フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
第二章 この《掌|て》ですくえるもの ―7月13日 日差しが日に日に強くなってきた―  ファウスと再会してから、ロイシェーセス《王立魔法大学|ロイヤル・ソーサリー・カレッジ》の学習室を借りて、彼に勉強を教わるのが日課のようになっている。 「今の君には、まず何より知識が必要だ。ま、六年分を一気に取り返すのは、流石に無理があるけどさ」 オレも、知らないことを知るのは楽しかったし、知識の偏りを自分でも自覚していたから、その申し出はありがたかった。  それに、彼が連れ出してくれることで、オレが目にしたことのない城の外の世界を、こうして拝むことも出来た。  城下街の大通りに目を奪われながら、二人で肩を並べて帰路を歩く。  重そうな荷物を宙に浮かべて運ぶ者。  人混みを避けて、垂直の壁を、屋根の上を、跳ぶように駆ける郵便屋。  城のメイドたちに負けないくらい、様々な場所で、様々な魔法が行き交う。  この国の不思議な光景は、何度見ていても飽きない。 「こうして二人で街にいると、何だか子供の頃みたいだな」 「はは、そうだね。ちょくちょく大人の目を盗んで、君を連れて外へ遊びに行ってたっけ」 「お前が転移魔法覚えてからは、色んなところ行ったよなー。お花見したり、泳ぎに行ったり」  今でも忘れられない懐かしい想い出に、しばし思いを馳せる。 「キミ、さっぱり泳げなかったけどね。あれから泳ぎ続けるくらいの体力はついた?」 「いくつの時の話してるんだよぉ!もう病弱じゃないって言ってるだろ!」 「ごめんごめん。あの頃のノリで、どうしても心配になっちゃうんだよね」  確かにこっそり遊びに出かけて、はしゃぎすぎた翌日に熱を出し、あっさり脱走がバレた事も一度や二度ではなかったが。 「でも変装役は、昔と今とで逆だよな」  ファウスが渡してくれた、胸元のブローチに軽く触れる。  今、端から見ればオレの姿は、まるで《ベガンダ人|ア カ シ ャ ー ン》のように見える。  この魔法のブローチによる幻術効果で、髪や肌の色を誤魔化して見せているのだ。 「僕達が一緒に居ると、どっちの国でも目立っちゃうからねぇ」  逆に、ファウスがニーザンヴァルトに居た頃。オレを街に連れ出す時には、彼がロクタームに変装していた。  オレ達の姿を人々に見られても、ごく普通の、どこにでも居る兄弟に見えるように。 「でも、あんまり過信はしないでね、それ。向こうと違って、この国の人は総じて魔法の才があるから、感づかれる可能性もないとは言えないよ」  “にいさん”が苦笑しながら、オレに釘を刺す。 「あ、そうだ。ついでに昼飯がてら、僕んちに寄ってかない?父さんたちも、キミに会いたそうだったしさ」 ― ― ― ― ― ―  急な訪問にも関わらず、ロクタームの《壮年|そうねん》男性は、《快|こころよ》くオレたちを出迎えてくれた。 「久方ぶりだね、ローセン。突然押しかけて、すまない」 「いえいえ、こちらこそ、もてなしの準備も何も出来ておらず。ファウス、お前殿下をお連れするなら、一言連絡くらいせんか」 「えー、僕は《乳兄弟|おと う と》と一緒に帰宅しただけじゃんー」  説教をかわしながら、ファウスが父親と向かい合うように居間のソファに座る。  たったそれだけのやりとりが、昔とちっとも変わりなくて、何だかほっとする。  オレもローセンにすすめられるまま、ファウスの隣に腰を下ろした。 「おい、ネレース!ラド殿下がお越しだぞ!」 「あらあらあら、ラド様?大変、今お茶の支度を致しますわね」 「そんなもの後でいいから、まずはご挨拶せんか!」  夫の呼びかけを受けて、台所からパタパタと、ファウスと同じ明るいオレンジ色の髪をした女性がやってくる。 「まあまあ、ラド様。ご無事で何よりですわ」 「ネレースも元気そぶっ!」  駆け込んできた勢いのまま、オレに抱きつくネレース。  ソファに腰掛けていたせいで、丁度彼女の腕の中に、頭を抱え込まれる形になる。 「《暫|しばら》く会わないうちに、こんなにも大きくなられて。こちらのお城の生活はいかがですか?セリナ様とは仲良くしてらして?」 「ちょ、ま、ネレ……っ!」  