Before
 わたしに関わらないでください―――導かれるままにゲームをプレイすることになった『渚』。ゲームのクリア条件として、彼の守らなければならないキャラ―――『次代勇者』の少女と、彼は何とか出会うことができた。しかし、彼は困惑した。何故ならその少女は、自らの死を望む、死にたがりの勇者だったのだ―――。
かいり
(ID r9hykKTBRCOCE)
5.とある妖精の過去
死にたがりの勇者と守り人
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
11 分
死にたがりの勇者と守り人5…
14 分
アマガサ×ドロップ
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
海色の鯨第一章 色あせた夏…
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
30 分
ずるい人
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
8 分
スノゥメイカー
8 分
物怪奇譚
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
見て聞いたのだから信じよう
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
8 分
日常今・バーテンダー
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
8 分
ある青年の話
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
65 分
IRREGULAR;HER…
14 分
とある鍛冶屋の初恋物語2 …
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
187 分
ときには、心休まる休息を
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
春雷お揃いの秋
20 分
FCWeelOfFortu…
8 分
僕たちはここに。
13 分
とある鍛冶屋の初恋物語1 …
11 分
初初詣デート私は男の子に告…
21 分
第一章 大いなる海竜種 1…
8 分
バカでも恋をする鯖
14 分
planetariumログ…
30 分
スマートフォンから始まる恋…
29 分
勇者を召喚したら前世の孫が…
12 分
俺の奥さん。先に〇〇とメイ…
22 分
鳥の夢
13 分
俺の奥さん。猫 後輩
14 分
この世界は絶望そして希望
8 分
表裏ラビリンス退屈な日常
10 分
FCWeelOfFortu…
25 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
12 分
風漂始まりの風
15 分
始祖の竜神と平凡の僕。2.…
17 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
15 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
29 分
ネバーエンド・ラブストーリ…
10 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
12 分
風の名前を探して Ⅳ
10 分
世紀末UFOビーチボール仮…
14 分
"自問"私と貴方、初めまし…
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
367 分
第一話EP.1 アルカスの…
334 分
治癒魔法でも治せない君の心…
10 分
青き空の中の赤き炎民宿レハ…
15 分
死にたがりの勇者と守り人3…
13 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
105 分
水流のロック
19 分
転生した魔法少女3:私って…
9 分
スマートフォンから始まる恋…
17 分
転生した魔法少女1:私って…
29 分
ちょっとだけ切ないストーリ…
35 分
夏のはじまりの日
34 分
クリスマスプレゼント
26 分
第一章 大いなる海竜種 2…
10 分
贖罪のブラックゴッド果てな…
24 分
二人のズッキーニはかたみに…
21 分
死にたがりの勇者と守り人4…
25 分
第一章 大いなる海竜種 1…
28 分
死にたがりの勇者と守り人2…
16 分
女、三人集いて
14 分
第一章 大いなる海竜種 …
61 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
14 分
夏休みの終わる世界―第一話…
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 中学三年の5月の事だった。
 
 霧島壮太はいつものように学校へ向かっていた。自転車に乗り、いつもの道を走る。風を切って走る感覚は気持ちよかった。もちろん、信号を無視したり、そんなことはしていなかった。
 
 信号が青になり、彼は自転車をこぎ始めた。
 
 次の瞬間、何かを考える暇もなく、目の前が真っ暗になった。ゆっくりとスピードをあげる感覚だけが嫌に残っていた。
 
 ――――――――――――――――――――――――――
 
 目を覚ますと、そこには見知らぬ天井があった。
 
「ここはどこだろう?
 



 一人でそう呟いてふと右側を見た。自分に繋がれた医療器具を見て、更に状況が分からなくなった。
 
「壮ちゃん・・・・・・?
 
 左側から女性の声がした。今までに沢山聞いてきた、安心感のある声だ。
 
「壮ちゃん! 目が覚めたのね! ・・・・・・お母さんのことわかる?
 
