いとは。三国志演義をベースにした短編小説
残された赤
赤い視界
読了時間
31 分
著: 北きつね
赤く染まった視界は、男から全てを奪った人間の姿しか見えないのか?男は、全てを奪われた日を忘れない。左目の視界...
黒田輝美はあなたのそばにいる
読了時間
15 分
著: FumieC
白髪の美女、黒田輝美はあなたのそばに現れる。たとえば、あなたが死にたいと思ったとき。でも彼女はあなたの死を見...
伸ばした掌はかすかに触れて
読了時間
18 分
著: 行城白雪
家族が居る。役割がある。それになんの瑕疵もない。……けれど、この胸にくすぶる、物足りないという感情は、いった...
つれづれにたゆたふ
読了時間
4 分
著: 行城白雪
学生という型の中は、どうにも私には狭苦しく、不自由だ──Alight-ノベル版-復活おめでとうございます記念...
止まってしまった時計
動き出す時間
読了時間
33 分
著: 北きつね
病院の救急口。そこで、1人の女性が時計を握りしめて座っている。事件に巻き込まれた家族の手術を待っている。そこ...
損損環状
読了時間
9 分
著: 行城白雪
https://ichiji.social/ ユーザ企画ワンライ・創作版深夜の文字書き60分一本勝負 お題:...
世紀末症候群‐序章 第3部
読了時間
226 分
著: tohrk
紺碧の天空が突如として暗黒に変貌し、断崖の聳える山岳地帯が鳴動しはじめた。食中植物や毒茸の蔓延る山岳の麓に、...
貴方が居た
読了時間
7 分
著: 行城白雪
https://ichiji.social/創作版深夜の文字書き60分一本勝負お題:秘伝のレシピ
世紀末症候群‐序章 第2部
読了時間
302 分
著: tohrk
北部航空宇宙司令部(N O R A D)の下部組織、戦略空軍防空指令所第586警戒管制群の高性能レーダーが、...
眼包
読了時間
6 分
著: 行城白雪
一次創作インスタンス ichiji.social ユーザ企画 創作版深夜の文字書き60分一本勝負お題:色違い
君に架ける橋
読了時間
10 分
著: 晶月翠羽
これは虹が繋いだ、ふたりの青年の友情の物語。友人であるエリナのパーティーに出席したアラタは、キセキと名乗る青...
世紀末症候群‐序章 第1部
読了時間
271 分
著: tohrk
不覚にも呑み過ぎた挙句に、受像機を點けっ放しにして眠り込んでしまったらしい。民放で流す広告の音声が聴こえてく...
パスタイム
読了時間
5 分
著: 行城白雪
夏休み。同じ長期休みであっても、冬休みとはまた意味合いの変わるそれ。人間模様の動く季節。けれど、私にそれは、...
掌篇小説集
読了時間
134 分
著: tohrk
両手でバッグを抱えた痩せぎすの若い女が、鎌首を外壁からニュっと擡げて睥睨するガーゴイルを視上げ、遺跡かと視紛...
読了時間
120 分
著: tohrk
石郷岡喬一、松原真之介、沓掛孝次朗の3 人は、好奇心旺盛にして怖いもの大好きな、高等理学学院理学部に在籍する...
望むべくは花束を
読了時間
4 分
著: 行城白雪
Mastodon 一次創作インスタンス ichiji.social ユーザ内企画#創作版深夜の文字書き60分...
読了時間
172 分
著: tohrk
酒匂宗吉は、寂れた漁村に辿り着き、今時珍しい一時預り所でモータサイクルを保管して貰い、後部席に括りつけておい...
読了時間
127 分
著: tohrk
いうなれば、新兵は平時も戦時も戦力外であるばかりか、足手纏いの木偶の坊、何奴も此奴もただの穀潰しに過ぎない。...
読了時間
114 分
著: tohrk
峨々たる山々の連なる山岳地帯の裾野に、天に向ってドラゴンさながらに捻くれ複雑に絡みつく巨木、さらに毒々しくも...
春の嵐に太陽と
読了時間
15 分
著: 行城白雪
Mastodon インスタンスichiji.socialユーザ企画 創作版深夜の文字書き60分一本勝負お題:...
夏に眠る
読了時間
10 分
著: 晶月翠羽
――そして少女は夏に焦がれて、永遠に醒めないその夢へと堕ちていく――滅びた星に残された小さな、その「終わり」...
ハニリと私 桜×思い出
読了時間
18 分
著: 伏見五楽
ハニリと私は人工森林園の制御館にいる。ハニリには不満があるらしい。私は彼女をある場所へ連れて行くことにした。
空の向こうに君は歌う
読了時間
10 分
著: 行城白雪
Mastodon ichiji.socialインスタンスユーザ企画 創作版深夜の文字書き60分一本勝負お題:...
時雨
読了時間
19 分
著: 香坂律稀
冷たい、冬を知らせる時雨───初めて時雨が降った日、少年の前に現れた不思議な出来事の話。「涙」、「笑」等合わ...
読了時間
12 分
著: 香坂律稀
私は冬を望む、『冬の踊り子』───どうして生きているのか、ずっとここに居てもいいのか、私だって苦悩するんだよ...
読了時間
11 分
著: 香坂律稀
世界の何処かに深く、大きな溝があった。そこは、全ての何かが集まる場所だった。そこに住む、「誰か」の話。
最高のおめでとう
一番欲しい言葉
読了時間
17 分
著: 北きつね
高校受験の前にすれ違ってしまった幼馴染。悲しそうな顔が忘れられない。高校受験の前に、幼馴染からの誘いを少しイ...
桜花邁進
読了時間
30 分
著: 41ukyou
主人公の桜子は風を操る力を持っており、自由に使っていた。しかし真面目な委員長は桜子の行動を問題視していた。そ...
少女達は花を捨てて
春雷 余話
読了時間
6 分
著: 楢崎硝花
少女が下駄箱を開けると、はらり、舞い落ちる封筒がありました。微かに紅を含むその色は、学舎の門に盛りを迎えた春...
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行