フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
―深淵の《滅悪種|めつあくしゅ》―  何故、自分は生まれてきたのだろう。  生まれてきた意味、意義、理由。  それらを問うたところで、答える者は誰もいない。  何せ今、この場所には己以外の誰もいないからだ。  自分以外の誰かに問うたところで、曖昧な返答すら返ってこないことはなんとなくだがわかっている。が、それでも意味を見出したくて堪らない。  自分は何故生まれてきたのか。何故生まれ、生きている。  生まれてきた意味、意義、理由。誰かこの質問に、疑問に答えて欲しい。  自分は一体なんのために生まれて、なんのために生きているのか。  生まれた意味、意義、理由は果たしてあるのか。ないのなら、死ななくてはならないのか。あるのなら、それはなんなのか。  知りたいという欲求は、留まるところを知らない。  自分は禁忌に禁忌を重ねた魔術によって作られ、生まれた存在。多くの命を触媒として、自分という存在はこの世に生を受けた。  生まれてすぐに誰かを殺した。  誰とも知らないまま、目の前にいただけのそれの首を折って殺した。  暴走だと周囲は言っていたが、自分には訳がわからなかった。  怖かった。  意味も知らず、今まで目の前で動いていたそれが突然動かなくなったことに、動かなくしたことに恐怖さえ感じた。怖くて仕方なかった。  だが彼らは、周囲は喜んでいた。  自ら命令に従って、目の前のそれを殺したことに歓喜していた。成功だと喜んでいた。  彼らの言っていることがわからなかった。  一体何が成功なのか、わからなかった。  それを知ったのは、数日後のことだった。  彼らは自分を実験場と呼ぶ多種多様の獣が閉じ込められている部屋の中に自分を《抛|ほう》り入れた。  彼らは言った、すべてを殺せと。おまえはそのために作られたのだ、と。  新たに入れられた自分を、魔物や怪物は餌だと思って襲い掛かって来る。  牙が、爪が、肌に食い込んで、切り裂いて、自分を食そうと凄まじい力で襲われる。  怖い、怖い、怖い。  恐怖で怯えるその《最中|さなか》、思った。  そうか、だから殺してしまえばいいんだ。  そのために生まれたというのなら、全部、全員殺してしまえばいいんだ。  暴走、と呼ぶのだろうか。  その力で獣を殺す。魔物を殺す。怪物を殺す。人間を殺す。  戦闘ですらない一方的な殺戮。  殺して殺して殺し尽した。命令されたが故に、それが自分の生きる意味だと信じて。  だがどうしてか、今度は誰も喜んでくれなかった。  そもそも、喜んでくれる人がいなかった。  そのときは理解できていなかった。  何故誰も喜んでくれないのか、誰も何も言ってくれないのか。髪の毛に絡みついた無数の死体を引きずりながら、少女は自分の存在価値を認めてくれる人を探す。  自分がその一切を殺し尽してしまったのだと気付かぬまま、探し続けた。  理解が及ばず、突如孤独になったことで寂しくて泣いた。  どうして? どうして、誰も何も言ってくれないの?  私殺したよ? 言われた通りに殺したよ?  これが私の生きる意味なんでしょ?  なのになんで、誰も何も言ってくれないの?  魔獣も魔物も人も施設も、何もかもを壊して殺したよ?  全部全部殺したよ?  なのに、なんで――  その後は一人で世界中を彷徨い歩いた。  向かって来る魔獣も人間も、殺しながら世界を渡り歩いた。  そうして生物を殺していく中で、様々なことを学んでいった。  最初に学んだのは、生物は他の生物を殺して生きているということだった。  故に自分はひたすら殺した。  殺して喰らい、殺して奪い、殺して作った。そうしてずっと生きてきた。  それを続けていくと、また一つの常識を学んだ。  この世界は天界と呼ばれる空飛ぶ国の人達が支配していて、その玉座に座る五人は世界のあらゆる知識と魔術を持っているのだと。  それを知って目標ができた。小さく、だが大きな目標だ。  自分はなんのために生まれてなんのために生きているのか、玉座に座る人たちなら、答えてくれるかもしれない。  誰も答えてくれない答えを、知っているはずだ。きっと答えてくれるはずだ。  だから行く、天界に。  天界に行って、玉座に座る者達に問う。それが彼女の夢となった。  そのために生きる。天界に行く方法を探さねば。  そのためにはまず殺さないと。  殺して殺して殺し続けて、殺し尽さなきゃ。  あぁ、いつになったら天界に行けるだろうか。果たして自分の得たい答えは貰えるだろうか。  胸の中が、痛いくらいに弾む。  その胸の中で渦巻く感情が楽しみだということも知らない少女は、空に浮かぶ国を仰ぐ。  胸の中に大望を抱え、いつか見る天界に至る自分と、そこから見える景色を妄想する。  そうして夢を見続けて、百年。  深淵の中で眠る少女、《滅悪種|めつあくしゅ》の夢は未だ続く。  その背には、漆黒の魔術刻印が刻まれていた。  戦争開始まで、あと一日。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行