Before
 わたしに関わらないでください―――導かれるままにゲームをプレイすることになった『渚』。ゲームのクリア条件として、彼の守らなければならないキャラ―――『次代勇者』の少女と、彼は何とか出会うことができた。しかし、彼は困惑した。何故ならその少女は、自らの死を望む、死にたがりの勇者だったのだ―――。
かいり
(ID r9hykKTBRCOCE)
5.とある妖精の過去
死にたがりの勇者と守り人
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
11 分
死にたがりの勇者と守り人5…
14 分
アマガサ×ドロップ
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
海色の鯨第一章 色あせた夏…
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
8 分
物怪奇譚
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
8 分
僕たちはここに。
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
8 分
日常今・バーテンダー
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
8 分
ある青年の話
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
65 分
IRREGULAR;HER…
13 分
とある鍛冶屋の初恋物語1 …
14 分
とある鍛冶屋の初恋物語2 …
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
187 分
ときには、心休まる休息を
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
春雷お揃いの秋
20 分
FCWeelOfFortu…
10 分
FCWeelOfFortu…
11 分
初初詣デート私は男の子に告…
21 分
第一章 大いなる海竜種 1…
8 分
バカでも恋をする鯖
14 分
planetariumログ…
30 分
スマートフォンから始まる恋…
29 分
勇者を召喚したら前世の孫が…
12 分
俺の奥さん。先に〇〇とメイ…
22 分
鳥の夢
13 分
俺の奥さん。猫 後輩
14 分
この世界は絶望そして希望
8 分
表裏ラビリンス退屈な日常
25 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
12 分
風漂始まりの風
15 分
始祖の竜神と平凡の僕。2.…
17 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
15 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
29 分
ネバーエンド・ラブストーリ…
10 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
12 分
風の名前を探して Ⅳ
10 分
世紀末UFOビーチボール仮…
14 分
"自問"私と貴方、初めまし…
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
367 分
第一話EP.1 アルカスの…
105 分
水流のロック
334 分
治癒魔法でも治せない君の心…
19 分
転生した魔法少女3:私って…
10 分
青き空の中の赤き炎民宿レハ…
15 分
死にたがりの勇者と守り人3…
13 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
スマートフォンから始まる恋…
17 分
転生した魔法少女1:私って…
29 分
ちょっとだけ切ないストーリ…
35 分
夏のはじまりの日
34 分
クリスマスプレゼント
26 分
第一章 大いなる海竜種 2…
10 分
贖罪のブラックゴッド果てな…
24 分
二人のズッキーニはかたみに…
21 分
死にたがりの勇者と守り人4…
25 分
第一章 大いなる海竜種 1…
28 分
死にたがりの勇者と守り人2…
16 分
女、三人集いて
14 分
第一章 大いなる海竜種 …
61 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
14 分
夏休みの終わる世界―第一話…
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 紗英ちゃん、光は俺の部屋へと入っていく。
 俺の部屋にはテレビがあり、家庭用ゲーム機もあって一人でゲームをするときもあれば光とゲームしたり、俺と光にとってゲームは生活の一部となっていた。
 昔から母さんが仕事で遅いということもあり必然的にゲームにハマったという感じだ。
 俺は帰宅部で、光はというとまだ部活には所属していない。
 そもそも今の季節は春。
 学校の始業式、入学式すら始まってない。
 光は前、部活はいいと言っていたがそれは母さんに負担がかからないようにと決めたこと。
 それは俺も同じだった。
 だが、今は母さんも再婚し、お義父さんもできた。
 俺はこのまま帰宅部でいい、というより高校2年から部活に入るのは色々と難しい、対し光は新高校1年生。
 部活に入り、人間関係の構成で遅れることもないだろう。
 だから俺は光に部活に入ることを断念しなくてはいいんだぞと言ってやりたかった。
「よし、じゃあ何にする?



