フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 目を覚ますと、ボロボロの天井が見えた。一瞬どこだか分からなくて、ぱちくりとまばたきをする。少し顔を動かすと、あたしを見下ろすコノハがいた。 「やっと起きた……」 「コノハ……? ここは……」 「シルマ学園だよ」  むくりと起き上がる。どうやら廊下で寝ていたみたいだった。コノハの傍には、同じく起きた蒼祁がいた。 「チッ……結構だるいな……さすがにキツかったか……」  ぶつぶつ何かを言いながら、ふと蒼祁と目が合う。蒼祁はため息を吐き、あたしを鋭く見据えた。 「お前もう二度とテレポーテーションは使うなよ」 「分かってるよ」 「絶対だぞ」と何度も釘を刺される。そんなに信用ないかな……あたし。さすがにもう懲り懲りだよ。絶対使わないよ。 「白夜! 大丈夫⁈」  後ろで声が聞こえ、振り向いた。寝そべるハクに、心配そうに声をかける影縫さんがいた。もう一人の男子も、不安そうにハクを眺めている。ハクは自分の手を眺めてから、ゆっくりと起き上がった。 「帰れた……」 「良かった白夜……! 心配したよ……!」 「今回は焦ったなあー」  抱き着こうとした影縫さんに、瞬時に腹パンを入れるハク。影縫さんはお腹を押さえてうずくまった。ふん、と息を吐き、辺りをキョロキョロと見回すハク。その時目が合った。 「……………」  何となく、喋りづらかった。蜜柑達のこと、あんな風に思ってるんだって考えると、何となく壁を感じてしまった。  きっと、ハクの言ってることは正しいんだと思う。幽霊はモノノケになる。だから蜜柑達も例外なく危ないんだと。  でもやっぱり、そう簡単には受け入れられないよ。蜜柑達が助けてくれるのは事実だし、悪意あるモノノケになるなんて信じられないよ。 「何見つめ合ってんだよお前ら」  背後からポンと頭を叩かれる。ちらりと見ると、蒼祁はくだらなそうにため息を吐いた。  そういえば、疑問に思ってたけど………。 「ねぇ、どうやって帰ってこれたの? さっきの呪文、瞬間移動魔法のじゃ……」 「魂だけになっても、肉体が魔導石を持ってれば魔導石の魔法が使えるらしくてな。だからテレポーテーションで行き来した。魂だけな」  へえ………そうなんだ。すご。やっぱ伊達に「最強」謳ってないんだ。 「ったく……やっぱりとんでもないことしてくれるな。野生動物は。まず白夜に言うことあるんじゃないのか?」  反射的に影縫さんを睨んだ。  その呼び方いい加減やめてくれないかな。いちいちイライラしてくる。それに言われなくても分かってるし。 「……ごめんね。ハク。巻き込んじゃって」 「いや。こっちこそ。直人のせいでもあるし」 「え? なんでオレ?」 「お前が威嚇しまくったからだろ」  ギロリとハクに睨まれて萎縮する影縫さん。ホント、ハクにだけは弱いんだね。それだけ好きなんだろうなぁ。影縫さん、容姿だけは恵まれてるんだから黙っていればいいのに。 「だってそれは―――」 「――――――みーつけた」  声が響いた。廊下の先を見ると、女の人が歩いてきていた。ワインレッドのポニーテールを揺らし、不敵な笑みを浮かべている。  あの人は………まさか……! 「カヤさん……⁈」 「あら、覚えてたのね」  そう。カヤさんだった。さらに、カヤさんの背後から現れる、白衣を来た黒髪の眼鏡男。 「余計なのもいるな」  滝川さんだった。コノハがあたしの隣に立ち、自然と戦闘体勢に入る。  この二人がいるってことは……! 「もう逃がしませんよ」  後ろから第三の声。振り向くと予想通り、風峰さんがいた。  魔警察がこんな所にまで……! どうしよう……このままじゃ……! 「なんだお前ら? 