フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
「ごめん。まさか華城の霊が助けを呼びにくるなんて思ってなくて……」  まあ普通はそうだよな。間に合ったからよしとしよう。  直人が両腕を伸ばしてくる。反射的に避けたら、「ひどい!」と奇声を上げてきやがった。 「抱き締めてあげようと思ったのに!」 「いらん気持ち悪い」 「怖かっただろ?」 「怖くないわ」 「ここは、強がるところじゃないよ……?」と囁いてくるが、私の心臓は動揺するどころか沈静化していった。さすが私。伊達にこいつと過ごしてないわ。  私が何の反応も示さなかったからか、子供みたいにしょぼくれた直人は、睨んでくるカヤとマイを眺めながら呟いた。 「経緯はチビから聞いた。魔警察と双子を大人しくさせればいいんだろう?」 「僕はチビじゃないよーっ!」  直人の後ろからひょっこりと現れ、ぷんぷん怒り始める睡蓮。そこへ、秋桜がなだめに浮遊してきた。  睡蓮には蘭李も呼びに行くように頼んだんだが、それはちゃんと果たしてきてくれたのだろうか。不安も残るが信じることにしよう。  私はチラりと直人を見上げた。 「直人一人で出来るのかよ」 「実は今日、占いで一位だったんだ。何をしても上手くいくって」 「お前ってそんな奴だったっけ?」 「あの番組の占いは凄いよ。今のところ、的中率百パーセント。白夜も観てみるといい。朝六時に、チャンネル五番」  無理だわ。私そんなに早起き出来ない。占い観るためだけに六時起きなんて体ぶっ壊れるので諦めます。つかなんだこの会話。なんで私番組勧められてるの。しかも占いでって。緊張感の欠片もない。 「うわっ! 影縫直人! 見るだけで吐き気がするーっ!」  突然騒ぎ出すクウ。 なんの躊躇いもなくあんなに失礼なこと言えるなんて、あいつすげぇな。とても巫女とは思えない。  当然反応した直人は、クウと同じく嫌そうな表情を浮かべた。 「こっちの台詞だレズ巫女。アンタを見ると腐った林檎を思い浮かべる」 「何それどういう意味⁈ それならこっちは腐ったパイナップル思い出すよ!」 「喋るな。耳が腐る」 「さっきから腐る腐る言わないでよーっ!」  言い合いが低レベルすぎる。クウは知らんが直人は本当に年上なのか? これで? 世も末だな。  今にも飛びかかってきそうなクウを、マイがすかさず止めた。 「クウ。戦えないのだから下がって」 「あんなやつ、こてんぱんにしてよ!」 「最善は尽くします」  マイとカヤは緊張した面持ちだった。蒼祁も、探るような視線を飛ばしている。  やっぱり、直人って強いんだな。小さい頃からの知り合いだから、身近すぎて実感沸かないけど。  でも、まだ夕方にもなってないぞ? 直人の奴、一体どうやって渡り合うつもり……―――。 「………ちょっと待て。まさか直人、「アレ」やるつもりじゃ……」 「やるよ?」 「はあああ⁈」  私の叫び声に、周囲が驚く。私も驚きだよ。驚いて直人を殴りそうになったよ。 「馬っ鹿じゃねぇの⁈ それやるくらいなら拓夜とか連れてきた方がよっぽど―――」 「でもほら、こっちの方が早いから」 「失敗したらどうするんだよ⁈」 「大丈夫」  両肩に手を置かれ、私の目線に合わせるように直人は屈んだ。暗く輝く紫の目で、幼子に語りかけるように優しく笑いかけてきた。 「オレは、白夜を置いて死んだりしないから」  こいつ………マジでさぁ………! 「――――――馬ッ鹿じゃないのッ⁈」 「ってぇっ⁈」  殴った。思いっきり。頭を。直人は頭を押さえてうずくまる。  馬鹿かこいつは! 人のために死に急ぐようなことしようとしやがって! しかも……こんな恥ずかしいことっ……! 「変態かよ! 知ってたけど!」 「ええっ⁈ なんで⁈」  バシバシ叩いた。直人はされるがままだったが、何故か嬉しそうだった。 くそっ! なんだその反応! ムカつく! 「白夜ー? 顔真っ赤だよー??」  いつの間に移動したのか、雷が背後からにゅっと顔を出してきた。反射的にその顔を肘で突いた。悲鳴を上げて雷が悶える。 「いたぁあああッ!」 「怪我人は大人しくしてろッ!」 「白夜、オレに動揺してる?」 「いいからさっさとやれ! そして失敗しろ!」 「えええっ⁈ さっきまで心配してくれてたのに!」  うるせえ知らねえ。そんなの記憶に無い。早く犠牲になりやがれ。  ニヤニヤ笑う直人は、くるりと後ろを向いた。少し前に出て、魔警察と対峙する。 「さて。愛しの白夜の為にやりますか」 「いちいちキモい」 「くそ冷める茶番を見せつけたんだから、さぞ凄いことをするんだろうな?」  蒼祁のイライラ度もマックスに近いようだ。今までになく睨んできてる。その威嚇さえも嘲笑うように、直人は妖しく笑ってみせた。 「安心しろよ神空蒼祁。最強のお前にも勝てるって大好評なんだぜ?」 「ほお。それは楽しみだな」  沈黙が流れる。なんか急に緊張してきた。  たしかに「アレ」なら、蒼祁にも勝てるかもしれない。