 だが今は紗英ちゃんの歓迎会ならぬゲーム大会。
 俺はそう言うとゲームソフトを何個か取り出しテレビの前にある低い木製のテーブルに置いた。
「由樹が決めれば?
「それじゃあ意味がないだろう?
「そうだけど⋯⋯じゃあ、紗英ちゃんに決めてもらったほうがいいわね。⋯⋯紗英ちゃん、何かやりたいのある?
「⋯⋯」
 光の問いかけに相変わらず無口だが、顔はそうでもなかったらしい。
 紗英ちゃんは前髪で顔が隠れており表情は見えにくい。
 そんな紗英ちゃんだが、薄っすらと見える表情には少し笑顔が見えているようだった。
 それは俺が紗英ちゃんと会ったときに感じた可愛さによく似ていた。
「これか? ⋯⋯格ゲーか」
 紗英ちゃんが指差したのは格闘ゲーム、通称格ゲー。
 紗英ちゃん格ゲーできるのかな?
 格ゲーは男の人がやっているイメージが強く、普通は女性ましてや女の子がやるゲー
ムでは到底ない。
 そんなゲームを選んだ紗英ちゃんに俺も光も意外感を示していた。
「格ゲーがいいの?
「⋯⋯」
 俺が確認を取ると紗英ちゃんはコクリと可愛らしく頷いた。
 紗英ちゃんのためのゲーム大会だし、まあいいか。紗英ちゃんがやりたいならそれで。
「よし。じゃあやろうか。格ゲーは1対1だから交代交代でやろう」
「そうね。⋯⋯私、由樹ならまだしも紗英ちゃんが相手でも手加減しないからね」
「⋯⋯」
 光の宣言に紗英ちゃんはゆっくりと頷いた。
 それは紗英ちゃんも光と同じだと言っているようだった。
「じゃあ最初は俺と光でやるか。負けたら交代な」
「うん」
「⋯⋯」(こくり)
 テレビにはもとからゲーム機が接続されており、後はソフトを入れるだけだった。
 テレビ、ゲーム機の電源をつけ、ソフトを入れていく。



 すると、すぐにゲームは立ち上がった。
「はい、光」
「ありがと由樹」
 俺はコントローラーを二つ持ち、その一つを光へと渡した。
「それじゃあはじめますか」
 メニューを操作し対戦モードを選択。
 するとすぐにゲームは開始となった。
『レディー⋯⋯ファイッ!!
 カチカチと音を立てコントローラーを操作する二人。
 光の使うキャラは筋肉隆々で一撃が強いそんなキャラ。
 対し、俺は細身の移動が素早いキャラ。
 一撃は弱くとも攻撃回数やスピードで戦うそんなキャラだった。
「んー!! 全然当たんない!! なんでよ!?
「そりゃそんな戦い方じゃ、ね」
 俺の操作するキャラは俊敏性に富んでいる。
 光の見え透いた攻撃など回避するのは容易だった。
 いや、俊敏性に富んでいなくてもどのキャラでも回避できただろう。
 すかさず俺は光の操作するキャラへと攻撃。
 コンボを決め、光の操作するキャラの体力は見る見るうちに減っていく。
『KO!!
 テレビから聞こえるノックアウトの音。
 それは俺が光に勝利したことを知らせるものだった。
「なによ由樹。いつもは私に負けてるくせに、なんで私が負けてるのよ!?
「え⋯⋯さ、さあ」
 なんでって⋯⋯光が弱いからじゃ?
 俺はたまにだが光とゲームをする。
 色々なゲームをしたりする。
 格ゲーもその中の一つだ。
 そうして格ゲーをやる際、俺は大体光に負けていた。
 だが今は特に苦戦することなく戦えている。
 それは一途に手加減をしているからだった。
 光はとても弱い。弱すぎるのだ。誰でも勝てるほどに。
 だから普通に戦うと余裕で勝ててしまう。
 それだと光が楽しくない。



