フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
「アディオス!」と言って別れた(アディオスが何語なのかはともかくとして) モーツァルト作曲・歌劇『仕事』より「午後もだるくて死ねるソナチネ」 昨今の萌え化の波に抗えず髪をピンクにしたバタコさん 「せーの」って言ってるだけであわせる気ゼロだよねって感じの「せーの」 わきまえろ 半ケツ出してエロいのはせいぜい24歳までだ どこまでもひろい空き地のまんなかに頭上注意の看板を置く トイレには神様がいるだけじゃなく彼の治める帝国がある ゆくりなくえっちなゆめを見たあとに浴びる朝日はちょっとまぶしい #アイドルの歌詞の一部をパクチーに変えるとすごくパクチー臭い さびしいと死んぢゃうウサギなのでもしこれを見てたらふぁぼりつをくれ 鼻くそも新垣結衣のならたぶん食えるわ(食べるとは言ってない) シャイニング・マスタベーション(そう、それは光り輝くためのオナニー) 「白亜紀に終わった恋を蒸し返す真似はよせ」by トリケラトプス わたしです 炊飯ジャーにマッキーで「魔王 最期の地」と書いたのは 人生はクソというのは中国の思想家であるポプ子のことば 冷めきった宇宙の隅にあってなお冷たくなってゆく缶コーヒー えっろ〜い すげええっろ〜い えろくな〜い 以上3種を揃えています ほよよ?とか素で言う女子が現実にいるわけないし、さては夢だな?? いろいろなことに「わかる…」と言うだけのbotのようなものになりたい #暇なのでふぁぼの数だけわた飴を空に放して雲にしていく 校長の話が無駄に長いのは日本社会のバグだと思う 「ウチのこと好き?」ってお前、居酒屋でなます食ってるときに訊くなよ ふとんから出られずにいただけなのにごめん寝てたと言うときがある そのいきやよしと言いたいだけの人「何はともあれそのいきやよし!」 字足らずの歌からこぼれ落ちた音未満の音がゆひらなんだよ 玉手箱からとめどなく溢れ出すポップビートで溺れて死ねる もしもラブホテルに雪が積もったら前戯で雪合戦ができるな Wi-Fiに繋がるために来るスタバ 前戯のために来るラブホテル 叶わない夢を蒐めて書き殴り紙飛行機にして捨てにいく ゆきだるまつくってそれを片恋の人の名前で繰り返し呼ぶ 窓口でおとな一人と告げて買う おとな一人で浸かるひだまり 懸垂でからだ鍛えてみようかななんて思って買った三日月 使用済みTENGAを放置していたら何かの白い芽が生えてきた ぶよぶよの水母の死骸ごっこして仰向きながら云う ここはどこ 生きている証 たとえばこの冬の渚の砂のやわらかなこと 対等な愛は些か重すぎる わたしチョウチンアンコウなので SourceHanSansでとても読みやすくデザインされた不幸の手紙 パラグラフ・ライティング的構成で説得力のあるラブレター 幼妻ということばが持つ魔力を弾にして撃ち出すレールガン 「寂しい」と話しかければ徐ろに「辛かったね」と返すサボテン 黒魔術的製法で消しカスにいのちを込めてつくるゴーレム 袋のままレンジで2分 それだけで俺も大人になりたかったな 「推しという言葉で擬態しているが、それは実質的に恋では?」 期待して買ってきたのに青空の袋とじってこんなもんかよ クソリプの権化のような人たちが渋谷の空を飛び交っている 晴れて無になったはずだがなったのが無なのでなれたのかわからない 田町では田町田町という声が駅舎に響く 春きにけらし 蜜柑食う春を待ちつつこの蜜柑種が多いのなと思いつつ エロゲするさびしき人の足許にしずかに点る電気ストーブ インドゾウハイジャック犯として全世界に指名手配されたし 信楽のタヌキみたいにそこにある ずっとある ただそこにある 愛 どこまでもママチャリ漕いではしりゆく大地は春の夜ぞらの匂い 【アルバイト募集】あなたの住む街に夜の帳を下ろすお仕事♪ 髪洗う これでまたあと二日間くらい生きれるかしらと思う 春うらら わたしのなかの密林に棲まうゴリラもざわついている サバンナの象のうんこの心境で傍にいるから何でも言えよ ラーメンは伸びてしまって残されたものは寂しいばかりの宇宙 春の雨ですよみたいな顔をした雨に降られてとても悔しい このところ春の便りを装ったピンポンダッシュが流行っています ゆきとけて俺のロシアの殺し屋としての心がウラーと叫ぶ 痛いほどわかりあえたら痛いほどわかる痛みに灼かれて死のう 電話ボックスは互いに繋がって群体として佇んでいる たまごかけごはんじゃねえよごはんからしたらたまごかけられごはんだ 春の陽に透かせばそりゃあ何だって春色になるよね、ハム太郎? 二階から目薬ということわざのそこはかとない春の雰囲気 「生きる」とは「ライフで受ける」選択肢しか残されていない決闘(デュエル)だ
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行