フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
それは遠い昔の出来事。私の家へある男の子がやって来ました。その男の子は母の親友の子で、歳は私よりも5つ上でした。 どうやら親子2人でこちらに旅行に来たらしく。しばらくの間、我が家に泊まるそうでした。 私は不安でした。小さな頃から内気で、誰とも仲良くなれず、自分の小さな世界で窒息しそうだった私。 そんな私が自分よりも歳上の男の子と話せる訳がないと。……そもそも、恥ずかしくて会うのすら気が進みませんでした。 だからといって会わない訳にもいかず、その日が来ました。 私は、せめてもの抵抗と母の後ろにずっと隠れていました。 『こんにちは。 オレは』 『ひうっ』 『あ……っ!』 結果は火を見るよりも明らか。それどころか友好関係を築こうとする男の子から逃げてしまいました。何度も、何度も。 そんな自分が嫌になって公園で、1人で落ち込んでいると目をキラキラと輝かせた男の子がやってきました。 男の子は何かに興奮していたみたいで正直怖かったです。けど、手を取り戻ろうと言ってくれました。その時、胸にぽうっと何かが宿ったようでした。 そして、私に絵という小さな光をくれました。それは、内気な私を描き変えていくように──勇気をくれました。 ”どう? 外にはこんなにも綺麗で素敵なものがたくさんあって、楽しいんだよ!” 実際には、男の子はそんな事は言っていません。だけど、男の子の絵には、そういうメッセージが隠されている気がしました。 それから男の子と仲良くなるのに時間は要りませんでした。男の子と過ごした時間は短いものでしたが、とても楽しく、ずっと続いてほしいと思いました。けれど、終わりは来ます。 『泣かないで、都ちゃん』 『えっぐ……だって、かえっ…ぢゃ、うがら……』 男の子が帰る日、私は大泣きをしました。本当に悲しくて、胸が痛くて、どうにかなってしまいそうでした。 だから、私は別れたくない一心で 『ひっぐ……ほん、とうの…おにい……ちゃんなら、よかったのに……』 と口走ってしまいました。 すると男の子は良い事を閃いたと言わんばかりの笑顔で、絵を描いてくれました。 それは私と男の子が笑顔で手を繋いでいる絵でした。 『昔の中国ではね、兄妹になるってやくそくをしたら兄妹になれたんだよ』 『やくそくで? きょう、だいに?』 『やくそくをすれば都ちゃんがオレの妹になれるってこと!』 それを聞いた途端、雪解けのあとに花が咲くように、私の瞳は輝きました。言うまでもなく、すぐに『いもうとにして!』と返事をしました。 『でも、やくそくをする場所がだいじなんだって』 『え、と……?』 『今すぐにはできないってことだよ』 『……でき、ないの……』 心嬉しいのも束の間で、一気に急降下。正に天国から地獄でした──けど。 『だから、今は兄妹になるやくそくのやくそくをしよ!』 『やくそくの……やくそく?』 『そ! やくそくのやくそく!』 『……え? ……え?』 状況の飲み込めない私はあたふたしました。すると、男の子はニッコリ笑いながら言ってくれました。 『オレのすんでる町におきにいりの公園があってね、すっごくいい場所なんだ!』 『……そこ、ならできる?……』 『うん、できる! だから、都ちゃんがオレの町にきたらやくそくをはたす!』 『……うん。 ぜったい、いく』 固く結んだ小指。それが私の大切な思い出。 今となっては、約束──誓いを交わして兄妹になるのは創作上のお話で、現実ではなれないのは知っています。それでも──。 朝早くから出かける用意を済ませ、逸る気持ちを抑えるようにリビングでニュースと睨めっこをしていました。 「んー、んー……あ……んー」 時計を見ては唸り、時計を見ては唸るのを繰り返す事、2時間。 「ふふ、そろそろいいんじゃないかしら」 「ふあっ。 はいっ!」 紗枝さんからのGoサインをもらうと、すぐに二階へと駆け上がっていきました。勿論、向かったのはお兄さんの部屋。 まずは、ノックをして起きているか確認。物音一つしませんでした。 次に、お兄さんを起こさないように、ゆっくりとドアを開け、部屋の中へ。忍び足でベッドに向かい──そして、耳元で囁く。 「起きてください」 「……ん、ぁぁ……」 「もう朝ですよ」 「……あと……ちょっと、だけ……」 簡単に起きてくれないお兄さん。その様子を見ていると、つい悪戯心が湧いてきました。 「起きて、お兄ちゃん」 「かはぁっ」 「おはようございます、お兄さん」 「お、おはよう……都ちゃん」 思惑通り起きてくれたお兄さんに、ニッコリと笑顔を向ける。 「えーと……早いね」 「はいっ。 今日、楽しみでしたからっ」 「な、成る程ね」 今日はお兄さんと2人で初めてお出かけをする日。そう、あれから初めて。 「その服、可愛いね」 その言葉にドキッとする。 「えへへ、紗枝さんに選んでもらったんです……お兄さんに、喜んで貰えるって……」 「そうなんだ。 よく似合ってるよ」 「ふあっ! あっ……ありがとう、ござい…ましゅ」 だらしなく緩んだ顔を見られるのは恥ずかしいので、少し俯きながらお礼を言いました。 「じゃあ、支度するからリビングで待ってて」 「はい」 部屋を出ようと、ドアノブに手をかけた瞬間、ピタっと動きを止める。 何故なら、ひとつ大事なことを聞き忘れていたから。踵を返して、お兄さんの元へ戻る。 「ん、どうしたの?」 「あのお兄さん! 少しお聞きしたいことがあるんですがいいですか?」 「……うん、いいよ。 何かな?」 「お兄さんは、今”楽しい”ですか?」 少し間を置くお兄さん。そして、ゆっくりと口角を上げ、優しい顔で。 ”楽しいよ” ──お兄さんは、私の大好きなお兄さんです。私は、貴方の妹になれて嬉しいです。 fin.
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行