誰に何の用だ?」  蒼祁が三人を順に見る。その鋭い視線に臆することなく、風峰さんは口を開いた。 「我々は魔警察です。華城さんの魔具が、悪魔の仲間である可能性があるので、預かりに来ました」 「悪魔? コノハが?」 「アタシが見たのよ。この目でちゃあんとね」  カヤさんが自分の目を指差す。  そうだ。そもそもカヤさんがそんなことを言い出したせいで、あたしは魔警察から追われるはめになったんだ……! 「だからそれは悪魔の罠だって言いましたよね⁈」 「そうだと断定出来るまでは野放しに出来ません」  野放しにって……! この人も影縫さんみたいに、あたし達を動物か何かだと思ってるわけ……⁈ ホントムカつくなあ……! 「だったらまず悪魔の方を捕まえなよ! なんでコノハばっかり狙うわけ⁈」 「勿論悪魔も追ってます。ですが同時進行で貴女の魔具も捕らえなければ……」 「だから魔警察は信用ならねぇんだよな」  蒼祁がぼそりと呟く。しかしちゃんと聞かれたみたいで、風峰さんや滝川さんに睨まれた。それでも気にせず、蒼祁は続ける。 「ただ、制御不能な魔具を壊しておきたいだけなんじゃないのか?」 「……変な言いがかりをつけるのはやめて下さい」 「お前らは、その魔具に裏切られて殺されたらどうするんだ?」 「コノハはそんなことしないって言ってるじゃん!」 「だから、それは先入観です」 「先入観じゃなくて事実! アンタらにコノハの何が分かるの⁈」 「それは貴女も同じでしょう? 他人の全てを理解している者などいませんよ」 「あたしは違う!」  気付いたらコノハがいた。それくらいコノハとは一緒にいるんだ。コノハは悪魔に加担するような悪いやつじゃない。万が一にもそうだとしても、絶対に仕方のない理由があるはずだ。 「らちが明かねぇ。ひとまずその悪魔を捕まえれば満足か?」  蒼祁が一歩前に出る。カヤさんはニヤリと笑い、太ももに装備していたポーチに手を突っ込んだ。そこからゆっくりと手を出すと、その手には何かが握られていた。それは、明らかにポーチに収まらない長さであり、銃のような形状をしていた。 「やっとやる気になったかしら?」 「蘭李。冷幻連れて悪魔捕まえてこい」 「蒼祁は―――」 「俺達はこいつらを足止めしといてやる」  すると、影縫さんと黒髪の男子が同時に蒼祁を見た。 「待て。なんでオレ達まで数に入れてるんだよ」 「冷幻を助けてやっただろ? その借り返せ」 「元はといえば華城が―――」 「直人。拓夜。頼む」 「勿論だよ白夜」  ハクが言うと影縫さん、犬のように従うんだなあ。ある意味便利かも。  準備運動を始めた男子の背を、影縫さんは軽く叩いた。 「なら拓夜。お前は白夜を守ってやれ」 「いいけど……お前ら二人で大丈夫なのかよ」 「こいつはともかく、オレは一人でこいつらを凌げる」 「は? 俺だって凌げるし」  なぜか睨み合う蒼祁と影縫さん。強さ的には何ら問題ないけど、仲間割れとかしそうだなあ……不安。 『拓夜』と呼ばれた男子がこっちに来た。それを見かねて、ハクが頷く。あたし達は駆け出した。 「待ちなさい―――」 「おっと、アンタの相手はオレだ」  風峰さんに襲いかかる影の腕。あたし達はその脇を通り抜けた。廊下を駆け抜け、シルマ学園から出る。外はもう電灯の必要な夜だった。走りながら、ハクに顔を向けた。 「どうやって悪魔を探す?」 「うーん………メルに頼んでみるか?」 「メル? 誰だそれ」 「知り合いの天使」  拓夜に説明するハク。ところでこの拓夜って人は誰なんだろ。ハクと同じ闇属性の人なのかな。後で聞いてみよう。 「あ、そうだ」と思い出したかのように、ハクが拳銃を取り出した。 「これ返す。忘れてた」 「あ、ありがとう。