フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 俺、霧雲晴太はもの凄く普通の、サラリーマン、収入も高いとは言えない、顔もとてもイケメンとは程遠い顔立ち。
 ただそんな俺には、一つだけ普通じゃないことがある。
 それは、大学の時に付き合って、そのまま結婚した、奥さんが、一週間に一度だけ、男の夢を叶えてくれるという、性格を持っていることだ。
 今日は週の真ん中の水曜日、いつも通り会社でこき使われ、電車に乗り自分の家に帰ってくる。
「ただいまー」
 そう言いながらドアを、開けるとそこには、奥さんが立っていた。
 エプロン着て、髪を胸ぐらいまで伸ばしている彼女が、俺の奥さん、霧雲雨沙だ。
「おかえり」
 雨沙は毎日、笑顔をそう返事をしてくれる、これが、俺が生きていける一つの要因でもある。
「先お風呂入っちゃって」
「うん、わかった」
 いつも通りの会話をしながら、お風呂に入って行く。
 お風呂から出てリビングに入って行く。



 リビングには、美味しそうな料理が並んでいる。
 夜ご飯は毎日、雨沙が手作りしてくれている。
 先に机の前に座っていた雨沙が。
「早く食べちゃおうよ」
 そう急かしてくるので、急いで席に着く。
 その後料理を食べながら、今日会社であった事を話す、これが我が家の日常だ。
 ただ一週間に一回だけ、少しだけいつもとは違くなる。
 料理を食べ終わり、二人同時に。
「ごちそうさまでした」
 いつもならここで、雨沙が食器を片付け始めるのだが、今日は違った。
 雨沙が立ち上がり、テレビの前にあるソファの上で正座をし始めたすると、雨沙が喋り出した。
「晴太、こっちきて」
 無表情で言ってくる、なんだろうと思いながらも、言われた通りにソファに行き座った。
 すると、雨沙が雨沙自身の膝をトントンと叩きながら。
「ここに寝て」
 そう言うと、こっちを早くという目で見てくるので、言われた通り雨沙の膝に頭をつける。
「これが今週の?
 雨沙の顔を見ながら質問をする。
「うん! そうだよこれが、今週の男の夢、膝枕!
 笑顔で彼女はそう言った。
 そうこれが、自分が毎日生きていける理由の1つ、そして、我が家の一週間に一度だけ起こる変な事。
 その原因は雨沙の男の夢を叶えたいという変な性格のせいだ。
 ただまぁこちらが不利益になることはないので、そんな変な性格も放置している。
 そんな事を考えていると、雨沙が俺の頭を撫でながら。
「今日もお疲れ様、二人の生活のために、毎日毎日お仕事本当にお疲れ様」
 雨沙は笑顔でそう言ってくれた。
「こちらこそだよ、毎日会社から帰ると雨沙の笑顔があって、それだけで癒されるのに、毎日美味しい料理まで作ってくれて、まぁ時々だけど、こういうこともしてくれて、ありがとう」
 雨沙の顔見ながら、こんなこと言うのは久しぶりだったので、少し恥ずかしかった。



 すると雨沙が、俺の耳元に顔を近づけて。
「久しぶりに晴太から、こんなこと聞けて嬉しい! だからこのタイミングで言うね、その内お金が貯まったら、赤ちゃん欲しいな」
 耳元でそんな事を言われると思っていなかったので、顔が赤くなってしまう。
 思わず、雨沙の膝から頭を退けて、一旦頭を冷やす。
 息を整い終わると、雨沙が。
「もう膝枕いいの?
 動揺したのを少し笑っているのだろう、ニヤニヤしながら聞いてきた。
 だけどそんな事を気にせずに、俺は。
「もうちょっと」
 そう言いながら、雨沙の膝に頭を乗せる。
 すると雨沙は。
「もう晴太可愛い!
 そう言いながら、雨沙は顔を近づけて、キスをしてきた。
 しばらくすると唇を離し、雨沙は一言。
「晴太好きだよ」
 それに俺は素直に。
「俺も好きだよ、雨沙」
 一言そう言った。
 
 
「はぁー」
 帰り道思わずため息が出てしまう。
「今日は失敗いっぱいしちゃったなー、はぁー」
 ともあれずっと落ち込んでても、始まらない、頬パンパンと叩く。
 家に帰れば、雨沙の笑顔があると思えば! そう思いながら、走って帰宅する。
 家のドアを開け。
「ただいまー」
 そんな風にいつもどおり挨拶をする、いつもならここで、雨沙が笑顔で。
「おかえり」
 と言ってくれるのだが、今日は違った。
 髪型をツインテールにして、眼鏡もかけている、雨沙は視力は良いので、多分伊達だ。
「おかえりなんて言いたくないけど、言ってあげる感謝してよね!



