フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 カフェを出た後、魔術に使う道具を見に行きたいというメイはレヴィさんとハルイチさんに任せ、俺はベネディクトとラン、そしてワーナーさんと共に鍛冶屋に来ていた。  師匠に貰って以来、鍛冶屋でしっかりと研がずにセルフで手入れをしていた俺の刀は、竜を斬った事により、限界を迎えていたからだ。 それに貰ってからこれまで一度も鍛冶屋に手入れに出したことは無い。 ……少し言い訳をすると、どの鍛冶屋に見せてもこの刀はうちでは扱えないと追い返された、というのがあるのだが。今思えば霊術に使う霊刀であったからだとわかる。 ハルイチさん曰く、霊刀故にこれまで何を斬っても自分の手入れでなんとかなってきたが竜のような高等な生物を斬ったため、流石の霊刀も手入れで修復は出来ないらしい。  迷路のような路地を歩き、もう何本目かもわからない橋を渡った先の、ひっそりと佇む扉をベネディクトが押し開ける。 ぎぎ、と重く開いた扉から、薄暗い店内に光が伸びる。 おお、なんかすごい隠れ家感。 「おーい、ハヤト、いるかー?」 ベネディクトの声が響き、店内が意外と広い事に気付いた。 その声の余韻が収まっていく中、ドタドタと慌ただしい足音が聞こえてきて、バンッと奥の扉が開く。 ちょっと勢いが良過ぎて扉が壊れていないか心配になった。大丈夫それ? なんかミシッて音も聞こえたけど。 「はいっ、いますっ。呼びましたねっ!?」 息を切らして騒がしく出てきた少年が元気よく声を上げた。 彼は視線はこちらのままにまたバンッと扉を閉める。だからそれ大丈夫? 今度はバキッていったよそれ? その音に心配そうに扉を見たベネディクトは切り替えてああ呼んだぞ、と笑うと、俺の“雪華《せっか》”を指差す。 「こいつの刀を研いでもらいたいんだが、頼めるか?」 「かたな、ですか?」 ハヤトと呼ばれた彼はまじまじと俺が手渡した刀を様々な角度から眺めた。何やらぶつぶつと話している。 「なるほど、霊刀ですね。かなり切れ味が鈍っているようで……。もしや、昨日竜を斬り伏せたという噂の旅人はあなたですね? ははあ、なるほどなるほど……」 その様子を見ながら、ベネディクトに小さく聞く。 「あのハヤトっていう子、ここの店員なのか? なんかそれにしては詳しい事ごにょごにょ言ってるけど……」 「ハヤトが店員? いんや、あいつは立派なここの店主だぜ。確かに若いけど、腕は確かだ。なんてったってここは王族御用達の店だからな。産まれる前から武器を作ってるようなもんだ」 「まじか。産まれる前からの鍛冶屋って訳だな」 多分歳は俺より少し下なのになんか手に職付けてるって感じがしてカッコいい。 ボソボソと話していると、ずっと“雪華《せっか》”を眺めていたハヤトは、了解ですっ、と微笑んだ。 「お任せください。完璧に研ぎ上げて見せますよ」 お願いしますと頭を下げると、彼ははいっ、と返した。そして奥の扉を指した。 「ご覧になりますか?」 「いいんですか?」 開いたままの扉を見て問い返す。鍛冶屋は自分の作業してるところを見られたくない、というイメージがあったからだ。因みにこれは和ノ国の鍛冶屋が大体そうだったというのがある。 「はいっ。同業者はよく、特に霊具なんてなると気が散ったら危ないので見られるのを嫌がるんですけどねっ。 僕はむしろ、相棒がまた綺麗になっていく様を見るべきだと思うんですっ。 普通の武器もそうですが、霊具ならなおさらですっ。その方がもっと武器と心が通じ合えると思うんですっ。だって、霊具には魂が宿ってるからっ」 ああ、本当にこの子は武器が好きで好きで、愛しているんだな。彼のような職人に相棒を託せるのが嬉しくなってきた。 元気よく、そしてキラキラと目を輝かせて訴える彼にならばお言葉に甘えるという由を伝えた。  ちゃぷん、と霊薬を溶かした水が波紋を立てる。 そのそばでは、刀身が丁寧に、それでいて力強く研がれていく。 腕まくりをしたハヤトの腕は服に覆われている時よりも頼もしく見え、彼が鍛冶屋として一級の腕前を持つことがよくわかる。 その腕が何度も繰り返し研ぐ音だけが響き、辺りを神聖な空気が包む。まるで、神に対する儀式のように。 ぼんやりと霊気で光っている刀身は、研がれる度にその輝きを増していくように見えた。  どれ程時間が経っただろうか。窓から橙色の光が射し込む頃、研いだカタナを持ち上げ、その陽の光に当てたハヤトはよし、と小さく呟くと俺に向き直った。 「研ぎ終わりましたっ」 そう言って渡された刀は彼に預けた時よりも輝いて、刀身が厚くなっている。 え、ハヤト研いでただけだよな!? なんで研いで刀身が厚くなってるんだ!? 「霊刀というのはですねっ、他の刀とは違って、研ぐと小さくならずに全部元通りになるんですよっ」 初めて知った。……本当に、俺は自分が使っている霊術について、何も知らないんだな。 