Before
 わたしに関わらないでください―――導かれるままにゲームをプレイすることになった『渚』。ゲームのクリア条件として、彼の守らなければならないキャラ―――『次代勇者』の少女と、彼は何とか出会うことができた。しかし、彼は困惑した。何故ならその少女は、自らの死を望む、死にたがりの勇者だったのだ―――。
かいり
(ID r9hykKTBRCOCE)
5.とある妖精の過去
死にたがりの勇者と守り人
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
11 分
死にたがりの勇者と守り人5…
14 分
アマガサ×ドロップ
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
海色の鯨第一章 色あせた夏…
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
8 分
物怪奇譚
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
8 分
僕たちはここに。
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
8 分
日常今・バーテンダー
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
8 分
ある青年の話
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
65 分
IRREGULAR;HER…
13 分
とある鍛冶屋の初恋物語1 …
14 分
とある鍛冶屋の初恋物語2 …
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
187 分
ときには、心休まる休息を
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
春雷お揃いの秋
20 分
FCWeelOfFortu…
10 分
FCWeelOfFortu…
11 分
初初詣デート私は男の子に告…
21 分
第一章 大いなる海竜種 1…
8 分
バカでも恋をする鯖
14 分
planetariumログ…
30 分
スマートフォンから始まる恋…
29 分
勇者を召喚したら前世の孫が…
12 分
俺の奥さん。先に〇〇とメイ…
22 分
鳥の夢
13 分
俺の奥さん。猫 後輩
14 分
この世界は絶望そして希望
8 分
表裏ラビリンス退屈な日常
25 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
12 分
風漂始まりの風
15 分
始祖の竜神と平凡の僕。2.…
17 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
15 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
29 分
ネバーエンド・ラブストーリ…
10 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
12 分
風の名前を探して Ⅳ
10 分
世紀末UFOビーチボール仮…
14 分
"自問"私と貴方、初めまし…
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
367 分
第一話EP.1 アルカスの…
105 分
水流のロック
334 分
治癒魔法でも治せない君の心…
19 分
転生した魔法少女3:私って…
10 分
青き空の中の赤き炎民宿レハ…
15 分
死にたがりの勇者と守り人3…
13 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
スマートフォンから始まる恋…
17 分
転生した魔法少女1:私って…
29 分
ちょっとだけ切ないストーリ…
35 分
夏のはじまりの日
34 分
クリスマスプレゼント
26 分
第一章 大いなる海竜種 2…
10 分
贖罪のブラックゴッド果てな…
24 分
二人のズッキーニはかたみに…
21 分
死にたがりの勇者と守り人4…
25 分
第一章 大いなる海竜種 1…
28 分
死にたがりの勇者と守り人2…
16 分
女、三人集いて
14 分
第一章 大いなる海竜種 …
61 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
14 分
夏休みの終わる世界―第一話…
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
「……え?ど、……どういう、……こと??そのひと……」
 
 目の前の光景に辛うじて出た声は喉に張り付いて掠れている。
 手に持った荷物を落とさなかっただけ、まだましだろう。
 
「なあに?貴女こそ、だれ?
 
 恋人と見知らぬ女が、仲良く裸で抱き合っている。
 女の声は甘ったるく、ありありとこちらを馬鹿にしているのが分かる。
 そして、猫撫で声なのが更に私の神経を逆撫でる。
 
「お前、この間もう来るなって言ったよな」
「……別れてって、言われなかったから……解らなかった」
「わざわざ言わなきゃ解らないのか。……もうお前には付き合いきれない。その手に握ってる合鍵置いて、さっさと出てってくれ。そして、二度と来るな」
 
 刺すような鋭い目で淡々と伝える恋人だった男。



 情すら欠片も残っていないようだ。
 
「っ……!
 
 私は手に握り締めていた鍵を相手に投げつけて、走り去ることしかできなかった。
 後々振り返って考えると、平手が握った手で一発叩いてもよかったかなと思っている。
 
 こうして、この日。
 突然に別れを切り出された。
 厳密に言うと心を砕かれ、捨てられた。
 
 * * * * *
 
 どれくらい走ったのだろうか。
 
 いつの間にか噴水の綺麗な広場に出た。
 時間も遅いので人気はなく、薄らと街灯に照らされている。噴水の水に光が反射して、キラキラと輝いている。
 
 噴水の見える位置にあったベンチへ腰かけた。
 座ったことで初めて実感したが、足から血が出ている。膝の怪我なので、夢中で走っている間にどこかで引っ掛けたのだろう。
 と言っても薄く切っただけのようで痛みはない。
 