ぎゅうぎゅうと押しつけられる、その豊満な胸に圧迫され、柔らかさと呼吸困難で目を白黒させながらもがく。 「母さん、母さん。そのくらいで離してあげないと、ラド、今度こそ死んじゃうよ?」 「あらいやだわ、私ったら。ごめんなさいませ、ラド様」  苦笑する息子の一言で、ようやくネレースはオレを解放してくれた。 「相変わらずでしょ、母さんのおっぱいプレス。僕も油断してると、未だにやられるんだよねー」 「そういうところは、変わっててほしかった……」  故郷でオレの子守役を務めていた彼女は、昔からちょっと、スキンシップ過剰な所がある。 「ラド様、昼食はもうお済みになりまして?まだでしたら、ご一緒にいかがかしら」 「それを見越して帰ってきたんだよ。丁度街に出てたからさ」 「それで殿下」 「すまない、その『殿下』は、できればやめて貰えるかな」  ローセンの呼びかけに、オレはシチューをすくう手を止めて、苦笑いを浮かべる。 「この国じゃ、オレはただのセリナ姫のペットだし。それに、オレが生きていることが広まると、多分色々と面倒になるだろうから」 「承知致しました、ラド様。しかし、姫様には素性をお話しされているのでしょう?」 「いや……それがまだ」 「あら、セリナ様はラド様のことを、ご存じではありませんの?」  ネレースが頬に手を当てて、不思議そうな顔をする。 「初めて《遭|あ》ったときは、言うタイミングを逃して。その後は、敵の王子だとわかったら、首輪を着けられるよりも、もっと酷い目にあわされるんじゃと警戒して……」 「でもキミ、今は最初ほどセリナの事、悪く思ってないでしょ?何で未だに教えないのさ」 「こら、食べながら喋るなと、いつも言っとるだろう」  息子の行儀の悪さを、すかさずローセンが《咎|とが》めた。 「……言えないよ。人が傷つくのをあんなに恐れる《娘|コ》に、奪われた国を取り返す手伝いを頼むようなことは」  先日の戦を見て、気づいた事がある。 『女神の《聖唄|きようた》』は、絶対防御魔法と言われるように、外敵の侵入を阻む秘術だ。  あのように初手から開演すれば、ニーザンヴァルトの兵は、容易にベガンダに攻め込むことができない。  それは同時に、敵味方双方に、無駄に犠牲を出さないということでもある。  単純に片をつけるのなら、素直に兵に前に出せば、もっと早く戦闘を終わらせられるだろう。  あんなに消耗の激しい秘術を、一人で長時間行使し続けるよりも、その方がずっと楽なはずだ。  セリは、それを理解できないような、愚かな小娘ではない。  にも関わらず、ずっとあの戦法を続けているのだ。 「だけど正直な所、ずっと今のまま、防戦一方でいるわけにもいかないだろうな。抗魔兵が増えてるんなら、『女神の聖唄』はあまり意味がない」 「それは僕も、何度か進言してるんだけどねぇ。女王様として認めて貰おうとして、すーぐ一人で背負い込んじゃうんだよなぁ、あの子」 「そういえば、オレの初陣の時は、あの障壁無かった気がしたけど。あれはお前の作戦か?」  あの時の戦場は、両軍とも、普段とは流れが違っていた。 「あー、あれはね。そっちが接敵前に撤退始めたから、セリナが困惑しちゃって。うちのお姫様、予測不能の事態には弱いんだよねー」 「そうか。どうしてあの時、オレを無理矢理にでも生かそうとしたのか、ようやくわかった気がするよ」  敵兵のオレを唐突に勧誘したり、妙だとは思っていたけれど。  自分の対処が遅れたために、多くの血が流れたあの場で、これ以上命を奪いたくはなかったのだろう。 「ま、そのおかげで命拾いしたんだし。結果的には、セリナのペットになってラッキーだったんじゃない?ラドにとっては」 「そりゃあ確かに、ここに来てからの方が、色々充足してるけどさ。だからってこのまま、ベガンダに腰を下ろすつもりはないよ」 「ではやはりいずれは、ニーザンヴァルトにお戻りになられるおつもりなのですな?」  俺を見つめるローセンの目つきが、真剣なものになる。 「うん。母上のこともあるし、伯父上をあのままにはしておけない。何より、オレが王になれば、ベガンダとの和平だって可能になるんだし」 「だったらやっぱり、セリナに手を貸してもらって、共にゼングラム王と戦うのが一番手っ取り早いと、僕思うんだけどなー」  スプーンを口にくわえたまま、だらしなく頬杖をついてファウスが話す。父親の説教は耳を素通りだ。 