フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 そこは、ビルの3階にある結婚式の二次会で使われることが多い広いスペースを持つ飲食店だ。  同い年の男女が200名ほど集まっている。俗に言う”同窓会”が執り行われている。  通常の同窓会では、会費を入り口で徴収するなどのことが行われるが、この同窓会では、受付に名簿があるだけで誰かが立っているわけではない。  心配した数名が、会場の設営をしてくれた者たちに確認をしたら、すでに代金の支払いが終わっていることや、進行や設営の指示は貰っているということだ。 『同窓会にお越しの皆様』  アナウンスが始まった。  席が決められている様子だ。皆が、受付に置いてあった紙を手にとって、自分の名前が書かれている席に座る。  異常な状態に気がついたのは数名だけのようだ。 「スズ」 「なに?菜摘?だよね?」  名前を呼ばれたのは、|九条《くじょう》|鈴《すず》。旧姓では、|宮前《みやまえ》鈴という女性だ。  名前を読んだのは、|太田《おおた》|菜摘《なつみ》。旧姓、|吉村《よしむら》菜摘だ。 「うん。久しぶりだね。スズは変わらないわね」 「そうだね。葬儀には行っていたけど、子供がまだ小さいから…。私、変わったわよ。年をとったし、結婚して、名字も九条に変わったわよ。菜摘こそ変わらないわよ」 「ありがとう。でも、小学校から考えると、体重では10キロも増えているし、子供も産んだし、名字も大田に変わったわよ」  二人とも。小学校のときのあどけなさはなくなっているが、あまり変わらない容姿を保っている、名前を言えば殆どの人間が解ることだろう。 「ねぇスズ。おかしいと思わない?」 「そうね。確か、幹事に名前が出ている、大島くんが死んだのは、2ヶ月近く前よね?」 「うん。それだけじゃなくてね。この席順…何か感じない?」 「え?」  鈴は、そう言われて、自分たちのテーブルを見たが、自分のテーブルには菜摘の名札以外は存在しない。  他のテーブルには、4-5人が座っているテーブルがある。テーブルは全部で、28卓ある。 「菜摘。これって…小学校のときの?」  鈴にはそれしか答えが見つからない。  小学校4年生に行われたキャンプの時にグループ分けに似ていると考えているのだが、事実グループ分けと殆ど同じなのだ。違うのは一点だけだった。 「でも、スズ。それなら…」 「そうね。|真帆《まほ》の・・ううん。なんでもない」  二人は解っている。   須賀谷真帆が自分たちのグループだったのだが、西沢と日野に連れて行かれたことを…。そして、そのまま行方不明になったことを…。  西沢と日野に真帆を連れて行くのを辞めさせなかった事を二人は今でも悔やんでいる。忘れたくても忘れることができない。特に、鈴は真帆の親友だと思っていた。  大人になってからも、鈴は旦那の|進《すすむ》を連れて、キャンプ場に訪れている。まだどこかに真帆が居るように思えてならないのだ。  真帆が行方不明になったときに、他の者たちは立花や西沢や日野が怖くて、先生には言わなかった。  しかし、二人だけは、担任だった杉本に、真帆を西沢と日野が肝試しのときに連れて行ったと正直に言った。その結果、二人はいじめを受けることになったのだが、3つ年上の後の旦那になる|九条《くじょう》進や九条の友達だった|真辺《まなべ》や|森下《もりした》や|篠崎《しのざき》らが対処することで”いじめ”は収束した。  しかし、その為に鈴や菜摘の住んでいる町では、旧住民と新住民との間にできていた溝が深まったのも事実だ。 「誰だ!こんな手の込んだいたずらをしたのは!」  立花が大声を上げながらテーブルを叩く。  立花たちが座っているテーブルには座席が7つ用意されていた。  立花/山崎/三好/西沢/日野/金子が同じ|班《グループ》だったのだが、7人ではない。  その7人目の椅子の名札が、”須賀谷真帆”と書かれていたのだ。 「そうよ!誰?こんなことをしたのは?宮前さん?それとも、吉村さん!」  急に名前を上がった二人に皆の視線が集中する。 「え?」 「なんのこと?」  ”バチィン”  会場の電気が消えた。  耳障りな音が鳴っている。  音がどこから聞こえたのか判断できる者は居ない。  女性の悲鳴が聞こえてくるなか、物音がしても気がつく者は居ない。  