 彼のために着たふわりと広がる、白い花柄が可愛らしいデザインの真っ赤なスカート。今日初めて袖を通したオフショルダーの白いニット。まだ秋頃なので上着は着てない。
 この服も、ピアスもネックレスも全て無駄。
 そして、彼の為に作ったこのバッグの中身も無駄になった。
 
 好物だと言っていたこの、鳥の唐揚げも。
 これら全てが、何もかもが!!
 私ただ一人の空回りで、無駄だったのだ。



 
 声を上げるなんてこんな夜に迷惑なうえ、彼奴のために喚くなんてみっともない真似したくない。
 だが、虚しさと哀しさと自分の馬鹿さ加減に勝手に涙が溢れる。
 ぼろぼろと、次から次へと溢れる涙に止めるすべもない。
 今更泣き顔を隠すのも馬鹿馬鹿しい。
 どうせ誰も見てないだろう。
 
「ねえお嬢さん、夜中に独りでこんな所にいて、どうしたの?危ないよ?
「……っ!
 
 声をかけてきた親切な人は、首を傾げて心配そうにこちらを見ているやたらと綺麗な顔をした騎士様だった?
 誰もいないと思って泣いていたのに、何故今人が現れるのか!
 
「……っ、もしかして、泣いてた?脚、怪我してるの?歩ける?……病院やってるかなあ」
 
 視線が合うと眉を顰め、矢継ぎ早に喋るこの男。
 実際は薄く切っただけなので、怪我が分かるわけはないので勝手に足を怪我して泣いてると判断したのだろう。
 夜なのでハッキリとした容姿は分からないが、薄暗くても解るほどキリッとした真面目そうな見た目。
 冷静そうに判断できるような見た目なのだが、どうやら勢いだけで突っ走る部分があるようだ。
 
「あ、あの!大丈夫、です。ご親切に、ありがとうございます。……脚はたしいた怪我はしてないので、大丈夫です。しばらくしたらすぐ、帰りますから。……あの、お仕事中ですよね?なので、お気になさらないでください」
「でも、女性が独りでこの時間に街を歩くのは宜しくないよ。……それともここで迎えを待ってるの?
「い、いえ。迎えは無いんですけども、ほ、ほんとに大丈夫ですので……!家も近いですし!あの、もう、放っておいてください……!
「あ、もしかしてワケあり?家出とか?



 
 話が全く通じない!!
 こちらの声を聞いてるのか聞いてないのか、定かではないが会話が成立してない気がする。
 
「……よし、ワケありならさ、家においでよ。なんだったら、手は出さないって誓うし。ほら、立って。早く早く」
「え、あの……ちょ」
「脚怪我してないんでしょ?さっさと歩く歩く」
 
 手首をぐいぐいと引っ張られ、『家出じゃない』と言っても聞きいれて貰えずに結局そのまま家に招かれた。
 そして、無駄になるはずだった料理を一緒に食べることに。
 そしてどうやらその料理で彼の胃袋を掴んでしまったようだ。
 
「君の手料理好きだなあ。……そうだ!一緒に住もう?
 
 一旦保留にしたはずのこの話は翌日には決定事項になっていた。
 非番なのか、彼からずっと質問されて結局帰れなかった私。
 いつ注文したのか分からないが、昼には家具と洋服が。何故かサイズがぴったり。
 流石にちょっと怖い。
 その翌日には、家が解約されていた。
 
 
 
 
 …………そう、彼はとても強引に物事を進める人だった。
 
 そうして、最悪な一日だったのが親切な人--とは言い難いかも知れないが--のお陰で怒涛な一日となった。
 
「ね、結婚しよう。これ今日中に書いてね。明日一緒に出しに行こう」
「……あの、私達まだ出会って1ヶ月」
「ほら、早く早く。文字書けるでしょ?



 
 必要事項は全て書いてある婚姻届とペンを手渡された。
 どうやら選択肢はyesしか用意されてないようだ。
 
「俺の事嫌いじゃないでしょ?…………え、もしかして、嫌いとか!?
「っ好きです好きです!
 
 だよねと嬉しそうに笑う彼は確信犯である。
 
 ドレスはどのタイプがいいかなー?
 と、人より悩む彼に一生この強引さに振り回される予感と、一生幸せな家族になれる予感がした。
 
 
 
 
 そうして電撃結婚を果たした訳である。
 後日結婚式で旦那様が国1番の英雄騎士様だと気付きちょっとした騒ぎになるのだが……この時の彼女は知る由もない。
1
5
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行