フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
「ボブがね、好きなのよ、わたし」 「……、はい?」  放課後の、とある公立中学校。制服を着崩した二人の女子生徒が、椅子に座って話し込んでいた。時計は四時二十分頃をさし示していた。 「外国人の知り合いなんて、居たんですか」  ブラウスの襟に毛先のかかった少女が、視界の先に居る上級生に返す。ふたりとも、指定された簡易ネクタイを外し、スカートのポケットに退避させていた。 「そうじゃなくて、髪型。ボブカット。それがね、好きなの、わたし」  上履きのくたびれた上級生たる少女が笑う。夕日の差し込む教室に、彼女ら以外の姿はない。三十五人ぶんの椅子と机が組になって置かれているのみ。 「はあ」と下級生は返す他ない。「でも、ミオ先輩はロングですよね、腰までがっつりと」  椅子は座面を下にし机の上に置かれている。午後の授業が終わり、教室を清掃した生徒らがその状態にして下校する。あてがわれた生徒が、登校したかどうかの出欠確認にも使用されるためだった。 「違うの、自分がしてて好き、というのじゃなくて、」  二人だけの教室に、かたりと響いた。 「可愛いなって思うの」  ミオと呼ばれた女子生徒が、下級生の首元に右手を添える。そうして外に向かって手の甲を滑らす。 「ショートも、ロングも、──ロングは特に、わたしもそうだから──お手入れが面倒だろうなあ、すぐカットしにいかないと、みっともなくなってしまうものね、なんて考えてしまうのだけど、……ああ、ボブがそうじゃないっていうんじゃないの、もちろんお手入れはしないといけないけれど、でもね、重たすぎず、軽すぎず、アレンジも幅があって、それでいて、身軽な……地に足ついた旅人のような」  走った右手は吸い込まれるがごとく、少女の黒髪を撫でつける。一度、二度、……頭頂部から耳の上を通過して首元まで流れゆく。その持ち主たる少女は、その行為に困惑のみ覚えていた。 「女の髪は命のようなもの、なんて云う人も居るけど、わたしにはね、鏡のように思えるの。自分がどうありたいかを、髪でみせるの」  撫でるのに飽き足らずとばかりに、ミオは黒髪に指を絡ませる。髪の一束ひと束を愛撫する。 「ロングはね、重たくて、ときどきずぼら。大地に根を張るような、ずっしりとしている雰囲気、っていえば、伝わる?」  夕日に透けるミオの髪は、元来の色も相まって、栗の実のような明るい茶をたたえていた。その表情は、後輩には、見えない。 「ショートは逆。軽く、かるく、風に流れるまま、ふわりとどこかに飛んでいきたい、っていう願望。変わりたい、変えてしまいたい──それまでの自分ではない、どこか違う誰かになりたい、そういう欲のあらわれ」  かたり、と音の鳴る。ミオの影に気圧され後ずさろうとした少女の、腰掛けていた椅子が擦る。上級生の左手が、下級生の後頭部に回される。 「じゃあ、ボブは。……ふふ、ボブはね。どっちでもあって、どっちでもないの。根っこを張っているときもあるし、綿毛みたいにふわふわしているときもある。でもね、そのなかには、絶対に芯がひとつ、まっすぐある。地面から離れてふわふわしているようにみえても、曲がらない、折れない茎が、一本あるの。自分がある。誰にもならない。そういう──自分の、はっきりある、人」  だから、ボブが好き。──少女の胸の内には、ほのかにあたたかいものが抱かれていた。  ──ミオ先輩、それは……。 「だから、ちーちゃんは、髪、切らないでね」  どこにも行かないで、わたしのそばにいて。──言葉は、虚ろに消えた。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行