フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
辺りは春の匂いに満ちていた。麗らかで穏やかな春の朝。肌寒さもなく、過ごしやすい。 コンクリートの間から生えたタンポポの花、少ない土から育った菫の紫、散り始める桃の花びら、どこからか届く、桜の香―――。新しい一年に似つかわしい、美しい春の日。期待でふくらんできた蕾が、一斉にほころびる季節だ。柄にもなく浮かれている私は、通学路をいつもより軽い足取りで進んでいた。あともう少しでも嬉しいことがあったら、スキップしながら学校に向かっていたかもしれない。春の到来に、いつも以上に機嫌が良かった。 今日は、青蘭学校中等部の入学式。私はもう三年生になった。これから迎える、新入生ヘの期待を胸に、また学校が始まる。 春休み明け、まだ生活が戻ってきていない人達には敵の眠気が誘われる朝。着々と集まる生徒を、三階の教室から見下ろしていた。入学式の準備はすでに整っている。私も式場も、ね。本当は、心を落ち着けないといけないのに、私は、ある事を思い出していた。 中二の二月の終わり、凍てつくような冷気が落ち着きだした頃、青蘭にある保護者がやって来た。それは、御影夫妻。私は全く知らなかったから、いきなり呼び出されて驚いた。え?こういうのって普通、トップの人間がやるものなんじゃ……?話を聞くと、もう既に来年度には青蘭のトップになる、私の従兄弟の冬木白空と電話で相談内容を話した。御夫妻は、息子さんと白空は相性が悪いだろうと、白空を補佐する立場の私との面会を所望していた、ということらしい。 そんな事私は何も知らなかった。しなくていいと言う御夫妻にひたすら頭を下げ、内心で白空に罵声を浴びせてやった。私の想像での白空は悪びれずに、「あれ、俺言ってなかったか?まー、大丈夫だったろ? 」なんて笑いながら抜かした。野郎、ふざけるなよ……。 御夫妻には申し訳無かったけど、事情が分からないうちは何も出来ないので、お茶を出してから白空に話したことをもう一度聞かせてもらった。 「うちの息子のことなんです。私達家族は、来年度からこの学校に通うことになるんですが、何分小学校でトラブルがありまして。息子にはそれがトラウマになってしまっているんです」 御影結希さんは、お茶を一口飲んだ。器の中の水面が静かに揺れていた。 「これを見てください」 上品な革の、シンプルなバックから取り出された物は、一枚の写真だった。 「二年前の息子の写真です。……これを見て、どう思いましたか? 」 男子にしては長めの、癖のある髪。幼さがありながらも、とても綺麗に整った顔立ちの少年が笑っている。紫陽兄の美しさにはまだ及ばなくても、なかなか居ない美少年と言っていいだろう。 「お綺麗な息子さんだと思いました。目鼻立ちはお母さん似なんですね。でも、全体の雰囲気はお父さんによく似ています」 何しろ、御影夫妻がお美しい。そのDNAを受け継ぐ子供が美しくない訳があろうか。 「あなたは息子を見て、私の物にしたい、ということは思いませんか?」 「いえ、思いません。物、なんて言えるほど偉い人間ではないので。むしろ、息子さんの方がよほど出来た人間かと」 長年一緒に居る人達は、所作が似てくると言われる通り。目を丸くするのがそっくりだった。 「……あなたなら、大丈夫かもしれない」 「え? 」 「お願いがあるんです」 真剣な二つの双眸が私を見据える。この光に、応えなければならない。背筋をしゃんと伸ばさなくては。私のような、一介の学生に、こんなに真剣に話してくれる人に、不真面目な態度は見せられない。 「何でしょうか」 「私達の息子を、あなたの保護下に置いて欲しいんです」 「え……それは、先ほど仰っていた彼のトラウマと、関係があるのですね? 」 御影夫妻のお願いは、とてもシンプルだった。少し拍子抜けしてしまったが、重々しく頷く御影夫妻の前でそんな事を言えるような人間ではない。美しい二つの顔は、本当に真剣だった。私に誠意を見せてくれる大人に、どうして断れよう。 「分かりました。