けど、失敗した時のリスクが高すぎる。私はまだ成功したことないし、直人だって去年辺りじゃないのか? やっと成功したのって。  本当に、大丈夫なんだろうな……? 「――――――始めよう」  直人が呟く。直後、肩に乗っていた烏が飛び立った。黄色い目を光らせ、天に向かって高く高く飛んでいく。その体は、黒いオーラで包まれていた。 「さあ来い」  次の瞬間、烏は急に方向転換し、急降下してきた。一直線に直人へと向かう。直人も顔を上げてそれを待っていた。  ――――――――――――ドクンッ  鼓動のような音を立て、烏は直人の胸から体内へと入った。烏は跡形もなく消え、直人は目を閉じて顔を下げた。  闇属性の召喚獣は、普通のそれとは少し違う。私達は昼間、魔法を使えない。だから、その余った魔力を有効活用出来ないかと、先人達は考えた。  そこで思い付いたのが、「寄生獣との共生」である。 『寄生獣』とは、寄生虫と同じように、別の生き物に寄生して存続する。ただしこいつの場合、対象が魔力を持つ生き物ではないといけない。  闇属性の先人は考えた。昼間我々が生み出す魔力を寄生獣に与え、ある程度を蓄えてもらえばいいのではと。  そう。つまり闇の魔力者は、寄生獣とある契約をした。 「朝昼の魔力はくれてやる。だがもし我々が危機的状況に陥った時、若しくは助けが必要な時。そんな時は、我々にその魔力を一度返してくれ」  それが、直人も行った『獣化』だった。 「ぐッ………あアァ………!」  獣のように唸る直人。誰も動かず喋らず、それを眺めていた。  一度に多くの魔力が体内に流れるんだ。普通は体が壊れてしまう。だから一部の闇属性達は、幼い頃からこの訓練をしている。不思議なもので、体ってのは慣れていくものらしい。ちなみに私もある程度なら耐えられる体になっている。  だが、問題は体ではない。体内に流入するのは、魔力だけじゃないから。  寄生獣も一緒に入れる、ということを忘れてはいけないのだ。 「静まれッ……!」  胸を押さえてうずくまる直人。だらだらと汗をかき、呼吸も上がっている。  寄生獣は、宿主を支配しようとする。意識を持っていかれそうになるんだ。そして持っていかれたら、もとに戻すのは非常に難しい。魔力を使い切られる前に何とかしないと、死んでしまう。  ――――――大丈夫………君は『白夜』だよ。  思い出した。昔のことを。幼かった頃の私を。  出来ればもう、やりたくないんだけどな……。 「はあ…………」  正常な呼吸に戻る直人。だがその背中は、小刻みに震えていた。ゆっくりと顔を上げ、魔警察を見据える。  次の瞬間、直人は地を蹴った。一直線にカヤへと向かっていく。カヤも直人へと駆け出した。 「カヤ! 気を付けて!」 「分かってるわよ!」  直人が右手を突き出すと、影の手が直人の右腕から伸びた。寸前で跳んだカヤは、火の玉を二つ投げる。同時にマイが走り出した。影に身を包んで爆発から逃れた直人。その影を解くと、背後からマイが鎌を振るった。直人がその場で回る。 「ッ………!」  刃先が喉に刺さる寸前で、鎌は動きを止めた。それは影によるものだった。直人の左腕から伸びる影の手が、鎌を持つマイの手首を掴んだんだ。さらに回った勢いで、右腕から伸ばした影でマイの首を掴んでいた。 「昼間なのに魔法が……⁈」  背後からカヤが炎を飛ばす。そこへマイと大鎌を投げ飛ばした直人は、バック転をしながら避けていく。着地したところで片膝をつき、両手を地につけた。 「悪いが早急に終わらせる」  直人が呟くと、私達やコンクリの破片、街灯などのありとあらゆる影が、直人の両手へと引き寄せられていった。カヤが背負っていた銃を急いで降ろし、直人へと狙いを定める。  直人は何をする気なんだ……⁈ こんなの、見たことない……。 「アンタを殺して終わりにしてやるわよッ!」  ワインレッドの目が光る。次の瞬間、轟音と爆風が辺りを包み込んだ。再び襲いかかる浮遊感と圧力に、顔を両腕で覆う。  やっぱあの銃チートだろ! 威力高すぎるんだよ! 直人大丈夫なんだろうな⁈ 避けた瞬間は見えなかったけど……!  やがて煙が晴れていく。皆が同じ場所へと注目した。 「―――――――――え?」  そこに、直人の姿は無かった。 「い、いない⁈」 「まさか、体が吹き飛んだんじゃ……」 「そんな……」  まさか………直人に限ってそんなこと……。でも、辺りを見回してもどこにもいない。  ってことは………本当に………? 「灯台もと暗し」  ――――――え? 今、上から………⁈ 「逆だけどな」  妖しく笑った直人は、カヤの真上にいた。右の手のひらには、小さな黒球が浮かんでいる。  驚くべきは、そこだけではない。  背中から、黒い翼を生やしているのだ。 「チェックメイトだ」  直人が、黒球を落とした。  ――――――――――ドォオオオオオンッ
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行