 俺が光とゲームをする理由。
 それは光に笑顔でいてもらいたいから。
 それだけだった。
「さ、さあ次は紗英ちゃん」
「⋯⋯ほら」
 光は自身が負けたことがなぜだかわからず悶々としていたが、すぐに思考を切り替え紗英ちゃんへとコントローラーを渡した。
「やり方は、わかる?
「⋯⋯」(こくり)
「よし。じゃあやろうか」
 紗英ちゃんは一応格ゲーやったことあるみたいだけど⋯⋯さすがに手加減したほうがいいよな。
 自慢じゃないが格ゲーに関して言えばそこそこの強さは持っている。
 だから本気をだしてしまえばかなりの確率で勝つことができるだろう。
『レディー⋯⋯ファイッ!!
「っ!?
 ゲーム開始早々紗英ちゃんの操作するキャラが牙を向く。
 気を抜いていた俺は攻撃への反応が少し遅れてしまった。
 たったそれだけで俺のキャラの体力ゲージは三分の二まで削られてしまった。
 それはスペシャル技のせいだった。
 技を出すにはコントローラーでのコマンド入力が必要で、それがまた難しい。
 俺ですらミスってしまう。
 そんなレベルのコマンドをすぐに入力できる紗英ちゃんは初心者ではないことなどすぐにわかった。
「ごめん紗英ちゃん。手加減はいらなかったね」
「⋯⋯」
 紗英ちゃんは俺の方を見てこくりと頷いた。
「手加減!?
 光はようやく合点がいったようだった。
「それじゃあ行くよ」
 喋りながらも高度な攻防戦を繰り広げている俺と紗英ちゃん。
 光はその高度なやり取りが全く理解できていなかった。
 俺は素早く間合いを詰め、攻撃を仕掛ける。
 さっきの仕返しとばかりにスペシャル技を繰り出した。



 だが紗英ちゃんはそれを読んでいたのかジャンプし回避。
 すかさずカウンターを入れられ、そこからのコンボ技で体力は全て削られていった。
『KO!!
 俺の完敗だった。
「紗英ちゃん相当強いね。まさかここまでなんて」
「お、おにい⋯⋯ちゃんも」
 俺に発せられた紗英ちゃんの声。
 恥ずかしながらも言う姿が妙に愛らしく、声も可愛らしい。
 おにいちゃん⋯⋯か、なんか懐かしいな
 俺は紗英ちゃんが発言したことによる驚きよりも別の何かを感じていた。
 ただ、光はそうでもなかったらしい。
「どうしたんだ、光?
「なーん、でも」
 光はどこかご機嫌斜めだった。
 ただ、さすがの俺にも光の機嫌が悪い理由がわからなかった。
 それから交代交代に回していき、かなりの時間が流れた。
 格ゲーでここまで遊ぶことなんて今までなかった。
 前は二人で遊んでいたゲームも三人で遊んだらさらに楽しい。
 母さんが再婚して兄妹が増えるとこんなにも楽しいものなんだな、と若輩ながらもしみじみしていた。
「もうこんな時間だ。とりあえず下に降りようか」
 腹の虫が鳴きそうになり俺は二人の妹へと声をかけた。
 気づけば外は暗く、かなり長いことゲームに興じていたことがわかる。
 俺の声に賛同し、俺と二人の妹は部屋から出て、一階へと降りる。
 リビングへと行くと母さんと裕二さんの話し声が聞こえてきた。
 リビングのドアの一部はガラスになっておりそこから中の様子が伺えた。
 そろりと覗くと楽しそうに話す二人が見える。
 その様子を見て俺は胸が温かくなっていた。
 その後、話の腰を折るようで悪いと思いつつも俺はリビングへと入っていった。
「母さん。もうこんな時間だよ」
「えっ?
 俺に言われ母さんはテレビの上に設置された掛け時計を見る。
「あっ、もうこんな時間。早くご飯作らなきゃ」
 時刻は午後七時。



 裕二さんと紗英ちゃん来たのはおよそ午後三時。
 すでに外は暗く、一般的には夕食を取る時間になっていた。
 そうして母さんは大慌てで料理を作り始めていた。
1
5
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行