フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
それから一か月後のある日、一人の武士が店を訪れた。 「刀の修理と、ひとつ、話があります」 「どうぞ」 霊斬はそう言い、武士を奥へ通した。 「ではまず、刀を見せてくださいますか?」 差し出された刀を恭しく受け取ると、刀身に視線を走らせた。すぐに鞘に仕舞うと、武士に向き合った。 「それで、話とは?」 「〝因縁引受人 霊斬〟で間違いないですか?」 「いかにも。人を殺めぬこの私に頼んで、二度と後悔なさいませんか?」 霊斬は静かな声で尋ねた。 「はい、兄に罰を与えてほしいのです」 霊斬は疑問に思い、尋ねる。 「なぜですか?」 「あいつは僕にないものをすべて持っているんです」 「たとえば?」 「地位や名誉、女房がいて仲がいい。僕なりに努力しているけれど、なにも報われたためしがない。あいつからすべてを奪ってしまいたい。殺してやりたいとすら思う。……でも、それは、できません」 武士は悔しそうに唇を噛む。 ――嫉妬か……。 霊斬はそう思いながら、話を続けさせる。 「昼に頼むうどんの値が自分のものより少し高かったり、家臣からの信頼も厚い。報酬を多くもらっているのは、普段の営みを見ていれば分かります」 霊斬は話を聞きながら、思案する。 「あるときを境に、少しずつ羽振りが良くなっているということですね?」 その言葉に武士はうなずく。 「それがまた苛立つんです。誰かに自慢するわけでもなく、自分のためだけにやっているというのが伝わってくるので」 「そうですか」 霊斬は冷静に、武士の怒りに歪んだ顔を見る。 「あいつは仕事をなんでも成功させて、出世していく。それなのに、僕はこのまま。そんなの、僕はもう耐えられそうにありません。お願いです。どうか、あいつに罰を」 「私ができることは、あなたの感情の矛先を、相手に向けることだけです。あなたは、罰を望んでいるのではないでしょう?」 霊斬は話を聞きながら、そう返す。 「僕は……あいつの絶望した顔が見たい。すべてを失くしたあいつの顔を。恨まれてもいい。僕がしたかったのは、あいつの――《宗崎|そうざき》 《従|じゅう》 《六|ろく》の笑顔を消すことだ」 こちらがぞっとするほどの笑みを浮かべた武士が、恍惚とした表情で語った。 「承知いたしました。では、一週間後に」 「分かりました」 先ほどの表情はどこへやら、冷静な表情を見せた武士は店を去った。 霊斬は先ほど受け取った刀を傍に置き、先ほどの武士の様子を振り返った。 ――嫉妬にかられる姿というのは男や女に関係なく、心が醜い証拠だな。それが表情にまであらわれてしまっては、自ら実行するか、ここにくるしか手はない。あの武士も、自らの手を穢してまでやろうとしたのかもしれない。 霊斬は再度、刀を見て思った。 刀には誰かを斬ったのか、傷つけたのかは不明だが、刃先に血糊がべっとりと付着していた。 霊斬は血糊を落とすところから作業を始めた。 それから数時間後、霊斬は休憩も兼ねてうどん屋へ向かった。 「いらっしゃいませ!」 千砂の元気な声に微笑しながら、霊斬は奥の席に腰かける。 常連客達が相変わらず、因縁引受人のことで大騒ぎしていた。 「因縁引受人、今度は鍛冶屋を殺した武家を成敗! だってさ」 「すごいじゃないか! なあ?」 「一回でいいから見てみてぇよ」 「なにを言っているんですか、そんなの無理に決まっているでしょう!」 千砂が怒る。 その光景に、霊斬が笑う。 「どうして、笑っているんですか?」 「あいつらのことは放っておけばいい。噂はいつか別のものにとって代わる」 「それもそうですね」 千砂は同意しつつ、騒いでいる連中に視線を向けた。 「かっこいいよなあ。因縁引受人って」 ――なんでそうなる? 霊斬はうどんを啜りながらそう思うものの、口には出さない。 お茶を飲み、うどんを食べ終えると、代金を置いて店を出ていった。 それから数時間後の日暮れ、霊斬は千砂の隠れ家を訪れた。 「千砂、いるか?」 「なんの用だい?」 千砂が顔を出す。招き入れられた霊斬は、どかっと胡坐をかく。 「傷はもういいのかい?」 「ああ。依頼が入ったぞ」 霊斬は端的に告げた。 「どんな?」 「兄に嫉妬する武士さ。対象は宗崎従六。そいつに関する情報すべて手に入れてほしい」 「なぜ?」 千砂は問う。 「依頼人が兄の絶望した顔が見たいんだと。歪んだ優越感に浸りたいんだろうよ」 「最低な男だね」 「まったくだ」 千砂と霊斬は嗤う。 「あまり、深入りするなよ」 霊斬が忠告する。 「どうしてだい?」 「ここ最近、俺の評判が、《裏|こっち》で有名になっている。俺と組んでいるのは、ばれたくないだろ」 「そうだねぇ。じゃ、ほどほどにしておくよ」 千砂はうなずきながら言った。 「ああ。二日で済むか?」 「あたしを誰だと思ってんだい?」 「そうだったな。では、任せる」 霊斬はそれだけ言うと、千砂の隠れ家を後にした。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行