フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 最寄り駅から三区間。  私が彼に出会えるのは、朝の通学電車での、たったそれだけの間だ。  学校が違う彼との接点は、殆ど無いに等しい。  いつもホームと反対側の扉にもたれ、ずっとスマホを弄っている彼の横顔を、傍の席に座ってただ眺めるだけの日々。  たまに、ちらりとこちらに視線を向ける彼から、慌てて顔を背ける。  たったそれだけの、毎朝の出来事。  だけど、そんな5分間の宝物も、終わりを告げる。  私は、今日、高校を卒業する。  もうこの時間に、この電車に乗ることもない。  特等席のこの場所で、彼を眺めることもなくなる。  名前も知らない彼に声をかける勇気は、私にはなかった。  そんなものがあれば、三年間もただただ彼を見上げ続けるだけなんて、つまらない事にはなっていなかったはずだから。  多分、彼は私のことを、毎日電車で乗り合わせる女子高生、くらいにしか思っていないだろう。  彼を好きになったのは、一年目の初夏だった。  その時私は、たまたま電車に迷い込んできた虫に、執拗にまとわりつかれて泣きそうになっていた。  それに気づいた彼は、ヒョイと虫を捕まえて、窓から放り投げた。  彼にとっては、おそらく大したことではなかっただろう。単に飛び交う虫が煩わしくて、追い出しただけかもしれない。  けれど私は、そんな何でもない彼の優しさに、心がときめいたのだ。  そんな三年間の片思いも、今日で卒業を迎える。 「あれっ」  いつもの指定席の隣に、彼の姿はない。 (ひょっとして彼の方が、先にこの電車を卒業しちゃったかな?)  少し残念に思いながらも、座り慣れたシートに腰掛ける。  私に、彼に話しかける度胸があったなら。最後のこの日を待っていてくれただろうか。 (なんて、そんな都合よく仲良くなってはくれないよね)  俯いてため息一つ。  予想外の形であっさり終わった、私のこの三年。  そんな頭上に、突然影が差した。  誰かが私の前に立っている。  顔を上げると、三年間見慣れた顔と、初めて目が合った。 「あのさ」  初めて聞いた声は、想像していたよりも、少し高くて。 「俺、今日で高校卒業で。この電車乗るのも、今日が最後でさ」  真っ直ぐにこちらを見つめるその顔は、その瞳は、とても真剣で。  ほんの少し、頬が赤くて。 「だからさ」  私の頬も熱くなる。  彼の言葉を待ちかねて、心臓が騒ぎ出す。 「名前と連絡先、教えてくんない?」                   
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行