フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 こんにちは。私はさきです。
 普通の家庭に生まれた普通の女子中学生です。
 私には高校生の兄がいます。頭もキレてそこそこ顔もいいです。でも、大きな欠点がひとつあります。それは、極度な「潔癖症」なのです。
 これからの物語はそんな私の兄、さきゆうの物語です。
「おーい!ゆうまー!
 今日も聞こえる平凡な声。
「なんだよ、あきらー。」
 その声の主、とりあきらは俺の親友だ。小さい時から親も仲が良く小さい頃からいつも遊んでいた。
 いわゆる幼馴染みというやつだ。明とは普通に接触しあえるくらい仲がいい。
「ゆうまー?まだ潔癖症治らないのかなー?そこそこいい顔してんのにもったいねーぞ!
 そう言っていつものように俺を潔癖症のことでイジってくる。おまけにバシバシ叩いてくる
「うるせーな!そんな簡単には治んねえってーの!
 そう言って今日もいつものように返す。



 そんな日常がずっと続いていく。そう思っていた。
 今日の帰りは明が部活のため1人で帰ることになった。
 その帰り道、俺は気づかなかったが1人のおばあさんが近づいてきた。
「奥村って人の家を知っているかね?
 俺の肩に手をやり訪ねてきた。俺はびっくりした。
 その肩に感じるのは生暖かい人の感触。俺は無意識に飛び逃げた。
 その行動は相手を怒らせるほど失礼だったと自覚した。するとそのおばあさんは言った。
「じゃあ…あんたでいいわ。」
「はぁ?
 俺は意味が分からず考え込んでいた。
「こういうことだよ」
 ッ!!
 瞬間、周りが真っ暗な闇に包まれた。
 目の前にはおばあさんしか見えない。
 そのおばあさんはなにかボソボソつぶやいて手のひらから緑色の炎を出しこっちへ投げつけてきた。
 特に速いということではないが突然過ぎて回避出来ずに当たってしまった。そのまま俺の記憶は闇へと沈んだ。
「…さん!
「………」
「…いさん!
「………」
「兄さん!!
「りあ?
 俺は目覚めた。
「どうしたの?フラフラ家に入ってきてはぶっ倒れて!
 俺はそんなことをしていたのか?記憶はないがそうだったらしい。
「梨彩、もう大丈夫だ。迷惑かけて悪かった。」
「あーよかった!兄さんに何かあったらどうしようかと思ったよ!そーいえば兄さんカラコン始めたんだね。」
 あやかはそう言って部屋から出ていった。
 …………ん? カラコンって何のことだ?そう思った俺は洗面所へ向かった。
 へ?なに?この目?その目はドス黒い赤色をしていた。



 俺は唖然となりポッカリと口を開けた。
 ッ!!
 なんだこの口?!
 口を開けて早速見つけたものは…………鋭く尖ったキバだ。
 赤い目に尖ったキバ。最初に頭に浮かんだのは
「吸血鬼……」
 俺はまた倒れた。
 そしてさっきのようにまた妹の梨彩にと同じやりとりをした。
 
 
 思い当たることは特にない。あるといえば夢として切り捨てていたあの出来事だ。
 そう、おばあさんとの不思議な出来事。
 それしかないと思った俺はおばあさんと出会ったところへ戻ってきた。
 だがやはりいつも通り普通だ。
 おばあさんを探しだすしかないらしい。
 近所を駆け回った。3時間くらいだろうか。
 そこでもう一つ思い出したのがおばあさんと関わったきっかけだ。
 奥村………。
 俺はこれまで無いほどのスピードで1つの場所へ向かった。
「菜々ッ!!
「………………どした?そんなにあわてて」
 行っている学校は違うがこいつが明ともう1人の幼馴染みであるおくむらだ。
 恥ずかしい話、俺が他人で触れることができるのは明と菜々くらいである。
「あれー?ゆ悠真ったら私に会いたくなっちゃったのかなー?
「待ってくれ!突然来たのは悪いけど、今はそんなこと話してる場合じゃない!
「ちぇっ、つまんないのー。じゃあご要件は?
 俺がこんなに慌ててるのにいつも通りのマイペース。
 彼女は性格が明るく結構男にモテるらしい。実は俺も前から菜々のことが……
「少し前におまえの家におばあさんが来なかったか!?
「んー?そんな人はうちには来てないけど?
 いつものマイペースで菜々が答える。
「そうか、いきなりごめんな、ありがとう」
 そう言って菜々の家から離れようとした途端。
「悠真、なにか困ったことでもあるの?



 菜々は普段、あまり考えごとをしているようには見えないが人の感情を察するのがとてつもなく早い。
 でも菜々にはこんなことは言いたくない。
「いや、何でもないよ。心配してくれてありがとう。じゃあ俺は帰るから…」
「まって、それ。悠真のいつもの悪い癖。何かあるなら私に相談して?
 ギュッと俺の服の裾を掴んで言った。それも普段とは裏腹に真剣な眼差しで。
 明日、明に相談しようと思ったが、明に相談したら爆笑されて信じてもらえないのが目に見えてきた。だったら…
「ありがとう。じゃあ聞いて欲しいことがある。少し聞いてくれ。」
 こうして俺は彼女の家に入っていった。
 菜々の部屋で学校の帰りの出来事を話した。
 おばあさんに出会ったこと、家で倒れたこと、そして、吸血鬼になったこと。
 俺は目を大きく見開いて赤黒く光った目をみせ、口を開け鋭い牙がついた歯を見せた。
「こんなことって、あるんだね…」
 菜々は明らかに動揺しつつも真実を受け止めてくれた。
「これからどうするの?そんな牙人に見られたらおそらくタダじゃ済まないよ…」
 真剣に自分のことを考えてくれているのを見て俺は正直ホッとした。
 もっと驚いて逃げてしまうほどだったらどうしようかと思っていた。
「んで、そのおばあさんって私の家に用があるって言ってたの?
「そこは正直俺もわからない。でもたしかにお前ん家を聞かれた。ここら辺で奥村といったらお前しかいないしな。」
「うん。そうだね…」
 自分の気も紛らわせたいと色々な話をしていたが、彼女はとても深刻そうに悩んでくれていた。
 そんな様子を見て少し嫌気が差してきた。もう2時間近くになってしまう。
「じゃあ俺はそろそろ帰るよ。長居してごめん。聞いてくれてありがとう。」
「あっ、もうこんな時間か!こっちも無理やり聞こうとしてごめんね。」
 そうして、菜々が玄関まで見送りをしてくれた。
「悠真、何かあったらすぐ連絡して。バイバイ。」
「うん、ありがとう。じゃあね」
 別れの言葉を告げて俺は家に帰った。
1
4
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行