フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 拒否は日に日に激しくなった。 「やだーっ! 絶対嫌!」 「うるせえ! いいから言うこと聞け!」 「それなら死んだ方がマシだよ!」 「死ぬ勇気も無いくせに馬鹿なこと言ってんじゃねぇよ!」 「そういえば蒼祁と朱兎はいつ帰るの?」なんて和やかに話していた今朝が懐かしい。本当に和やかだったんだよ。平和だったんだよ。  それが、トレーニングルームに入った途端……。 「あるよ! 死ぬ勇気くらい! バカにしないで!」 「なら今この場で死んでみやがれ!」 「ッ………」 「ほら見ろ。死ねないだろ。だから言うことを聞け」  呆れたように蒼祁が息を吐き、蘭李に拳銃を差し出した。けど、蘭李は顔をしかめてそっぽを向く。  トレーニングルームに入った途端これだよ。もうこのやりとりも、見慣れた光景になりつつある。  蒼祁に指摘されてから三日経った。その間、蘭李とコノハは蒼祁に全く近寄らなくなった。うちと同じく健治の家で居候してるから、二人が特訓しに来たら必ず会うんだけど……。  その避け方が尋常じゃなくてさ。常に警戒して、少しでも視界に入ろうものなら、魔法であっという間に逃げていった。ひどい時なんか、壁を壊してまで逃げようとしたもんだから、全力で健治に止められていた。あれはなんか健治が可哀想だなって思ったよ。  それが続いてたんだけど、ついに痺れを切らした……というか、イライラが頂点に達した蒼祁は、全力で捕まえにかかった。いつものように逃げようとする蘭李を、同じく魔法でスピードを上げた朱兎に捕まえさせ、見事拘束に成功。いやあ、物凄い早業だったよ。  ちなみにそのせいで蘭李は今、蒼祁の魔法で青い紐のようなもので足を束ねられている。コノハも人の姿のまま、手足を縛られていた。  鎖だったらもっと妄想が膨らんだのに……なんてうちは呑気に眺めていたけど、当の本人達はすごく必死だった。釣り上げられた魚みたいに、びちびちじたばた暴れてる。全くの無意味だけど。 「なんで蒼祁の言うことなんか……!」 「親切で言ってやってんだぞ。お前、剣技の才能は皆無だからな」 「うるっさいなあ……! あたしが生きようが死のうが蒼祁には関係ないじゃん!」  瞬間、冷たい視線が蘭李を貫いた。床に転がる蘭李は怯み、そんな蘭李の前でしゃがむ蒼祁。 「お前、本当何も分かってねぇな」 「はあ? 何が」 「なあ、お前だけの問題じゃないだろ。このままでいるって言うならお前、友達も見捨てることになるんだぞ。いいのか?」 「それはッ………」  蘭李の銃使いはすごい。だから、コノハじゃ無理でも、銃でなら誰かを助けることが出来るかもしれない―――蘭李が銃をまた使い始めたのは、そういう理由かららしい。たしかにそれは、すごく心強かった。  だけど、パニックになる蘭李を見ていて、「そんなに辛いなら無理しなくてもいいのに」なんて思ってしまう。だって、すごく苦しそうな顔するんだもん。それに、間違って殺されるんじゃないかって、ちょっと不安になるし……。 「何をもって、お前は自分や他人の命を諦めてる? 誰に何を言われた?」 「………………」 「まあ、誰っていうのは大方予想出来るが」  そう言いながら、ちらりと蒼祁が視線を移す。その先には、睨みを利かせたコノハが、蘭李と同じく床に転がっていた。  コノハが? 一体何を言ったんだろ? 蘭李が銃を使わなくなるようなこと? うーん、分からないな。 「諦めてなんかないよ。僕がもっと強くなればいいんじゃん」 「コノハだけ強くなったってしょうがないだろ。