Before
 わたしに関わらないでください―――導かれるままにゲームをプレイすることになった『渚』。ゲームのクリア条件として、彼の守らなければならないキャラ―――『次代勇者』の少女と、彼は何とか出会うことができた。しかし、彼は困惑した。何故ならその少女は、自らの死を望む、死にたがりの勇者だったのだ―――。
かいり
(ID r9hykKTBRCOCE)
5.とある妖精の過去
死にたがりの勇者と守り人
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
11 分
死にたがりの勇者と守り人5…
14 分
アマガサ×ドロップ
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
海色の鯨第一章 色あせた夏…
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
8 分
物怪奇譚
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
8 分
僕たちはここに。
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
8 分
日常今・バーテンダー
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
8 分
ある青年の話
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
65 分
IRREGULAR;HER…
13 分
とある鍛冶屋の初恋物語1 …
14 分
とある鍛冶屋の初恋物語2 …
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
187 分
ときには、心休まる休息を
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
春雷お揃いの秋
20 分
FCWeelOfFortu…
10 分
FCWeelOfFortu…
11 分
初初詣デート私は男の子に告…
21 分
第一章 大いなる海竜種 1…
8 分
バカでも恋をする鯖
14 分
planetariumログ…
30 分
スマートフォンから始まる恋…
29 分
勇者を召喚したら前世の孫が…
12 分
俺の奥さん。先に〇〇とメイ…
22 分
鳥の夢
13 分
俺の奥さん。猫 後輩
14 分
この世界は絶望そして希望
8 分
表裏ラビリンス退屈な日常
25 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
12 分
風漂始まりの風
15 分
始祖の竜神と平凡の僕。2.…
17 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
15 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
29 分
ネバーエンド・ラブストーリ…
10 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
12 分
風の名前を探して Ⅳ
10 分
世紀末UFOビーチボール仮…
14 分
"自問"私と貴方、初めまし…
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
367 分
第一話EP.1 アルカスの…
105 分
水流のロック
334 分
治癒魔法でも治せない君の心…
19 分
転生した魔法少女3:私って…
10 分
青き空の中の赤き炎民宿レハ…
15 分
死にたがりの勇者と守り人3…
13 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
スマートフォンから始まる恋…
17 分
転生した魔法少女1:私って…
29 分
ちょっとだけ切ないストーリ…
35 分
夏のはじまりの日
34 分
クリスマスプレゼント
26 分
第一章 大いなる海竜種 2…
10 分
贖罪のブラックゴッド果てな…
24 分
二人のズッキーニはかたみに…
21 分
死にたがりの勇者と守り人4…
25 分
第一章 大いなる海竜種 1…
28 分
死にたがりの勇者と守り人2…
16 分
女、三人集いて
14 分
第一章 大いなる海竜種 …
61 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
14 分
夏休みの終わる世界―第一話…
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 目覚まし時計が鳴る前に目が覚めた。
 タオルケット一枚で寝るのもそろそろ限界らしい。冷えた身体を起こしカレンダーを見ると、もう九月も半ばに差し掛かっていた。暑さ寒さも彼岸までと言うし、もう少し夏の余韻に浸っていても良かったと思うのだが――今年の夏は猛暑と騒がれた割には、足早に去って行ってしまったようだ。
 クリーム色のカーテンを開け放つと、高くなった青い空が広がっていた。雲一つない、気持ちのいい秋晴れだ。これから世間はきっと、暖色に彩られ、暑くも寒くもない日和にかこつけて人々は趣味に励み、感受性豊かな誰かは心に吹き込む冷たい風に気付かない振りをしながら、豊穣の恩恵に満ち足りるのだろう。けれども私は――どうも毎年、その気になれない。
 いや、毎年と言えば語弊があるのかもしれない。ある年を境にずっとそうなのだ。――そう言えるほどの年月が経った訳でもないが。
 それに、結局のところそれは感情論で――明確な理由になるわけじゃないのも、分かってはいる。
 それでも、高く遠い空を吹き抜ける冷たい風が、銀の雫と化した望月の郷愁が、鈴虫の哭く音の狂気が、尽きてゆく生命の断末魔とその残滓が、記憶と心を掻き乱し、ざわつかせるから――



