フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
プロローグ  「お化けを信じるか」と聞かれた時、おそらく多くの種類の答えを得ることが出来るでしょう。「信じる」「信じない」「先祖の霊は信じる」「怪談は嘘」なんて、ちょっと考えただけでも様々な返事を想像することが出来ます。  では、ここで質問を変えるとしましょう。「お化けは実在するか」。こう尋ねたとすると、きっとほとんどの方はこう述べるでしょう。「実在しない」と。 どれだけ先祖の霊を信じていても、毎年夏に肝試しに行っていたとしても、99パーセント近くの人は「実在しない」と答えると思われます。おかしい話です。「実在しない」と知っていても、我々はお化けを、幽霊を、妖怪を「信じている」のです。 今、科学が進み非科学的な物に信頼を置く人は減っていっています。にもかかわらず、幽霊にまつわる文化は過去途切れた事はありません。怪談は語り継がれるわけですし、先祖の墓を荒らすことなんて出来ないでしょう?それは「信じている」から他なりません。「知っている」のに「信じて」しまう。  アニミズムという、抽象物から無機物までなんでも無意識に擬人化してしまう考え方があります。ちょっと動いた気がする人形、果てはただの暗闇さえなにか得体の知れない正体があるのではないかと考えてしまいます。…無論、そんなわけは無い事は知っています。ただの暗いだけの道なのに怖い、それだけなのに帰り道を変えてしまうのです。  怪談の多く、特に都市伝説はそのいい例です。例えば「口裂け女」はそうでしょう。 ただ大きなマスクを付けた怖い顔の女性が居ただけなのではないかと、容易に想像が付きます。でもそんな安易な真実よりも、人々は彼女の存在を信じるために思考を凝らします。本当の正体よりも何故口が裂けたのか、様々な原因を用意するのです。 その証拠に、口裂け女の口が裂けた理由には諸説あります。整形手術の失敗説、交通事故に遭った説…。どうしてそんなことが起きるのか、それは語る人がリアリティを求めるからなのです。リアリティがあればあるほど信じる力が強くなっていきます。より身近になっていくのです。 この物語はそんなお化け、幽霊が存在すると「信じる」人がいるから始まります。妖怪(ごーすと)は信じられるから存在します。たとえちゃちな都市伝説でも、なにかあれば現実に見えるようになる。 学校のトイレから変な音がする…慣れているはずの帰り道を何度も間違える…怖い映画と同じ怪談が昔から存在する…そんな些細なことから。ただ、結局はちゃちな物語がスタート地点なのです。身近に起きることから始まっていくのです。どうか肩の力を抜いて頂きたい。  どうせお化けなんて存在しないんですから。 其之壱 トイレの花子さん編  トイレの花子さんは日本でもっともポピュラーな怪談の一つなのではないだろうか。  学校の三階、女子トイレを手前から順番に「花子さん、あそぼ」とドアを三回ノックする。すると三つ目の個室で声がする。逃げるとトイレに引きずり込まれるという怪談である。(諸説あり。)  何故三階で三回で三個目の個室なのかは分からないが、回数がきめられている辺りが怪談らしい。おそらくだが、最初は全て四だったに違いない。四は「死」である。だが、中学高校、勿論小学校でさえ校舎に四階以上があるとは限らない。妥当な所で三で落ち着けたのだろう。  最早トイレの花子さんの正体や由来は断定する事は困難を極めるわけだが、一部では三つ首のトカゲだったりともう何でもありである。あまりのそのポピュラーさにアニメキャラになったり、マスコット化したり…大人気である。  ここ《夕令|せきりょう》高校でも彼女に逢おうと、女子高生三人組が夜中に学校に忍び込んでいるのである。 「やば!夜中の高校ちょーこわいんですけど」 「ねぇ帰ろうよ~」 「いいじゃない、思いで作りましょ。どうせ花子さんなんていないんだから」  彼女らは夜中特有の高いテンションで騒いでいた。声を抑えようとはしているようだが、そんな配慮は無意味と言わんばかりに校舎に声が響く。  少し物音がするだけで飛び上がって立ち止まり、身体がぶつかるだけでまるでババ抜きでババを残された人の様に騒ぎ立てている。彼女らが三階の女子トイレにたどり着くまでに不必要に時間がかかったことは容易に考え付くと思われる。 「やば!ついちゃったついちゃった!!」 「え、ここあんま人来ないとこよね!?雰囲気こわっ!?流石ユーレイ高校!ほんとやばい」  夕令高校は正しくはセキリョウと読むのだが、別の読み方をするとユーレイとも読める。名前による因果かは分からないが、昔から怪談・都市伝説とは切っても離せない由緒正しい私立高校である。 