 焦ったように喋りかける母に、僕は静かに首を縦に振る。そうすると安心したように母は泣き始めて、急いで携帯を取り出し、電話し始めた。おそらく父だろう。
 
 そして母は涙を流しながら僕にこう言った。
 
「生きててくれてありがとう・・・・・・。ありが・・・・・・とう」
 
 その時、僕は何となく察した。多分、事故にあったのだ。詳しい事は分からないが、
大怪我だった事には違いない。
 
「とりあえず、ここの医者に色々説明してもらうことになってるから・・・・・・。呼んでくるね」
 
 ――――――――――――――――――――――――――
 
 それから十分くらい経った頃に、少し背の高めの医者が現れた。彼は見た目に反した優しい声で僕に話しかけた。
 
「体は大丈夫ですか? あまり傷は酷くなかったから動けたらいいんですけど・・・・・・」
 
 その問いかけに答えるよう、寝ていた僕は体を起こした。
 
「大丈夫です。少しフラフラしますが」
 



「三日も寝込んでましたからね。他にどこか異変はありませんか? 頭が痛いとか」
 
「特にないです。多分、少ししたら元気になります」
 
「それなら安心です。ですが一週間は入院してもらいます。少し心配なことがあるので」
 
 その医者は僕にそう言った。
 
 寝すぎていたせいか、少しフラフラして頭が痛かったがそこまで問題ではなかった。
 
 そして僕は彼に一番気になっていた事を質問した。
 
「・・・・・・僕って何があったんですか?
 
 医者は真剣な顔をして僕に応えた。
 
「・・・・・・霧島くんが横断歩道を渡ろうとした瞬間、徹夜の運転で疲れていたトラックが急発進して、事故が起こりました。はね飛ばされた霧島くんは頭を強打して気絶。そのまま救急車で運ばれて、治療され三日寝て今に至ります」
 
 そして少し間を空けて言った。
 
「治療中、脳に異常が見つかりました。それがどうなっているかは分かりません。何か記憶が欠けてたり・・・・・・なんてことありませんか?
 
 考えてみたが、記憶が欠けてることは何も無かった。一週間前の出来事も三年前の思い出もしっかり覚えていた。
 
「多分大丈夫そうです」
 
「そうですか。それならまた何かあったら教えてください」
 
 そう言って医者は部屋から出た。



 
 ――――――――――――――――――――――――――
 
 それから三十分が経った頃、僕はお見舞いの品があることに気づいた。
 
「これって・・・・・・」
 
 大好きなアーティストのメモ帳だった。
 
『Mrs.adults』
 
 一世を風靡した超大物アーティストである。
 
「誰が置いていったんだろう? ありがたいけど・・・・・・」
 
 僕はそのメモ帳に何となく好きな曲の歌詞を書いた。
 
 そうして暇になった僕は少し寝ることにした。
 
 異変が起きたのに気づいたのは目が覚めてからだった。
 
「ここはどこだろう?
 
 見慣れない場所だった。少し薬臭い部屋だった。
 
「おぉ、起きたか。無事でよかった」
 
 左側から男の声が聞こえた。それは父のものだった。
 
「母さんから事情は聞いてる。もう事故のこととか聞いたんだろ?
 
 僕は唖然としていた。僕は事故にあっていたのだ。知らない。そんなことは何も聞いてない。なぜなら僕は今起きたのだ。
 



「事・・・・・・故? 何の話・・・・・・?
 
「聞いてないのか? 医者はしっかり説明したと言ってたぞ」
 
「医者って・・・・・・ここ病院なの?
 
「何言ってんだ? 寝ぼけてるのか?
 
 分からなかった。父が何を言ってるのか。
 
 そして僕は手元にあったメモ帳に目をやった。そこには好きな曲の歌詞が書いてあった。
 
「僕の字だ・・・・・・」
 
 そこで僕は理解した。
 
 僕は少しの時間しか記憶ができない。
 
 後になって色々調べた結果、覚えていられる時間は三時間前後だった。
 
 何も覚えていられない僕は、起きた全てのことをメモ帳に書くようにした。
 
 ――――――――――――――――――――――――――
 
 退院後の生活は酷いものだった。
 
 まず僕に襲い掛かってきたのはいじめだった。記憶できないことをいいことに皆、僕に嫌味を言うようになった。水をかけられたり、暴力をされたりもしていた。次第に関わることが無意味だと思ったクラスメートは、僕を無視するようになった。
 
 そして僕は学校を休むようになった。
 
「早く高校に行きたい。早く静かに暮らしたい」



 
 そんなことを思うようになった。
 
 将来の夢は医者になることだった。中学三年の時点で軽く高校三年生までの内容は終わっており、親からも先生からも確実に行けるだろうと言われていた。
 
 だが無理になった。仮に行けてもそれ以降、何も覚えられないのだから。
 
 そして、少し遠目の高校を受験し、そこに行くことになった。
 
「これからは誰とも関わりたくないなぁ。もう・・・・・・静かに暮らそう・・・・・・」
 
 そうして霧島壮太の高校生活が幕を開ける。
1
5
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行