フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 おはようございます、こんにちは、こんばんは。初めましての方は初めまして。君名言葉です。  今日はいきなりテーマに入ろうと思います。今日のテーマは「3.11」です。  まずはじめに、被災で苦しい思いをされた方、されている方全てに幸せを願って合掌します。  ◆  早いものでもう8年経つらしいです。僕は当時まだ小学生で、東北とは離れた位置に住んでいたので、この地震がいかに恐ろしく、深刻であるかをわからずにいたと思います。  実際、震災が起こったことすら気づいておらず、テレビで流れる悲惨なニュースを、フワフワした気持ちで見ていたような気がします。  もし、あそこに自分がいたらどうなっただろうか。死とは遠く無縁の存在である子供でも必然的に考えざるをえなかったはずです。  僕がRADWIMPSのファンであることは以前のブログにも書きましたが、彼らは毎年、3月11日頃に新曲を発表するのです。気になる方はYoutubeでぜひ検索してみてください。  2012年 「白日」  2013年「ブリキ」  2014年「カイコ」  2015年「あいとわ」  2016年「春灯」  2017年 なし  2018年「空窓」  2019年「夜の淵」  どれも素晴らしく、いい曲ばかりです。ここで、1つずつ、印象的な歌詞を引用して紹介します。 「白日」  渡しそびれた「さよなら」は誰に運んでもらえばいい?  交わしかけの「約束」は誰と果たしたらいい?  そもそもこの「声」はさ、ねえどこに向かって歌えばいい? 「ブリキ」  1つ1つ思い出が降ってく  割れないようにどれも手を伸ばしてく  手に落ちるたびに焼けそうに痛むけど  これが僕らがこれから育てるはずだった  思い出の身代わりなの 「カイコ」  世界は疲れたって僕にはもう無理だって  宇宙の寂しさの方がマシとその手を振りかざしてら 「あいとわ」  冗談みたいな悲劇 絆創膏だけのメモリー  ありえない顔で明日はこちらを見るけど  それでも僕ら手を握ろう  次の息を吸い込もう 「春灯」  逢いたい人がいるこの世界に  今日も目覚める僕はきっと幸せですよ  君の眼に僕が映る  それだけでいいような  君を君たらしめる全てを僕の手にしたいような 「空窓」 「さよなら」をちゃんと言える別れは  幸せなのかもなんて思ったよ  僕はどうやら強くなった  あのときどうやら涙は流し切った  時が僕らを大きくするけど  時は僕らをあの日から遠ざける 「夜の淵」  なんのため生まれたのか  わからない僕たちだけど  涙を流すためじゃないことだけはたしかさ  それだけはたしかだ  あんなに近くに見える隣同士の星よりも  僕らはずっと近くで息をする  聴いているだけで涙が流れる曲ばかり、全て心に突き刺さります。  未来ある若者や、まだまだこれからってはずだった中堅世代、余生を静かに過ごすはずだったおじいちゃんおばあちゃん。  その人達のためにも、僕らはずっと強く生きなきゃなりませんね。一瞬にして命が奪われる大災害、日本では去年もたくさんありました。地震、津波、豪雨。  人生がいつ終わるかわからない以上、後悔なく生きていきたいんです。やらなきゃいけないことはそりゃあるし、欲望のままの生きることが土台無理ってことは分かってる。  それでも毎日ひたむきに。やりたいことはやって、好きな人には好きって伝えて、毎日食べたいものを食べる。  自分が生き残っていることに感謝して、また明日から頑張ります。僕らが生きてるだけで十分奇跡ですよね。少なくとも僕はそう信じてやまない。  どうか、僕のこの声が、いつかもっと多くの人に届きますように。  では、今日はこの辺で。読んでいただき本当にありがとうございます。  あなたの読書生活がより一層豊かなものになりますように! (引用) 白日、ブリキ、カイコ、あいとわ、春灯、空窓、夜の淵/RADWIMPS
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行