「ねえ誰がノックするの?」 「私、やる」 「やっばぁ!超勇気あるマンじゃん」 「は?ウーマンだし」  彼女はヅカヅカとトイレに入っていくと、手前の個室のドアからノックをして行く。そしてお決まりの台詞を言う。 「はーなーこさん、あっそびましょ」  入り口にたむろっている二人から悲鳴にも似た歓声が上がる。その歓声に後押しされるように、彼女は二つ目のドアをノックする。それから、 「はーなーこさん、あっそびましょ」  今度は声が聞こえてこない。二人は固唾を飲んでトイレの中の彼女を見守っている。次…三番目がどうなるのかこそ気になるのだ。 「やるよ…?」 「うん」  心の中では花子さんなんていないと分かっているのだが、「もし…」と思ってしまう心理が働いている。少女らはやや緊張した顔付きになっていた。ドアの前の彼女の心臓の鼓動が喉から聞こえているのではないかと彼女自身が疑うほどだった。 コン、コン、コン 「はーなーこさん……あそびましょう」 「…」 「…」 「………………」  正確な時間は当事者の彼女らにも分からないが、五秒な気も三十秒なような気もする、とにかく数秒の沈黙がトイレの中に響いた。普段は気にもしないトイレの中のアンモニア臭が、やけに冷えたトイレの空気の中で強く鼻の奥をついた。 「んねっ、ほら、しょせん怪談ヨ」 「……はーい」  三人は心臓を握りつぶされたように固まった。  明らかに自分たちではない者が、返事をしたのだ。  それはか細い小学生のような可愛らしい声だったが、この真夜中に高校のトイレでそんな声が聞こえることがこの異常さを引き立てていた。 「…えっ?」  トイレの前の少女は、入り口の二人を指さした。 「…!」  二人はその意図を汲み取ったのか、首を横に振った。勢いよく振った。  するとそれを遮るかのように何かが軋むような音がする。三人は完全に動きを止める。謎の音の正体が分からないからだ。ただ個室の前に立っている一人だけはそれが何か直ぐに分かった。目の前のドアである。ゆっくりと少女の方にドアが開かれていく。 「……!」  扉が開かれた事で、目の前に何がいるのかようやくハッキリわかった。個室の便器の前に少女が立っているのだ。赤い帯の和服に身を包んだ背の低い少女である。  少女は上を見上げるとにこりと笑って言う。 「なにしてあそぶ?」  突然現れたその少女の無垢な笑みが、逆に彼女らを恐怖に陥れた。 「きゃあああああ!」  三人の絶叫はまるでマラソンで撃たれる号砲のようだった。彼女らは飛んでいくように廊下を走りだした。声が次第に遠くなっていく。 「まって…私と…遊ぶんじゃないの?」  少女、花子さんは廊下にふらりと出ると、彼女らが駆けて行った方を見つめた。それはまるでかくれんぼで自分が隠れているのに友達全員が解散してしまった時の様に、悲愴と恨みにあふれていた。 「許さない!」  その怨念を晴らそうと花子さんは彼女らを追いかけ始める。  花子さんは一階に降り立ち、角を曲がろうとした。その時だった。 「待ちなよッ」 「!」  彼女は腹部に衝撃を受け、勢いよく後ろに吹っ飛んでいったのだ。 「よぉ、はーなこさん。私と遊ぼうぜ」 「何するの!」  起き上がった花子さんの目の前に、少女が立っている。その少女はブレザーの下にピンクのパーカーを着た、銀色の髪の女子高校生だ。やや赤い瞳で花子さんを見下ろしており、手には何枚も札の貼られた木刀を携えている。 「“《Say hello |こいつが》to 《my little|ご挨拶だぜ》 friend”お嬢ちゃん。」 「あんた…誰?」 「私は《切崎|きりさき》メイ、大人しくしないと退治すんぞ」  メイは楽しそうに木刀をぶんぶんと振った。 「なるほど…戦いごっこという訳ね」  花子さんは踵を返すと、勢いよく近くのトイレに駆け込んだ。 「…あれ?おーい」  メイは突然自分の前から消えた彼女の動向を伺いかねていた。お腹が痛いのかな、と思った。  五秒ほど経つと、花子さんはトイレから出て来た。 「お前…その姿…」  花子さんは完全装備だった。《ヘルメット|バケツ》、《槍|モップ》、《爆弾|床拭いた雑巾》、《具足|作業靴》、《巻かれた包帯|トイレットペーパー》が彼女の体を包み込んでいた。フルアーマーである。 「私…戦いごっこでも負けたことないのよ」 「…こりゃ強敵だ」  メイは身構えた。それもそのはず、槍や爆弾などは一度喰らってしまえば衛生上よろしくないのは勿論のこと、精神的なダメージは計り知れない。《飛沫|・・》の存在も忘れてはならない。  メイは意外な難敵の登場に得物を強く握りしめた。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行