フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
霊斬は、右今の右腕めがけて鮮血の付いた刀を振り下ろす。受け止めた刀を強引に押しつけ、じわじわと右肩に食い込ませていく。右今の右手が耐えられなくなるまで続けると、跳ね返す力がだんだんと弱まっていくのが伝わってくる。それに合わせ、刀の角度を変えると、右今の刀は畳に落ちた。それを見もせず、霊斬は右肩から腕までざっくりと斬り裂いた。返り血が飛ぶ。 「ぐうう……!」 右今はたまらず、畳に膝を落とす。 「我らのことを《探|さぐ》られぬために、殺した……」 右今の疲弊しきった声を聞き、霊斬は血の付いた刀をそのままに、右今を見下ろす。 その姿は、人斬りのようだった。 「己を守るために、罪のない鍛冶職人を殺めたわけか」 霊斬は溜息を吐いて、そう吐き捨てた。 ピーッと笛の音が聞こえてくる。 まだ刀をつかもうとしていたので、右足で払うように柄を蹴り飛ばして、右今から遠ざける。 霊斬は刀についた血を振り落とし、流れるような動作で鞘に仕舞うと、その場から去った。 その様子を見ていた千砂は天井の板を嵌め直すと、屋敷を後にした。 霊斬はその足で、四柳の診療所へ向かった。周囲は夜の帳に包まれている。 「こんな時間になんの用だ!」 「俺だ」 「なんだ、お前か」 相手が分かると先ほどの怒りを引っ込める。四柳は黙って奥の部屋に霊斬を通した。 霊斬が横になるのを待って、刀傷を診る四柳が呟くように言った。 「相変わらず酷いな。人斬りかお前は」 「人は殺めていない」 霊斬が即座に言い返す。 「まあ、いい。少し黙ってろ」 四柳はそう言い、薬草や縫合に必要なものを準備し、助手二人を呼びつける。身体を押さえるように命じると、治療を始めた。 それから数分後、いつも通りの格好をした千砂が診療所を訪れるが、声はかけなかった。 一時間ほどで脇腹の二か所の傷を縫合すると、汗を拭う。 霊斬は連続した痛みが一時引いたことを感づき、深く息を吐く。 「もう少し続くが、堪えろよ」 「おう」 霊斬が応じると、四柳は自分に喝を入れるため頬を張る。治療を再開した。 それから一時間かけて、すべての傷の縫合を終えると、薬草の付いた布を貼り、その上から包帯を巻く。すべての工程を終えるまで二時間かかった。 霊斬は上着を脱がされ、半裸の状態で横になっていた。 四柳は言いながら、包帯を巻いた左腕を出した状態で布団をかける。 「……終わったぞ」 「頭が割れるかと思ったぞ」 「そんなことが言えるなら、大丈夫だな」 四柳は苦笑して、前の部屋へ続く襖を開けると声を上げる。 「嬢ちゃん、きていたなら、声をかけてくれりゃあいいのに」 「治療の邪魔、したくなかったんでね」 「そうかい」 「四柳」 霊斬の掠れた声が聞こえてくる。 「どうした」 「俺が初めてここを訪れたとき、金貨一枚、払ったのを憶えているか?」 「ああ、今でも持ってる」 そう言った四柳に霊斬は苦笑する。 「千砂には……話したのか」 千砂の顔色でそれを見抜いた霊斬は、四柳に視線を向けた。 「駄目だったか?」 「いや、構わない」 即答だった。 ――それなら話は早い。 霊斬は内心でそう思った。顔をしかめた後、大きく息を吸う。 「霊斬、今はあまり喋らん方がいい」 「喋らせろ」 霊斬は怒ったように、ぼそっと言い放った。 「分かった」 四柳は、言っても聞かない霊斬の性格を理解しているのだろう、大人しく引き下がった。 「初めてここにきたとき、俺は――」 霊斬は当時のことを語り始めた。 まだ若かった幻鷲は、稼ぎやすい仕事を探していた。 生きるために盗賊まがいのことや、用心棒もやった。当時、仕事のなかった幻鷲はある武士に剣の腕を買われ、人斬りになった。 生きるために人を殺すことに躊躇いはなかった。 今まで仕事でしくじったことはなかった。だが、幻鷲自身が負傷したことだけが唯一の瑕だった。 幻鷲は一仕事終え、報酬を受け取りに戻った。 「暗殺終了いたしました」 幻鷲は片膝を立てて、頭を下げながら言った。 「ならばよい。報酬じゃ」 武士は金貨二枚を投げて寄越した。 それを拾い、幻鷲は音もなく去った。 次の仕事がいつくるか分からない。支障をきたさないために、仕方なく四柳の診療所に向かった。 そして、治療代として金貨一枚を置いていった。 話を聞き終えた四柳は呟いた。 「そうだったのか……」 千砂は言葉は発さないまでも、驚いた表情をしている。 その様子を見た霊斬は二人から視線を外すと、痛みに顔をしかめた。 「よく話してくれたな。ゆっくり休め」 「ああ。どれくらいで治る?」 「一か月すれば完治する。今日はここに泊まっていけ」 「分かった」 素直にうなずいた霊斬は眠りについた。 「しかし、霊斬の話には驚いたな」 霊斬の寝顔を見ながら、四柳が言う。 「そうだね。今と真逆じゃないか」 「いったい、どんな人生を歩めば、ああなるんだろうな」 「そうだねぇ」 四柳に同意する千砂だった。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行