フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 序.付喪神神社
 
 むか~しむかしあるところに
 付喪神神社と呼ばれる神社があったそうじゃ
 
 なになに
 付喪神を祀っているのかって?
 いやいやまさか(老爺は肩を揺らして笑う)
 
 その神社は山神様を祀る由緒ある神社での
 神社の名前も山の名をとって――
 
 そうそう
 確か朝日山神社という名前で山の麓辺りにあったそうじゃ
 
 ある時
 時の神主様が骨董に大変はまってしまったらしくてのぅ



 日本のあちこちからこれはという骨董品を神社に集めていたそうじゃ
 それを聞いた村人や立ち寄った旅人たちは
 
「あそこの神社は怪しい器物を預かってくれるらしい」
 
「あそこの神社は呪いの人形を供養してくれるらしい」
 
 なぁんて尾ひれをつけながら口々に噂をしてのぉ
 その噂を聞きつけた人々が
 
 やれこれを預かってくれ
 
 やれこれを供養してくれ
 
 なんて送ってくるようになったものだから
 日本全国から色々とまあ怪しげな物が神社に届くようになった
 
 神主様もそれを断りもせずに受け取って供養をするものだから
 どんどん物が増えていく
 
 それだけでなくての
 いつからか
 
「神社で怪しい影を見るようになった」
 
「神社で誰も居ないのに誰かの話し声がした」
 
 なぁんて口の端に上るようになってのぉ
 人々は皆一様に
 
「神社に集まった器物が付喪神に化けたらしい」
 
 なぁんて言いあったそうじゃ
 



 それでの
 いつしかこの神社は
 付喪神神社と呼ばれるようになったらしい
 
 さて
 この神主が生きているうちはまだいい
 器物集めは神主の趣味じゃからの
 
 ところが
 神主が老齢で亡くなってしまうと
 そのしわ寄せは息子ではなく孫娘へといってしまったんじゃ
 
 この孫娘は名を千春と言うての
 父親の代わりに祖父が残した器物や、いまだに届く曰く付きの品を
 一人で管理しておったという話じゃ
 
 この娘
 時折妙なことをしておってのぉ
 
 一人でなにもいない空間に話しかけたり
 怒鳴ったりしておったんじゃ
 
 さてはて
 この娘は一体誰と話していたのか
 
 もしかしたら
 この娘の目には本当に付喪神がみえておったのかもしれんのう
 
(『付喪神神社』ある老爺の昔話より)
 
 
 
 
 



 一対の蓮華
 
 母屋から社務所に通じる廊下の傍らに、池がある。
 元からこの地にあった小さな池だそうで、ここを神社として整備する際、池はそのまま、住居をその傍に構えたらしい。
 
 そこでは紅白の蓮が一本ずつ、毎年綺麗な花を咲かせていた。
 
 
 
 たまたま廊下を通りがかった千春の耳に、聞きたくもない声が聞こえた。
 その声に引き止められるように、千春は足を止める。
(ああ……無視したい……)
 白い袖を揺らしながら千春は額に手を添え項垂れた。
 これ以上、厄介ごとを抱え込みたくない、というのが彼女の本音だ。
 しかし、彼女の願望とは裏腹に、声は途切れることなく響いてくる。
『おーい……おーい……』
 ここで千春が無視をするのは非常に容易いなことなのだが、後のことを考えると、どうしてもここで対応しておいた方がいい。
 忙しい(自称)父親や、自分ほど視えていない母親になにかを言われるのは、巡り巡って自分の不易に繋がる。
 その上、他の付喪神たちはきっとすでに気づいているだろうし、ここで無視すれば奴らに付け入る隙を与えることになってしまう。
(それは絶対無理。嫌)
 しばらく静止して葛藤した千春は、後ろで一つに結った髪を揺らしながら深い深いため息をついた。
 吐いた分息を吸い込み、下腹に力を込め、気合いを入れる。
「よしっ」
 覚悟を決めると緋袴を翻し、池を見渡せる手摺を掴んで池を覗きこんだ。
「呼んだ?
『ああ、やっと届きました』
『ああ良かった、届きました』
「で、誰?
 姿が視えない。成りたてでまだ視認できるほどの力がないのだろう。



『私はこちらの蓮です』
『私はこちらの蓮です』
「うんどっちがどっちかよくわかんないけど、そこに咲いてる紅白の蓮が貴方たちね。ってことは、かずと同じ植物の精の類ね」
 器物も百年経れば魂が宿る――と言うように、付喪神として化けるのは、器物と思われがちだが、植物も例外ではない。
 道具だろうと生き物だろうとなんだろうと、百年といわず長い年月が経つとこうして不思議な力を得るものなのだそうだ。
 昔、祖父から祖母が蓮の種を池に植えたと聞いており、その時の大体の時期から計算して成るならそろそろだろうとは考えていたけれど。
 ――本当に成らなくてもいいじゃない。
 そんな千春の心情など察する訳もなく、二本の蓮は「花蕊」の名に反応する。
『小さい方が話していた桃の木の精ですね』
『市松模様の方が話していた桃の木の精ですね』
(ほらやっぱり、もうそうせつに会ってるじゃないー!
 市松模様で通じる相手などあの付喪神しかいない。一番厄介なお喋りに接触されている。
 先延ばしにせず話しかけておいて良かった、と千春は心底安心した。
 しかしそうなると、どうせ次に彼らの口から出てくる言葉など決まっているのだ。
『あなたが千春殿ですね?
『我らに写し身を頂けないでしょうか』
 ああやっぱり。そのお喋りな付喪神が吹き込んだのだろう。
 付喪神達は元々化ける能力を持つから付喪神と呼ばれる。
 色々な理由から人の姿を取りたがるが、人をよく知らないからか、どうにもうまく人の姿を取れないものが多い。そういう時、彼らは決まって千春が考えた人の姿を参考にして化けるのだ。
 ガクッ、と手摺に突っ伏しそうになるのだけはなんとか堪える。
 さわさわ、と何かの気配がして千春は柏手を一つ打った。
「はい待った!
 千春の一言に気配はするすると引いていく。
「いきなり貴方達の姿をください、って言われてすぐに用意できるわけがないでしょう。ちゃんと貴方達にあった姿を用意するのは約束する。で、見た目の性別に希望はある?
 これに答えは返ってこなかった。



 人間の性別をそもそも理解してないかもしれない。
「わからないならこちらで勝手に決めさせてもらうわ。呼び名はそうね……、紅い方が紅蓮、白い方が白蓮でどうかしら」
『私が紅蓮』
『私が白蓮』
『良い名ですね』
『ありがたき名ですね』
(あ、先に話してた方が紅い蓮だったんだ)
 ようやく区別がついたところで、千春は紅蓮と白蓮からお礼を告げられる。
 それから二、三質問をして、後日、用意ができたら教えにくると伝えて千春は池のそばを離れた。
(あの場で適当に考えて決めると他愛ない姿になっちゃうからね。どうせ付き合うなら、あたし好みのとびっきりのイケメンに仕立ててやる!
 千春はヤケクソのやる気だけを出して、やりかけの仕事をこなしに社務所へと姿を消した。
 
(『紅白の蓮の付喪神』付喪神物語より)
1
5
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行