悲鳴が少しずつおさまっていく、別に火事が発生したり、自身が発生したりしたわけではない。突然電灯が消えて、耳障りな音がしただけだ。よく周りを見回してみれば、非常灯や案内灯は点灯している。 「電話がつながらないぞ!」 「出口も開かない!」  ”お静かに願います。主催からの依頼が有りました演出です。席にお戻りください。席にお戻りください”  会場内に、機械音と考えられるメッセージが流れる。  パニックになりかけた同級生たちが一斉に静まり返る。辺りは、非常灯だけが頼りだ。数名は持っていたスマホを明かり代わりにし始めている。  テーブルの上にあった、蝋燭に火が灯ったのはそんなときだ。  電灯の明かりではなく、火のゆらぎは人の精神を安定させる効果があるのだろう。  喧騒がおさまっていく。  皆が火のゆらぎを見つめている。集団催眠にでもかかった状態だ。  ”今、皆様は昔の班分けで座っていらっしゃいます” 「(やっぱり)」  鈴と菜摘は、お互いの顔を見る。  ”残念なことに、数名の方はご出席していただけなかったのですが、197名と5名の先生方にはご出席していただけました” 「(ねぇ菜摘。少しおかしくない?)」  鈴は、今の放送に違和感を覚えた。 「(え?なにが?)」 「(だって、この同窓会は、任意だよね?それに、主催は…)」 「(うん?)」 「(ねぇ菜摘。招待状が届いたのはいつ?)」 「(3ヶ月位前だと思うよ?川島くんの事故の前だったから…)」  川島という同級生が、この同窓会を主催したことになっている。 「(そうだよね?参加の返事は?)」 「(え?あ…そう言えば、不参加にして返信したけど、なんかわからないけど、予定が空いちゃって、参加することにした…けど?あれ?私…誰に連絡したのだろう?)」 「(それに、川島くん以外のメンバーも他界しているよね?)」  主催は、川島の名前だが、連盟で実行委員会が作られていて、数名の同級生の名前が書かれていた。  しかし、不思議な事に主催の川島だけではなく、実行委員会に名前が書かれていた全員が死亡してしまっているのだ。 「(あっうん)」 「(じゃぁなんで、今日出席しているのが、197名と5名の先生だって解るの?)」 「(…。それは、主催に頼まれた人が、数を確認したからじゃないの?)」 「(そうだといいのだけど…)」 「(え?なに?気になるよ?)」  二人は、顔を寄せ合って小声で話している。  他のテーブルでも同じように現状確認をしているのだろうか、話している内容はわからないが、何かを話している声が聞こえている。 「(ねぇスズ?)」 「(なに?)」 「(今ね。数を数えたのだけど…)」 「(うん?)」 「(先生は、6名で、同級生は210人だよ?)」 「(え?間違いない?)」 「(うーん。絶対とは言わないけど、200名は越えているよ?)」  菜摘の指摘の通りなのだが、鈴としては数が違ったからと言って、現状が何か変わることではない。  会場内に流れる声は、説明を続けているのだが何も頭に入ってこない。  飲み物に関する注意事項や食べ物に関する注意事項が話されていることは解るが、なぜそんな話をするのかわからない状況だ。  鈴は、会場に入る時に、何かのネタに使えるのではないかとボイスレコーダーで会場の雰囲気を録音している。なので、後で聞き返せばいい程度に考えていたのだ。会場に流れる声だけではなく、雰囲気が異様な状況になっているのを軽く無視したのだ。  ”…。長々と説明いたしましたが、注意事項は是非お守りください。それでは、25年後の再会を記念して乾杯したいと思います”  ”どうぞ、目の前のグラスをお持ちください” 「(え?)」「(なんで?)」  鈴と菜摘だけではない。  目を離したわけではない。暗闇に蝋燭の炎だけの明るさだったが、目の前のテーブルにグラスはなかった。  グラスだけではない。食事も用意されている。いつの間に用意されたのか?  グラスには、液体が満たされている。  鈴も菜摘も匂いを嗅いでみるが不快ではない。むしろ美味しそうな匂いさえもしている。  皆が蝋燭の灯りの中でグラスを手に持っている。  ”それでは、|乾杯《プロージット》!”
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行