フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
風鈴の中に空虚があるように俺の人生には何もない 打ち上がる花火の数と消えてしまう花火の数は常に等しい 銀魂が終わると知ってもう俺もニート侍ではいられない 平成が過去になろうとする夏の蚊取りマットとカレーの匂い 一握の上坂すみれさえあればきっと人生事足りるのに 牛乳が欲しかったけど生憎と財布にトルコリラしかなくて イラストやみたいな無垢な顔だけどすでに6万爆死している イカリングからイカだけが分離するさまを別離の悲しみという もうそんな叶いもしない恋なんか辞めてポルカを踊りましょうよ クーラーの効いた部屋から一歩だに出ないためなら神をも殺す ディジュリドゥ、覚えてますか 君がまだ木であったころ夢見た海を 恋をしたはずの戦隊ヒーローのピンクの顔が思い出せない 「ワン・ナイト・ラブ!」の合図で死ねばいい奴の地雷を踏み抜いてゆけ 完璧なイデアとしての鉄アレイ(ただ「ある」だけで筋トレになる) コアラってまじまじ見るとそんなには可愛くなくてでもそれがいい セクシーなギャルになりたい。アイドルが一日署長する感覚で。 「ショートコント『人生』」という産声とともに取りあげられた赤ちゃん わたしより恵まれた奴みんな死ね それにつけてもおやつはカール ああ君もトイレの中にカレンダーかける家庭で育ったんだね それはそれとしてよいこのみなさんはきちんと叶う夢を見ましょう 扇風機みたいな音で雨が降るみたいなもので溢れた町に 手遅れのキモオタなので虎ノ門ヒルズで便所メシをしている 麦わらを被ればそこはどこであれ貴方を待ちわびている海辺 サン・テグジュペリが心に棲みついてしまった 実害はないけれど たまごっち的な感じで脳内で撲殺天使を育てる遊び そうやって自己剽窃をくりかえすようにSuicaにチャージする日々 だがそれは謂わば「ほんやくコンニャク」を用いるための「食べる」プロセス 逃げのびた終電たちが笑いあう秘密の駅が最果てにある でもたぶんのんのんびよりりぴーとの世界にだって貧困はあるよ 生活の3分の2が恥部なので秩父にシンパシーを感じる 似たようなファイルだらけで最新の〈私.jpg〉はどこへやら アイドルになれないままで僕たちは、普通に戻ることもできない ねえ、僕のヨルムンガンド。この海をぼくらの祖国ごと飲み干して #せと打って出てきたものが欲しければ我を倒して奪ってみせよ 破滅へと続く梯子の中ほどの中ボスとしてたたずんでいる 潮騒を首からさげたちょきんぎょに貯める力を持つ女の子 ぬばたまという語以外は憲兵の手で黒塗りにされる歌会 はつ恋を紐解くようになめらかにぷっちんされるぷっちんプリン あいみょんの鼻をなぞったおれのゆびさきはポエムに侵食されて 手紙魔はとうに卒業したまみのただの大人としての日常 人生のエンドロールで主演ではなかったことに気づいた日には 耳朶という文字を書くえんぴつと私と同じ末路を辿れ ベランダに大っきなイリエワニがいていますぐきみに会えなきゃ困る あずきバーほどの密度の感情を込めれば人は徒手で殺せる バナナから引きちぎられたはずなのにバナナバナナのままなの不思議 そば湯だけ飲みたいときにそば湯だけ飲めるお店があればいいのに 今週もハッスルだよと思いつつタイムラインをスワイプしてる 生きてゆくたとえば夏に脱ぎ捨てたままのズボンを洗うなどして
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行