 雨沙はこちらから目線を、そらしながら、そんな事を言っている。
 何々と思いながら冷静に、考える今週まだ一回もあれ来てないし、あれだなと自分の中で納得する。
 続けて雨沙が喋りだす。
「玄関に立ってないで、早くお風呂入っちゃってよね!
 言われた通り、家に上げりすぐさまお風呂に入る。
 お風呂に入りながら、今週の男の夢が何なのか、考える、ドSか? いやあれはドSとはまた違う感じだった。
 じゃあ単純に、ツンツンしてるだけなのか? でもツンツンしてるだけだと、なんか男の夢って感じがしないけど、まぁ世の中にはそれが好きな人もいるし、今週は、ツンツンかな、自分の中で納得し、お風呂出る。
 お風呂を出てリビングに向かうと、今日もまた美味しいそうな料理が並んでいる。
 机に座り、食べ始めようとすると、雨沙が喋りだす。
「別に晴太のために作ったわけじゃないんだから!
 この量一人で食べるのか凄いな、まぁならしょうがないコンビニで何か買ってくるか、そう思いながら席を立つ、すると服の裾を引っ張られる。
「どこ行くのよ!
 少し頬を赤くしている気がするが、まぁ気のせいだろう、そう思いながら答える。
「料理、雨沙が一人で食べるって言うから
 しょうがないコンビニで買ってくるかって思ったんだけど」
 そんな風に答えると、雨沙は目線をそらしながら。
「別に晴太のために作ったわけじゃないけど、私1人で食べるなんて言ってないじゃない!
 まぁ確かに、一人で食べるとは言ってなかった、じゃあ食べるかと、手を合わせて。
「いただきます」
 食べ始める。
 料理を食べ終わり、ソファに座っていると、食器を洗い終わった雨沙が歩いてくる。
「今日の料理どうだった?
 今だに目線は合わしてくれず、ツンツンしている。
 ただあれ? と思ったことを口にしてみる。
「あれでも? 俺のために作ったわけじゃないって言ってたけど、それでも感想は聞くの?
 そう聞くと、雨沙の顔は全体を赤らめていた。
「別に晴太のために作ったわけじゃないけど、感想ぐらいは聞いてもいいでしょ!



 まぁそうだね、素直に感想を答える。
「うん、いつもどおりめちゃくちゃ美味しかったよ!
 すると雨沙が小声で何かを喋りだした。
「ありがと」
 小声で聞き取れなかったので、聞き返す。
「何? なんて言ったの?
 すると雨沙は体をモジモジさせながら、先ほどよりも少し大きめな声で。
「ありがとって言ったの!
 頬を赤らめながら、まさしく照れているという、のがぴったりはまるぐらいに、照れている。
 あれでも今週は、ツンツンなんじゃ? よし1個試してみよう。
 俺は、雨沙の肩を掴みながらこう言った。
「雨沙、好きだよ!
 いつもならこの後、私もと返ってくるが今日は違う。
「別に私は、晴太のことなんて好きなんかじゃないんだからね!
 この時俺は気づいた、これはツンツンじゃなくて。
 属性の中でも光り輝く、七つの属性の一つ。
 ツンデレ!
 そう気づくと、もっとデレを見たいと思い始めた。
「雨沙、一回、おかえりなさいあなた、って言ってみてくれない?
 すると雨沙は。
「は、はぁなんで私が、晴太のお願い聞いてあげなきゃいけないのよ!
 そっぽを向きながら、そう言ってくる雨沙に俺は、全力でお願いした。
「お願い! 一回でいいから! 俺雨沙にあなたって呼ばれたことないからさ」
 この気持ちは本心だ。すると雨沙が。
「別に晴太に頼まれたから、やるとかじゃないからね! 私がちょっと言ってみたいって思っただけなんだから!
 あーデレだーと思いながら雨沙の言葉に耳を傾ける。
「おかえりなさい、あなた」
 ありがとうございますと、思わず手を重ねてしまう。
「これで満足?
 雨沙は少し照れている。
「うん、めちゃくちゃ満足! ありがとう、それじゃあ俺もう寝るわ」
 そう言いながら寝室に足を、運ぼうとした時、服の裾を引っ張られる、う? という


目で雨沙の顔を見る。
「別に私はいいんだけど、晴太がもうちょっと私と喋りたいのかな? と思ってるだろうから、もうちょっとここにいてあげる」
 え!? なにこれ可愛い、もうちょっと喋っていたいってことでしょ。
 そう思うと、思わずソファに座っている、雨沙に抱きついて。
「可愛い、好き」
 そう言いながら、押し倒した。
「そんなの晴太に言われなくてもわかってる!
 これは、可愛いって言われて喜んでるのかな?
 そのまましばらく、俺が何かを言って、雨沙がツンかデレか、両方か、そんな風な会話していた。
 そんな会話が終わり、二人で寝室に向かい、一緒のベッドに入り、寝ようとした時、雨沙が喋りだす。
「晴太、好きだよ」
 そう一言言って、寝てしまった、これ以上可愛いデレはこの世にはないと、感じた瞬間だった
1
5
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行