フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
二日後、霊斬は千砂の隠れ家を訪れていた。 「どうだった?」 「首謀者は名取右今。上様に献上する刀を捜していたらしい」 「……四柳に聞いて正解だった」 「四柳さんに?」 千砂が首をかしげた。 「刀になにか液体がついていたから、四柳に見せた」 「そうだったのかい」 千砂は納得したようにうなずいた。 「なら、あの刀は喜助から返さない方がいいかもしれねぇな」 霊斬は考え込みながら言った。 「そうかもしれないねぇ」 霊斬は千砂と別れ、店へ戻った。 霊斬は丁寧に三日かけて研磨を済ませると、床に寝転んだ。 ――鍛冶職人を殺す理由が分からん。それに、殺したところで得などなかろうに。装飾品まで買い占めたのは、組み合わせ次第で、ものになるとでも思ったのかもしれない。だが、安い鍛冶屋を複数、買い占める理由が分からん。 推測と疑問が混じり合い、霊斬は一人、顔をしかめた。 それから数日後、決行当日。 その夜、霊斬は黒の長着と同色の馬乗り袴を身に纏う。黒の足袋を履き、黒の羽織りを着る。同色の布で顔の下半分を覆うことも忘れない。黒い刀を腰に帯びると、修理した刀を持ち、袋小路へ向かった。 「れ……」 「大声で呼ぼうとするな、馬鹿」 霊斬は喜助から見えない場所で、声を出す。 「依頼された刀だがな、事情により預かる」 「修理は、したんですよね?」 「幻鷲がな」 「そうですか」 「あの刀の持ち主は?」 「知りません」 「そうか。もう、いけ」 喜助が去った後、千砂に声をかけられる。 「ここにいたのかい」 「それで、なにか情報は得られた?」 「なにも」 「乗り込むしか、ないようだね」 「ああ、いくぞ」 「はいよ」 霊斬は千砂とともに名取家へ向かった。 二人は屋根裏から屋敷に忍び込み、千砂が右今の部屋の真上まで案内した。 静かにしていると会話が聞こえてくる。 「他の鍛冶屋に頼んだだと!」 その大声は屋敷中に響き渡るほどであった。 千砂がそっと天井の板をずらして、二人で様子を見た。 「は、はい」 「そやつは誰じゃ!」 「幻鷲と、名乗る者でして……」 「毒でやられていたか?」 「それが先ほどまで様子を見ていたのですが、毒に《中|あた》ってはいないようで……」 「どいつもこいつも役に立たんな!」 先ほどから右今は、憤慨しっ放しである。 「申し訳ございません……」 「痴れ者が!」 床に額をこすりつけた家臣を、右今は抜刀して斬ってしまった。 どさっと重い音を立てて倒れ、畳が血で紅く染まっていく。 「早く片づけなければなぁ」 骸を前に暢気なことを言ってのけた。 その一言に千砂と霊斬は、頭の中でぷつんっとなにかが切れた音が聞こえた。 霊斬はさらに天井の板をずらして、右今の左横に飛び降りる。 「なに……」 霊斬は飛び降りるや、右今の首に刀を突きつけて言った。 「させねぇぞ。家臣を斬っておいて、周囲に助けを求めるなんざ」 「おのれ……」 右今はそうっと家臣を斬った小太刀に手を伸ばす。 それを見ていた霊斬は、距離を取る。 その様子を見た右今が悔しそうに顔を歪める。 ――こいつの刀だったのか。 太刀を持っていないことに気づいた霊斬は内心で嗤った。 「ほらよ」 霊斬は言いながら、修理した刀をぞんざいに投げる。 畳に転がったそれを拾った右今は、訝しげな顔をする。 「毒ならな、綺麗に落としてやった」 霊斬は布の下で冷ややかな笑みを浮かべて言った。 「貴様……!」 右今が抜刀し、首を狙って斬りかかってくる。 それをぎりぎりのところで受け止めた霊斬は笑みを深くする。布で隠れて見えないが、それは背筋を凍らせるような笑みだった。 渾身の一撃であるにもかかわらず、霊斬の刀は圧される様子がない。それでも力を込めると自らの刀が震え出し、かたかたと音を立て始めた。 「安い鍛冶屋を買い占めることで、出費を削りたかったのか?」 斬り合いの途中に霊斬が問う。 「……」 霊斬はそのまま刀を前へ向かって振ると、右今が体勢を崩す。まだ楽しみたいのか、右今に寸止めの攻撃を何度も仕掛ける。 「早く言えよ」 右今は挑発に乗り、怒りを募らせていく。 「貴様の、言う通りじゃ!」 右今の攻撃を脇腹に受けるも、霊斬の目は冷ややかなままだった。 「なら、ついでにもうひとつ。買い取った店の鍛冶職人を殺した理由は?」 刀同士がぶつかる固い音が響く。霊斬は再度口を開いた。 「口封じか? それとも……」 怒りと殺意に燃える刀と、遊びのように振るわれる刀が何度も斬り合い、互いの身体を傷つけていく。霊斬は、左腕、右脚、さらに脇腹を二か所傷つけられていた。対する右今は、右腕と、右脚、左肩を。 互いに息が荒くなっている。 畳は亡骸と、霊斬、右今の鮮血で紅く染まっている。 互いの動きが止まるも、出血は止まらない。 「答えろよ」 霊斬は冷ややかな声でそう言った。 千砂はその様子をひやひやしながら見ていた。ただ、霊斬の戦い方の変化に驚いてもいた。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行