青蘭学校中等部コマンダー最高幹部補佐、梶野黒華が承ります」 強張っていた顔がふ、とほどけた。思い出したように口をつけたお茶は、すっかり冷めてしまっていた。空になった器が、三つ並んだ。 「青蘭学校中等部コマンダー、最高幹部補佐……」 新しいこの環境で、やっていけるだろうか。学校も、私も、私の保護下に入る彼も―――。でも、上手くやるために足掻くだけだ。やることは決まっている。だから、絶対にやりとげる。この一年は、私だけの一年にはならないだろうから。前を向け、私。 ざわついた風が校舎を巡っている。期待に満ちた落ち着きのなさは、初々しくて微笑ましい。 そっと目を閉じて耳を澄ませると、下の階から笑い声や、はしゃいだような声が聞こえてくる。新入生は全員、ここで上手くやっていけるだろうか。目を開けて持っている書類に視線を落とす。今日の入学式の式次第と、式辞。そして、私の保護下に入る、彼の個人情報。 御影佳月。今日から青蘭学校中等部の一年生になる少年。気がかりなことはたくさんある。私なんかに、重大なことが出来るのか、そう考えると後ろめたくなってしまう。心の中は不安だらけだ。 いけない。さっき自分を律したばかりなのに、こんなに ネガティブなことを考えてしまっている。すぐに後ろ向きになってしまう、私の悪いところ。 絶対、大丈夫だから頑張るの、私。肩書きだって、相当なものなんだから。……でも、その肩書きに私の実力が伴っているかはまた別問題な訳で、そういう風に言ってしまうのはいかがなものかっていう感じがする。そもそも、私では肩書きだけが大きすぎるんじゃ……って駄目じゃん、私。 はあ、と一つ息をつく。これ以上は、考えない方が良さそうだ。もう既に自嘲の笑みがこぼれてしまっている。自分がここまでネガティブだったとは知らなかった。背負うものが、増えたせいなのか、絶対的な背中を預けられるような人が居なくなったせいなのか。 額に手をあててふう、と長く息を吐き、心を落ち着ける。度がすぎるネガティブを、私から切り離さなきゃ。 もう一度手元の紙を見直す。今日の入学式で、間違えてはいけないところの最終確認を始めた。 入学式開始十五分前。私は一人の生徒を、人気の無い所に呼び出した。彼の名前は、御影佳月。そう、彼こそが御影夫妻の大事な一人息子、今日から私の直属の後輩になる御影佳月君だ。 「両親から、梶野黒華先輩に会いに行くよう言われました。はじめまして、御影佳月と申します」 良く言えば礼儀正しく、反対に言えば踏み込まれないように壁を作ったような態度。一筋縄ではないと覚悟していたが、予想以上だった。人を寄せ付けないように、礼儀を尽くしても親しみを覚えさせない。そんな印象だった。 「はじめまして。私はコマンダー最高幹部補佐の梶野黒華。今日からあなたの直属の先輩になるの。これから一年間、よろしくね」 「直属の先輩、ですか……?」 私のセリフの一部をリピートする。両親から、何も聞いていないのだろうか。 「そう。親御さんから、何か聞いてない?」 「何も、聞いていないです。梶野黒華先輩の所へ行けとしか」 「そっか……。あのね、佳月君」 視線を上げ、彼を見据える。私の視線を受けて、少し身動ぎした。 「私は、佳月君の力になりたい。親御さんから頼まれたっていうだけじゃなく、私の意思であなたを私の直属の後輩にすると決めたの。だから、私に何か出来るのであれば、やりたいと思う」 「……なぜ、初対面の人間にそんなことまで言ってくれるんですか」 疑うような色を隠せない声。予想はしてた。だって、私だったら絶対に信用しないし、関わろうともしない。予想出来たのは、直感的に私が感じ取っていたから。 「あなたは私に似てるから」 だから、きっぱりと言い切れる。私と同じように、今この瞬間も何かに抗議しているあなたを。守りたいとも、支えたいとも思うから。だから、何を言われても、あなたの直属の先輩という立場を絶対に手放さない。誰に言われても、ね。もうこれは、どんなネガティブが来たって曲げないと誓ったから。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行