フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 ゲームの観戦に来ている会場の観客は、ほぼ全員が自分の予想というものを作りたがる。それは野球であったりサッカーであったり色々だが、もちろんアーティカルグランプリも例に漏れず、そういった現象がスタンドで広がっていた。 「なあ、お前どこのチームが優勝だと思う?」 「そりゃもちろん、チーム”シン”だろ。2人も変身できるアーティーがいるんだぞ?それにリーダーもまだ本気じゃないっぽかったし」 「だよな、でも、SNS見てるとチーム”メダロン”半端ない。って投稿も結構見るぜ。やっぱりあの【ベリアルジャッジメント】って技はヤバすぎたよな」 「まあチーム”シン”は決勝進出確定してるしな。あとは次に行われる準決勝2巡目の第2回戦だな」  準備が整い、司会者カムイの進行が再び始まった。 『皆さんお待たせしました!それでは、決勝トーナメント準決勝第2回戦を開始いたします!戦うのは……チーム”メダロン”VSチーム”ゼロ”です!』 「問題の試合だな。これで決勝の相手が決まる」  シン、コルン、サキの3人は待機部屋に戻っていた。博士にパーツの検査をしてもらってから、今度は見逃さないようにテレビを凝視する。 「このゼロって有名なアーティーなの?」  サキはチーム”ゼロ”のリーダーを知らないようだ。アーグラの決勝トーナメントに出てくるようなアーティーは、大体がそこそこ有名なアーティーが多い中、このゼロという男は初登場でここまで勝ち上がってきた。知らないのも無理はない。 「俺は1度戦ったことがあるな。何年前か忘れたが……その時は野良で戦って、結局勝敗はつかずに終わった。確か、H型の仲間と一緒に何かしてたんだ」  すかさずコルンが反応してくる。 「何年か前なのによく覚えてるね?もしかしてシンって記憶力いいの?」 「いや、そうでもないけどな。こいつの特技を見れば、なぜおれが覚えてるのかもわかるはずだ。とんでもないやつだよ。本当に」  O型アーティーで特殊型のゼロ率いるチーム”ゼロ”。以前一度戦って、その強さを知っているシンにとっては、非常に興味深い試合だった。あの特技にどうやってメダロンがどう対応するのか。  それにしても、チーム”メダロン”はまだまだ謎だらけだ。決勝トーナメント1巡目の試合で、全員の戦闘タイプは特定できた。  リーダーのメダロンはシンと同じトレース型。ただ、さっきの【ベリアルジャッジメント】なんて特技は今まで見たことがなかった。とにかく注意すべきアーティー。  そして、中国の仙人のように、長い髭とよれよれの修行着が特徴的な、チャン。こいつは復活型。さっきの試合では一貫してニヒルな笑みをしており、復活能力で永遠にパーツが元通りになる様は不気味以外の何物でもなかった。  最後に、このチームにはなんとも不釣り合いな女子大生の、マナ。彼女は明らかに万能型の動きだった。万能型はすべてのステータスがバランスよく揃えられており、空中戦でも接近戦でも、撃ち合いでも対応できる厄介なタイプだ。身軽な体を活かして機動力に長けた試合をしていた。 『両チームの準備が完了しました!決勝進出を決める戦い!それでは参ります!レディ……ファイッ!』  司会者カムイの声も興奮して聞こえた。  先に切り込んできたのはチーム”ゼロ”だった。 「メダロン……俺がおまえを倒す!シンと戦うのは俺だ!【リベリオンサンクション】!」  ゼロが最初に繰り出した特技には見覚えがなかった。無数の槍が彼の周囲に出現し、一斉に飛んで行った。それに反応したのはチーム”メダロン”のチャンだった。 「フッフッフ……若造。舐めておるのか?そんな小手先の技ではうちのリーダー堕とせんぞ。お返しじゃ。【漆黒剣】発動」  紫色のエネルギーを纏った大剣を取り出し迎え撃った。しかし、ゼロにとっては想定内らしく、まだ冷静だ。 「舐めてる?まさか。おい、キラー、パラ、攻撃を続けてくれ」 「了解よ、ゼロ」 「任せとけって」  今の陣営では、メダロンは相変わらず前に出てこようとしない。マナはメダロンのすぐそばに侍っている。ゼロは何かを企んでいるのか、一旦後ろに下がった。代わりに仲間の2人のキラーとパラが前衛を受け持つようだ。 「フン。腰巾着には興味がない。さっさと大将に出てもらおうか。ほれ、マナ。こっちに来るんじゃ。出番じゃぞ」 「やっと出番?待ちくたびれたわ。この2人ね。分かったわ。【双剣乱舞】発動っ!」  万能型らしい戦法だ。キラーとパラはどう対応するのだろうか。 「ねえ、シン。チーム”ゼロ”の2人、どちらも防御型よ?」  同じ防御型のサキだからこそ分かるのだろうか。 「マジかよ?! どうやって勝つ気だ? 1人でやるつもりか……ゼロ……」  いくらあいつといっても、そんなことが可能だろうか。ジリ貧で負けるような気がするが。 「「【大防御】発動!」」  防御型の2人が同じ特技を発動した。【双剣乱舞】を防ぐには十分な特技だ。  バチバチッ!  マナの攻撃は弾かれる。だがそんなことは関係ないというように、すぐさま技を繋げてきた。 