フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 見渡す限りの悲しさを、誰がわかることでありましょうか。  時の流れは止め処なし、心はじっと浮いたまま。  小さな光もあるのです。長い命と特別に―  ――――――――――――――――― 「変わったんだな、ここも」  彼は咄嗟に書いた詩をカバンの中へ入れると、みしみしと壊れかけた木の柵に腕を置く。その手はかじかんでいる、手袋もなく赤いままだ。そして壊れかけた街灯近くの時計は寂しそうにして夜の九時を指している。  高台から前をじっと見始めた。  夜の大都会。  昔とは異なるまさに未来というべき姿。ドローンという新たな配達手段が誕生して、せかせかと動いていたり。そしてそのドローンに目を追っていくと、なんとも巨大建築物の数々が目を覆う。曲線が綺麗に描かれて、全面ガラス張りで、らせん状で……ここは多種多様な建造物が共存している。手が届きそうだ。それほど大きく、どっしりと構えられていた。    白色、黄色、赤色。ビルの照明が目に映った。エレベーターには白色のラインライトアップで上下に動く、窓にはまだ明日を迎えられない人々が。遠くから見るといたるところにぽつぽつ、ぽつぽつ、そしてそこから光が出ている。 「……大変そうだな」  そっと顔を上へあげる。  まず目に入ってくるのは赤色の輝き。高層ビルの補助灯だ。  ゆっくりとしたスピードで、ついては消えついては消え同じパターンを繰り返す。このライトがより一層、建物を格式ばったものに仕立て上げてどっしりと重みを保っている。  ≪グゴゴゴゴゴゴゴゴグルルルルルルルル……≫ 「おっと」  耳をすませば飛行機の音。ドームガラスによって音が反響している。そして、その飛行機の背景は巨大な月だった。唯一昔から変わらないものではないのか。  平安時代のかぐや姫だってこれと同じものを見たんだ。今宵と同じ満月の夜に。  先ほどガラスドームと言ったが、この街は昔と変わり果てたところがある。  汚れひとつない透明なガラスのドームによってこの都市全体がすっぽり覆われているということ。これはこの街の政府によって建設が決められたことだ。有害な紫外線を守るなどと言った様々な用途に使われる。約一キロメートル上空にあるそのガラスを見ていると次第に、この世界がどれほど小さいかを知らせてくれる。悲しさだってある。檻の中へ入れられたようなそんな心境にもなる。  ボーっとしていると、目覚めさせるように冷たい風が黒色コートをひらりとなびかせた。 「寒いなっ……あっ後ろに確か」  そうして振り返るとまた、街並みが無限に広がり続ける。輝きは闇の美を失い、星もうばった。もうどこをみても華やかである。 「海があるはず」  そう声を零しまた、周りを見渡す。  ずっとその方角に目をやり探していると、見えた。いくつものビルの隙間から海が見える。船は……なかった。見えなかったのかはよくわからない。  遠くへ行くほどぼやけて見える。だから向こうの街の光も霞んでいる。海の向こうにも街はあるのか?どうだろうか。  昔とは随分変わり果てたこの世界の姿に失望して、目を強く瞑った。 「……なぜ俺は今ここにいるのか」  そう呟き、少しの苛立ちと寂しさをこめて足を泥に踏みつけた。  また、目を瞑る彼に嫌味たらしく光る灯は、この街と調和してより一層強いものとなった。 「ふぅ。もう終わり。明日もまた仕事だし帰って寝ようか。」  小さなため息を吐くと、彼は高台から降りようと近くの階段を探した。  ここは天国岩と呼ばれている。約五十メートル程の標高がある巨大岩。名前の通り天国に一番近い場所とされていた。しかし昔とは変わり、周りは大きな建物に囲まれて今は小さな物となってしまったのだ……。  しかし、ここから見る景色は時代を超えても格別で、まるで全ての様子が伺えるように……。周りは「落下注意」と書かれた錆びかけの看板と壊れかけた木の柵が置いてる。その柵から下を覗くとそこは険しい崖。このままでは非常に危ない。  ここにはもう、前のような管理人がいないためである。  この岩を誰よりもぎゅっとずっと大事にしていた、あの管理人。  時代は無慈悲に過ぎて止まることなしで、とっくに死んだ。仕方がない所もある。  逆にこの場所は一生残り続けるのではないか。今も電子音や繁華街のざわめきが街中で聞こえ、そんな世界になってもこの岩は残っている。  ここは唯一自分にとって昔を思い出させてくれる場所。  大切な人の死を受け入れたり、大切な人と一生付き合っていくと決めた時に、ここで思いを伝えたことも……。 「よし、本当に帰ろう」  非常階段のような薄緑の鉄階段を見つけると、そこへ向かってゆっくり歩き始めた。  こつこつこつ……とんとんとん。  彼が階段に差し掛かろうとする。  しかし女の人が突然、彼を呼ぶようにして肩をたたいた。 「小さな箱を落としましたよ」  彼は振り返ると、少し驚いた様子を見せたが数秒で落ち着きを取り戻して、そっとお礼を言った。 「ありがとうございます。落としてはいけないものを落としてしまいました」 「そう……。今渡せて良かった。」  彼とほぼ同じような年齢で長い髪、流れるように薄暗い黒のコート。そして白黒チェックのマフラーを羽織い、そして内面的な性格が、顔から出ていた。  なぜこんな場所に、彼と同じ三十歳程度の女性が突っ立っているのか……。  雑草だらけですっかり荒野になった、この天国岩なんかに来る人は珍しく、現代人からしたら「なんだこの気味の悪い場所は」とでも思っているのだろう。  そうすれば彼女は、昔から何か思い入れがあるのか??  そう彼は不審に思いながらも、ひそかに興味を示していた。  なにか、新しい発見があるのではないかと。そう信じて。 「……ここへは良く来るのですか?」  思い切って話しかけて見る。 「……」  しかし彼女は何かを考えているようでじっと前を見つめていた。  目をまんまるにして、あの連立する超巨大ビルをじっとずっと眺めていた。 ―――――――――――――――――― 「……」  まだ崖の向こう側の風景をじっと見ている。  もう一度彼は、沈黙の彼女に聞いた。そっと静かに、機嫌を伺う様にして。 「あの…..こんなところへ来る人はめったにいません。なにかありました……か?」  自分と同じ運命の人だと仲間を見つけるように、彼は問いかけた。そして自然と言葉に出て来たから焦りも隠せずにいる。 「……あなたも何かあったの?」  すると彼女が声をこぼした。そっと。 「まあ、そうですね……」 「……そう」  この人も何か壮絶な過去があるのかと考えた彼はおおきな挑戦をした。 「僕はここを見ると安心します……。この天国の岩は、昔からずっと残し続けてくれていて……一味違う壮絶な過去も、すっかりいい方向に変わっている感じもして」  独り言のように彼はつぶやくと、彼女はそれに続くようにして話した。 「ここもすっかり古くなったわね……。天国に一番近いというのはもうだいぶ昔のことで、今となればそこらの都心ビルがどんどん追い抜かしているわ」  ため息をつくのかと思えば、なにもせず、街を見下ろしている。 「あの……あなたは何故ここにいるのですか……?」  あらためて彼はもう一度、より真剣に聞いた。 「時間という概念を超えてここへ来た……。大切な家族を置いてきてね」  また無口になるのかと思えば、今度はあっさりと答えた。  彼には壮絶な過去があると分かったからか。どこかで仲間の意識があったのかもしれない。  ここで、二人は初めてつながったのである。過去と今を隔てていた壁を取り払う様にして……。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行