お前がいなかったら、また「あの時」の二の舞だ」 「もう絶対離れないし」 「そんなの不可能だ」 「不可能じゃないもん! あたしが手放さなきゃいいんじゃん!」 「今現在手放されてるだろ」  たしかに。呆気なく論破されちゃったね。ドンマイ蘭李。 「そ、蒼祁を基準になんか出来ないよ! 蒼祁めちゃくちゃ強いくせに!」 「俺でなくとも、お前とコノハを引き離すことくらい容易いだろ。この前の影縫だっけか? あいつにだって出来るだろうな」 「………否定はしない」  白夜の言葉に、蘭李は目を丸くした。  うん………たぶん、六支柱にとっても簡単だろうなぁ。残念だけど蘭李、今の実力差が大きすぎるよ。  蘭李はしばらく「うー……」と唸ると、何かひらめいたようにハッと顔を上げ、勢いよく起き上がった。 「じゃあ繋いでおけばいいんだよ!」  ――――――え? 「ホラ! たしかそんな魔法、魔導石にあったよね! 見えない首輪みたいなのつけられるやつ!」 「名案じゃん!」とはしゃぐ蘭李に、思わず体が震えた。自由な手でパチパチと拍手までしている蘭李に、こっちは鳥肌まで立つ。  な、何その魔法………聞いたことないよ? 見えない首輪なんて……。  それにそんなものつけられたら、コノハは………。 「いいね、それ」  ――――――――――――は? 「それならいつでも呼べるしね」 「ねー! ホラ蒼祁! 呪文教えて! あと魔法解いて!」 「ちょっちょっちょっと待って!」  堪らなくなって、思わず叫んでしまった。蘭李とコノハが、不思議そうにうちを見る。本当に純粋に、不思議そうに。 「なに? どうしたの? 雷さん」 「そ、それって本当にかけても大丈夫な魔法なの? 危なくないの?」 「危ない? なんでそんなこと言うの?」 「だって、首輪をかけるなんて聞いたら……」 「首輪をつけられた犬は、飼い主から一定距離以上は離れられなくなる。束縛魔法の一種だな」  割り込んでくるように、蒼祁が淡々と説明した。「そーそー!」なんて明るく聞いていた蘭李だけど、今のを聞いてもっと不安になった。  蘭李がコノハに依存してるのは、もとから分かっていた。出会った時からそんな感じだったし、魔具を持ってると自然とそうなるのかな、なんて思ってた。  だけど、今回のはさすがに……! 「やりすぎだよ蘭李! それじゃ、コノハは自由にどこかに行くこと出来なくなるよ⁈」 「大丈夫だよ雷さん。コノハ、もとから一人でどっか行ったりしないから」 「だからって……!」 「そもそも奴隷が一人で出歩くことないでしょ? 何の問題もないじゃん」  沈黙が、流れた。コノハを除いて誰一人欠けることなく、蘭李を凝視した。  それはそうでしょ。今の発言は、明らかにおかしかったから。  奴隷って………言ったよね? 「蘭李……?」 「ねーコノハー」 「そうそう。だから早く呪文の書いてある本貸しなよ」 「おい蘭李……!」 「あっ、それとも今から蒼祁達の家に突撃する? 出してくれないならこっちで勝手に探しちゃおっか!」 「いいねそれ」 「蘭李ッ!」  白夜が叫んだ。ピタリと蘭李が固まる。不安と疑念のこもった紫の目が、爛々と光る黄色い目を捉えた。 「お前………本当に蘭李だよな?」  いっそのこと偽者であれば、どんなに心安らぐか。本物を探しに行かなければならないが、この混乱はあっという間に解消されるだろう。  だけど、現実はいつも無情だ。望んだ結果なんて、そうそう来るはずもない。  それに、皆分かってるはずだ。 「何言ってるの? 当たり前じゃん。ハク、変なこと訊くねー」  ケラケラと笑うこの子は、コノハと楽しそうに談笑し始めるこの子は、紛れもなく『華城蘭李』だということを。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行