「小賢しいわね。【マシンガン】!」  懲りずに銃を連射するが、防御型にとっては痒くもない程度の攻撃だ。でも、このままではお互いに勝てないことは理解しているはず。ゼロもメダロンもなぜ後ろに下がっているのか理解に苦しむ。  このままじゃ、ただのいたちごっこだぞ……  しかし、その後、変化は突然に訪れた。 「キラー、パラ、もういいぞ、用意はできた」 「遅いわよ! 早くして!」  まさかこのタイミングで出るのか……?ゼロの大本命……!  ゼロが前衛に出ると、メダロンのチームの全員が、ん?と顔を上げた。 「待たせたな。真髄発揮だ!【クロックストップ】!!!」  カチッ……カチッ……カッチッ…………チッ……  メダロン、チャン、マナの3人の時間が止まった。 「あれは!?シンが特別訓練で使ってた特技だ!」  コルンが納得といったような表情でこちらに話しかけてきた。 「その通り。俺もさりげなく使ったが、とんでもない特技だ。指定したアーティーの時間を3秒間停止させる」 「奴の戦闘タイプは何なんじゃ?」 「”バインド型”さ。動きをロックしたり、敵を弱体化させて攻撃する。ほとんどのタイプに有効な、恐ろしく強いタイプだ」  実際、シンも1人で当時戦っていたら負けていたかもしれない。 「行くぞ、2人とも! 【一閃突き】!」  今度は両腕を巨大な槍に変化させ、敵を一突きした……ように見えた。  その場にいる誰もがチーム”ゼロ”が、優勢になることを確信した。はずだった。  なんと、突き出した槍は空気を刺しただけだった。そして、ゼロの目の前には禍々しい闇のオーラを纏ったメダロンが立っている。 「な、な、なんだよお前……!?」  焦りに焦っているゼロ。この時から、破滅を覚悟していたのかもしれない。 「茶番は終わったか?小僧……」  メダロンの声をちゃんと聞いたのは初めてだった。言い表せぬ不快感が耳に反響する。 「まだ時間停止は終わってないはず!なぜお前は動いて……うがっ……!」  グサ……!!バリンッ……!!  腕を鋭利に変化させて、ゼロを一突きしたメダロン。その圧倒的な強さに、その場にいる全員が生きた心地がしなかった。 「ゼロ……!?なんで……」  パラの弱々しい声が小さく聞こえる。 「降参します……」  キラーがリタイアを宣言した。流石に、防御型2人でこの状況を覆すのは不可能に近い。 『し、試合終了でーす……チーム”メダロン”決勝戦進出!……』  司会者も明らかに戸惑っている。何が起こったのか把握できていない人がほとんどだ。 「なんなんだ今のは……【クロックストップ】が破られるなんて意味が分からない……」  あの特技に歯向かう方法があるなんて。メダロンは同じトレース型。それは間違いない。でも、シンがストックしている特技とは、全く系統が違う。ここまで差があるなんて、今までどんな生き方をしてきたらそうなるのだろう。 「1時間後には決勝戦が始まるわ。もう時間もそんなにないわよ」 「まずいね。今まで見てきた特技全てが初見だったから、対策の立てようがないよ」  2人の士気が下がっている、このままではまずい。詭弁でもいいから、ここは俺が出るべきだろう。 「焦るなって。ごめん、実は分かってるんだ。メダロンの倒し方も、なぜ今みたいな現象が起こったのか。なんとなく分からない振りをしてた」  菊間博士と目が合う。博士は当然分かっているだろう。シンの意図を。 「本当に?何か手があるの?」  終始心配そうなコルン。このままではパフォーマンスに影響が…… 「コルンもサキも変身を使える。それに、俺はまだ1つしか特技を見せてない。大丈夫だ、問題ない」 「そりゃあシンが変身できれば勝利確定みたいなもんだけど……」 「心配するな」  心臓の鼓動の早まりと同じく、時間も早く進んでいるような気がした。  ◇  1時間とはこんなにも短かっただろうか。アーグラが始まってから、いつもそう感じていた、  階段を登り、再び競技場内に舞い戻ったチーム”シン”。憧れ続けた舞台に不穏な空気が流れていることを、すぐに察知した。観客のどよめきは絶えない。反対側からはチーム”メダロン”の3人が壇上に上がってきたのが見える。 『さあ、いよいよ第8回アーティカルグランプリ決勝戦です!決勝戦でもルールは変わらず、3 VS 3での熱い戦いが繰り広げられます!両チーム、準備をお願いします!』  初めて近くでメダロンを見た。黒いボディには、怪訝な雰囲気が纏わりついている。  これが最後の戦いか……勝てば優勝……  司会者カムイのうるさい掛け声を聞くのもこれで最後だ。 『準備ができたようです!それでは始めましょう、第8回アーティカルグランプリ決勝戦、レディ……ファイッ……!!!』  うぉぉぉぉぉぉ!!!  今大会一番の盛り上がりを見せるスタンド。どちらを応援しているかは不明だが、そんなことはどうでもいいと思った。 「いくぞ!コルン、サキ!」 「「おう!」」  勝利に向かって一直線、運命を決める最終戦の火蓋が切られた。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行