そう素直に話すと、彼はさらりとそのブロンズヘアーを揺らして 「とは言っても霊刀なんて初めて見たので、本での知識なんですけどねっ。失われた霊術は文献にも中々残ってませんからっ。元気出してくださいっ」 と笑った。 明るく言うその声に思わず笑みがこぼれた。  ハヤトに連れられて店の奥から戻ると、ベネディクトとワーナーさんは店内に並べられた武器を熱心に見ていた。……ランは部屋の隅に置いてある椅子で居眠りをしていたが。ルリが器用にその頭に乗っかっている。 もう、ホントルリってば可愛いなぁ!! 「お、終わったか?」 「ああ。凄く美人になって返ってきた」 ちょっと茶目っ気を入れて返すとよかったな、と声を掛けてきたベネディクトは微笑んだ。彼はハヤトにも声を掛ける。 「ハヤト、ありがとな」 「いえいえっ。むしろ霊刀を研げてこちらがお礼を言いたいくらいですっ」 そこまで聞いて、俺ははっと慌てて財布を取り出した。 お代は幾らだろうか。霊刀ってそんなに特殊なら料金もかさんだりする? 大丈夫かなお金足りるかな。 それを見た彼は手と首を千切れんばかりにブンブンと振って、要らないと言う。 「僕は霊刀を研ぐという貴重な経験を貰ったんです。お代なんて貰えませんよ」 「え、でも……」 「本人がこう言ってるんだからありがたくそうさせてもらうのが心遣いってもんですよォ」 ワーナーさんの言葉にハヤトには礼を言ってそうさせてもらうことにした。 彼は次研ぐ時もぜひうちにいらしてください、と笑った。 つくづく思ってたけどこの子ホントいい子!! 優しい!! こんな弟欲しかった!! メイも可愛いけど!! それを見届けたベネディクトがハヤトに手に持ったナイフを示す。ワーナーさんも同じくだ。 「ハヤト、俺はこのナイフもらっていいか?」 「俺もお願いします」 「いいですけどっ……。こないだ売ったのはどうしたんですかっ?」 首を傾げたハヤトにベネディクトは言いづらそうに視線を彷徨わせる。 なんか後ろめたいことでもあるのか? やがてポツリと言った。 「……好奇心だったんだ」 「正直に言いなさいっ」 「ドラゴンクッキングに挑戦したら折れました」 「……前から思ってましたけどあなたたち二人ってけっこうばかですよねっ」 無邪気に言い放つハヤトにベネディクトとワーナーさんがあからさまに傷付いた顔をする。 ごめん、同じことされたら俺も傷付くけどこれは流石に二人共馬鹿としか言えないわ。 ―――――――――――――――――――― 番外編 〜マリテ王室クッキング〜 「マリテ王室クッキング」 「今回は遠征先からお送り致します」 軽快なメロディーと共にベネディクトとワーナーが口を開く。 「今回は倒したドラゴンでハーブ焼きを作ります」 「材料はこちら」 ワーナーが手で示した先にカメラが移動し、テロップが流れる。 【一部隊(二百人)分】 ·ドラゴン(陸上種):胸肉 四百キログラム A·ハーブ:適量 ·ニンニク:適量 ·塩:二十キログラム ·コショウ:四キログラム 「まずドラゴンの解体をします」 「今回使うのは胸肉なのでそれ以外の肉は干し肉に、内蔵は塩漬け、骨は丁寧に洗ってとっておきましょう。革は防具や装飾品にもなるので、こちらもとっておきます」 「まず腹を裂いて……堅いな……(ボキィ)あっ」 「ちょっと何やってんですか貸してください(バキィ)あっ」 「「………………」」 「ドラゴンはナイフではなく、剣もしくは魔術で解体しましょう」 「今回は風魔術を使います。……おーい、誰か風お願いしまーす」 遠くから小さくはーいと聞こえる。少しして突風が吹き荒び、赤が一瞬飛び散った。 (テロップ)只今不適切な映像が流れましたことをお詫び申し上げます。 テロップが明ける。 「えードラゴンの解体が完了しました」 「胸肉はこちらになります」 「この肉を丁度いい大きさに切り分け、塩、コショウをすり込みます」 すりすりすりすりすり…… 「すり込み終わったららAの材料を存分にまぶします」 「ドラゴンの肉はクセが強いので、少し多すぎる位がいいですよォ」 「まぶし終わったら一気に焼き上げます」 「一つ一つの塊を串に通して火にかけてください。そして串に通したものがこちらになります」 「皆で手分けして通しました。……おーい、誰か火よろしくー」 遠くから小さくはーいと聞こえる。少しして爆発音と共に画面が白く染まった。 (テロップ)只今映像が乱れております。ご了承ください。 テロップが明ける。 「はい、これでドラゴンのハーブ焼き、完成です」 「少し硬いですが、栄養は満点です」 「以上、」 「「マリテ王室クッキングin遠征先でした」」 最後にそう言ってぺこりと頭を下げる二人。 再び軽快な音楽が流れ、画面が暗くなった。 「なんだこれ」 画面の前でアカリが一人呟いた。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行