「キミ、他に戦力のあてになりそうなコネなんて、欠片も持ってないよねぇ」 「う、で、でもこれはニーザンヴァルトのことだし!伯父上とは、俺一人で決着つけるべきだから!」 「あらまあ、そんなにセリナ様をご心配なさるだなんて。ラド様ったら、それほどまでにあの方が大切なのね」 「そういうのと違うよ!?」 「うふふ、おかわりお持ちしますわね」  何だろう、さっきからネレースのオレを見る目が、妙に優しいというか、生暖かいというか。 「ただ、知っての通り、今のオレにはわからないことが多すぎる。このまま国に戻っても、無能を《晒|さら》して、また誰かにいいように扱われるだけだろう」  《従兄上|あに う え》に全面的な信頼をおけなくなった今、あの城に俺の味方は、母上しか居ない。 「母上は心配だけど、伯父上に挑むには、今暫く時間が欲しい。あっちに帰ったら、ファウスに手助けして貰う訳にもいかないから」 「ま、そうだね。流石に宮廷魔術師引き抜こうってのは、セリナはともかくこっちの連中が、素直に首を縦に振らないだろうからねー」  本当のところ、一緒についてきて貰えれば心強いけれど。今のこいつには、こいつの立場がある。  だからその分、今できる手助けをしてくれているのを、再会してからのこの数日で実感させられている。 「では、ラド様がいつかベック様、いや、《ゼングラム王》に立ち向かう時に備えて、こちらでも準備を致しましょう。私のツテに、内密に話を通しておきます」  静かな物言いだが、伯父上に対する呼び方の差違で、彼の内心の怒りが伝わってくる。 「ありがとうローセン、助かる。本当は母上にも、オレが生きてることをお伝え出来たらいいんだけど……」 「それはちと困難でしょうな。シャーウラ様に文を届けるにも、あの城に潜入するにも、なかなか一筋縄ではいきますまい」 「だよなぁ」  そんな簡単に王城に忍び込めるなら、こんなに悩みはしない。 「だーからセリナにちゃんと事情を話してさー、レジスタンスのリーダーとして名乗り上げれば、シャーウラ様の耳にもきっと入るからさー」 「しつこいなぁ!なんでそんなにセリを戦わせたがるんだよ!」  流石にイラッときて、ファウスを睨みつける。  向こうも何か思う所あるのか、不機嫌そうな顔をオレに向けてきた。 「僕はキミたちのことを思って、助言してるだけだよ」 「革命戦争を起こせば、嫌でも多くの血が流れる。お前はそんなものを、彼女に見せつけろっていうのか!」 「キミはあの子のことを、何もわかってないんだ!セリナはねぇ……!」 「いい加減にせんか!!ラド様に無礼だろう!!」  立ち上がって今にもオレに掴みかからんばかりのファウスへ、ついに家長の《叱咤|しった》が飛ぶ。  《諫|いさ》められた彼は、ぐっと怒りを噛みしめると、きびすを返して戸口へと歩き出した。 「僕、先に帰る。どうぞごゆっくり」 「ファウス!!ちゃんと謝らんか!!」 「やだよ、僕悪くないもん。そんなに一人でやりたきゃ、勝手に一人でやれば?」  勢い任せに閉められたドアが、バタンと大きな音を立てる。 「あらあら?ファウスはもう帰ってしまったの?」  入れ違いに、シチューのおかわりを持ってきたネレースが、台所から戻ってきた。 「……なんか、ごめん。折角の一家《団欒|だんらん》だったのに」 「ラド様がお気になさることではありませんわ。でも、珍しいですわね。あの子がラド様と喧嘩するなんて」  温かなシチューを、一口。  さっきまであんなに美味しかったのに、今はもう味がしない。 (セリのことを、何もわかってない、か……)  確かに、彼女と知り合って、まだひと月。全てを理解しているとは言いがたい。  オレ自身が、彼女に身の上を明かしてもいないのだ。そんな誰とも知れない男に、全てをさらけ出すわけがない。  ……待てオレ。『さらけ出す』から、毎朝のアレを連想するんじゃない。  頭の中から、《艶|なま》めかしい映像を必死に叩き出す。  とはいえ、ファウスの言うようには、素直に素性を話す気にもなれなかった。  オレの正体を知ったら、セリはきっと自ら、ニーザンヴァルト奪還への力添えを申し出てくる。そんな確信があったから。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行