ちょっと一回止まっても……」 「待って!」  突然コノハが叫んだ。あたし達は急停止する。ハクから拳銃をもらい、上着のポケットにしまいながら振り返ると、コノハは睨むようにじっと前を見据えていた。 「どうしたの?」 「………来る」 「来る?」  コノハと同じ方を見る。何の変哲もない暗い道路だ。誰もいなく、少し不気味ではあった。  が、暗闇から溶け出るように、あの悪魔が姿を現した。 「よお。こんな所で会えるとはなあ」  黄緑色の目が光った。あたし達は戦闘体勢に入る。  タイミングよすぎないですかねぇ……まさかつけられてたのかな……。 「今日は知らない奴がいるみたいだな。新人か?」 「失礼だな! おれは白夜より年上だ!」 「拓夜。今はそんなこといいから」  悪魔はニヤリと笑う。やつの右腕が地面と水平に振られた。影から黒い狼が現れ、こっちに駆けてきた。あたし達はそれぞれに避ける。さらに別の影から鳥や一角獣のようなものも現れ、襲いかかってくる。  狼があたしとコノハを追いかけてきた。魔力で必死に逃げる。一般人が誰もいなくてよかったと思う反面、もし見つかったらどうしようという不安は拭いきれなかった。 「しつこいなあ……!」 「僕がやる!」  コノハが急停止し振り向いた。そのまま駆け出す。あたしも止まって背後を見る。狼に斬りかかったコノハだが、影は切れ目から二つに分かれ、手の形となってコノハに掴みかかった。あたしは急いで拳銃を取り出し、影に発砲する。五発程撃った頃に、やっと影は溶けるように消えた。 「大丈夫⁈ コノハ!」  あたしはすぐさま駆け寄った。コノハの首や腕には、掴まれた黒い痕が残っていた。 「痛そう……大丈夫?」 「ごめん。力不足で……」 「え? 大丈夫だよ。銃もあるしさ」 「………そっか」  コノハが項垂れる。なんだかいつもより落ち込んでいる気がする。そんなに気にしなくてもいいのに。どんな敵にも勝てるわけないんだしさ。 「コノハ、大丈夫だよ。それより早くハク達の所に戻ろう?」 「………蘭李にはさ」  コノハが顔を上げる。緑色の瞳があたしを捉えた。 「いざとなったら銃があるもんね」 「え? ああ、うん。そうだね」  なぜか辛そうに笑うコノハ。何か様子がおかしい。あたしはコノハの肩に手を乗せた。 「コノハ? どうしたの?」 「…………」 「魔警察のこと? あたしはコノハを見捨てたりしないからね?」 「…………ホント?」 「当たり前じゃん! あたしは絶対、コノハの味方だから!」 「…………………ならさ」  その時、何が起こったのか分からなかった。一瞬の出来事であり、予想だにしなかった出来事であったからだと思う。  あたしは口から血を吐いた。その血は、コノハの服にかかった。服がじんわりと赤く染まる。  おそるおそる、視線を落とした。胸に刺さる緑色の刃。その刃をたどっていく。《途中から人間の|・ ・ ・ ・ ・ ・ ・》《腕に変わり|・ ・ ・ ・ ・》、黒い袖から伸びていた。  そして、その袖を持つ服を着ているのは、紛れもなく、コノハだった。 「コ、ノハ………?」 「蘭李は僕の味方なんだよね。ならさ……」  僕と一緒に、死んでくれるよね。  刃は勢いよく引き抜かれた。激痛が全身に走る。コノハは、真っ赤に染まった腕を振り上げた。  ――――――何をどこで間違えた? どうしてコノハはあたしを殺そうとしているんだ?  ――――――他人の全てを理解している者などいませんよ。  コノハだけは、コノハのことだけは分かってるって思ってたのに………! 「なんでッ⁈ コノハァッ!」  刃は、振り下ろされた。 十話 side R  完
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行