 ――私は、秋が嫌いなのだ。
 ◆
「あー…………先輩? なんか、その……大丈夫、ですか?
 部室にたった一つ置かれた長机、その真ん中を占拠して突っ伏す私の顔を覗き込み、戸惑ったような声を発する後輩。彼の声に感情が滲むのは珍しいな、などと思いながら私は苦笑する。
「君に心配されるようじゃ終わりだねぇ。そんなに分かりやすかった?
「いえ……そんなふうに突っ伏してたら誰でも分かりますって」
「それもそうか」
 私はもう一度苦笑する。開け放った窓から吹き込んだ風のひんやりとした感触が頬を撫で、心を掻き乱していった。
「で、どうしたんです? 話聞くくらいならしてあげますよ。感情の絡まない問題なら解決策も考えられますし」
 して「あげる」というこの後輩らしい物言いに、何とはなしにほっとする。こんなことに安堵を覚える自分には心底呆れるしかないが――この季節が嫌いな理由を鑑みれば尚更だ――だが私は、後輩に訳を語ってみてもいいような気になっていた。
 ――もっとも、彼にはどうにとできない問題だろうけれど。
「残念ながら感情しか絡んでないんだよ、後輩くん。それに解決策もたぶん無い。君が一番苦手とするタイプの話なんだよねぇ」
「はい?
「私はね、後輩くん。秋が嫌いなんだ。とりわけ初秋と中秋はね」
「は、はい……?
 わけが分からないといったふうに眉をひそめる後輩。そりゃあそうだろう。この辺りの感情が分からないことこそが、彼が文章を書かない理由なのだから。
「いや、俺がその感情を理解できないのもそうですけど。……先輩、この間『悪いけどぉ、私の得意分野は初夏と初秋なのよぉ』って言ってたじゃないですか」
「待ってそれ私の真似?
 明らかに悪意ある物真似に、思わず本題を忘れて突っ込んでしまう。何もこのタイミングで茶化さなくてもいいじゃないか。
 だが――もしかして、と思い当たる。もしかして、要らぬお節介を焼いたことをまだ根に持っているのだろうか……幾ら話したとはいえ彼の心中に土足で踏み入るような真似をしたことを怒っているのだろうか。
 思い付きでやった晩夏のあれこれを思い出して少し後悔し、黙ってしまった私の様子を見て、しかし、後輩は――



「…………ふっ」
 ――思わずといったふうに、笑みを零したのだった。
「えっ……と、後輩くん?
 訳が分からず首を傾げることしか出来ない私を見て、後輩は尚もクスクスと笑い続ける。可笑しそうに目を細めている彼の顔から――私は、目が離せなかった。
 なるほど、確かにそれは傍から見ればただの日常会話の風景で、ごくありふれた普通の光景だったのかもしれない。けれど重要なのは、今私の目の前で笑顔を見せているのが、あの日、感情を識れないと言ったあの後輩だということだ。あの初夏の日、あれほど淡々と、それでいて翳を含んだ声で感情を判れないと言ったあの後輩が――今、私の目の前で、こんなに可笑しそうに笑っている。
「後輩、くん…………笑える、んだね」
 思わず正直な感想が口をついて出た私の物言いを、しかし後輩は気に留めたふうでもなく、笑顔のまま返した。
「何すか、それ。言ったじゃないですか。別に俺、全くの無感情じゃないですよ」
 そう言ってから、でも、と少し考え――続ける。
「でも――こんなに笑ったのは、大分久し振りかもしれないですね」
 ――開け放ったままの窓から、一陣の風が――ひんやりと冷たい秋風が――吹き込ん
できた。けれどそれが、私の記憶と心を掻き乱し、郷愁を掻き立てるようなことはなく――この時に限って秋風は、ただ過ごしやすい季節の涼風に過ぎなかった。
 高くなった快晴の秋空。蟲の鳴く聲。窓の外を朽葉四十八色が舞うのも――きっと、もうすぐだ。
「――……文芸部にいると……少しだけ、俺にも感情が解る気がします」
 酷く小さな声で呟いた後輩の言の葉は優しく色付いて、秋風に乗って消えていった。
「で? 先輩。今日は俺のことはいいんですよ。どうしたっていうんです? まあ俺にはどうにもできないでしょうけど、とりあえず話してみて下さい」
 切り替えるようにそう言った後輩の言葉で、やっと本題を思い出す。こんな後輩の笑顔を見ることが出来て、私のくだらない感傷と思い出など最早どうでもいいような気になっていたし秋もそんなに嫌いじゃないと思えていたが、それでも後輩に心配をかけてしまった以上は話すべきだと分かっていた。
 ――それに、後輩が解れないと言ったあの感情を、この狭い部室で抱き続けている為に――そして、後輩がいつかその感情を識る為に――例えその相手が私である可能性がなくなってしまうような話だとしても――話しておくべきなのだと。
 本当は、知っていた。
 To Be Continued



1
3
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行