フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
私、花宮 絶は今自分の家のベランダから飛び降りようとしていた、後ろから待ってという親友で、私が恋心を抱いてる柚希の声が聞こえてきている。 柚希の声を聞くと昔の事を、幼少期の頃から色々なことが思い出せてくる。 私と柚希は家も隣同士ということで、親同士も仲が良く物心ついた頃から柚希は私の隣にいてくれた。 小学生低学年の頃までは、私が友達のグループの中心に居て、柚希は私の後ろにいるような静かな子供だった。 そのまま人生が進んでいけばどれだけ幸せだったかは想像もできない。 高学年になったある日私は学校にだんだんと行かなくなってしまった。 その理由はどれだけ考えても答えが出なかった、ただ1つだけ明確にわかることがあった。 それは、このままいけば誰のせいでも無く自分のせいで、自分の人生の生きる意味がわからなくなると言うことだ。 そのまま自分は中3の春まで何度も学校に行 くチャレンジはした、しかし学校に行く道の途中、教室、生徒全員から見られているという恐怖そんなようなものが、私の体を縛りつけチャレンジはするものの何度も断念してしまった。 しかしそれでも人付き合いが絶えなかったのは柚希が、毎日のように家に遊びに来てくれていたからだ。 「柚希ーなんでこんな変な奴の友達でいてくれるの?」 いつかそんなことも聞いたことがあった、柚希は一言。 「好きだから」 今思うとあの時の柚希は少し照れていたような気がする、ただその時の私は柚希に一言。 「ありがとう」 そう返したはずだ。 それからしばらくして中3の冬頃いつもどおり遊びに来ていた柚希が突然、私を壁に追いやり真剣な表情で喋りだす。 「絶、高校行ってみない?」 柚希ってこんな可愛かったのかと考えてた私は、少しだけ反応が遅れてしまったが、慌てて返す。 「無理だよ無理無理、だって私まともに勉強してこなかったし、それに柚希も知ってるでしょ? 私ほとんど何も続かないこと」 私は何をしても、長くて1ヶ月ぐらいで飽きてしまうのだ、不登校になってからせめて何かしてなくちゃと思った私は、とりあえず運動をしようと始めてみたはいいものの、1週間で全くしなくなってしまった。 それからも好きなものを見つけては、始めてみるだがどれも長続きしなかった。 学校に行こうと思っても続かないのは私のそういう性格のせいもあるのだろう。 まぁどっちにしろ全て自分のせいなことには変わりは無い。 「うん知ってるよ絶が飽き性なのは、でも私はもう一度、絶と学校に通いたいの! だから一回やってみよ勉強」 そう言い終わった柚希は、私を壁に追いやった手と顔離して行く、離れていく顔に私はこの時少しだけ寂しさを感じていた。 そこまで言われて断る理由もない私は。 「わかった、頑張ってみるよ勉強」 すると柚希の顔今までにみたことのないぐらいの笑顔をしていた。 「本当? 本当だよね絶」 そう言いながらまたもや壁に追いやってくるが先ほどよりも困らないしむしろ気分がいいとまで言える気がした。 「本当本当」 「じゃあ私毎日教えにくるね」 やはり嬉しいのか笑顔を絶やさないで喋ってくれるので、自然とこちらも顔が笑顔になっていく。 それからの受験日までの期間は、不登校になってから初めて生きてる意味があると実感できた期間だった。 もっと上を目指せる柚希も私のレベルに合わせてくれる、それに昔から小さくあった、柚希に対する恋心のようなものも、少しだけ芽を出し始めたような気がした。 柚希は勉強を教えながら、突然もの凄く照れた表情で目線をそらすことが増えたような気がするが気のせいだろう。 受験日当日、私は周りからの目線からの恐怖をなんとか耐え受験を受けることに成功した。 それも柚希が隣にいてくれたおかげだなと心の中で思いながら受験をする。 合格発表は無理をしないため柚希と一緒に家で見ることにした。 自分の番号を探していると、隣から。 「私のはあったよ、絶は? あった?」 柚希がそう言いおわったタイミングで、私も自分の番号を見つけた、思わず大声で。 「あったよ、あった!」 柚希の顔を見ると目に涙を浮かべていた。 「よかったよ、これでまた一緒に学校行けるね」 そう言いながら柚希は抱きついてくる。 「ありがとう柚希、本当にありがとう私頑張ってみるよ」 この時は、まだ取り戻せると思っていた。 高校合格発表の次の日ふと窓の外をみると、他の友達と歩いている柚希の姿があった。 私は柚希に声をかけようと窓を開けると、柚希の喋り声が聞こえたので、思わず隠れつつ聞き耳を立ててしまった。 その内容で私はある意味では救われたのかもしれない、この世界は絶望しかないということに気づけたのだから。 「柚希ってさなんで絶のことそんなに気にかけてるの?」 小学校の頃の共通の友達だろうその子は軽い口調で質問をしていた。 「単純に付き合いが長いからかな、もうやめられないというかなんというかそんな感じ」 柚希はその友達よりも真剣な口調だった。 ここで窓を閉めておけば幸せだったかもしれない。 「じゃあさ付き合いの長さとか関係なく、ぶっちゃけ絶のことどう思ってるの?」 先ほどと変わらない、軽い感じでの質問だった。 「私が絶をどう思ってるか? 一回本気で友達やめようと思ったこともあったし、メンタル弱いしいなくなっても大丈夫そんな感じかな?」 ここで私は窓を閉じてしまった、私は昔から人の私に対する悪い意見を聞くと、気分が悪くなりなんのために生きてるのだろう、早く死にたいそんな感情が多々あった。 ただそれまでの意見は、全て他人近くても親戚ぐらいの人たちだったので本気で死のうと思ったことはなかった。 今回は家族以外で唯一信頼している、柚希に言われてしまったので大分ダメージを受けてしまった。 今のことを忘れようとリビングでテレビでも見ようかと、向かうとここでもタイミングが悪く、姉からの悪い意見を聞いてしまった。 「私、絶のクッソどうでもいい話真剣に聞いてあげてるからさ、お金頂戴」 「だめ姉妹になった時点で、そういうこともやるのが姉妹なの」 優しい姉も心の中では、私のことをいらないやつだと思ってる。 同じ日に信頼している2人から、悪い意見をを聞いてしまった私は、気にしなければいい話なのに、やはりこれも性格なのだろう、死のうそう決意した。 家の2階に上げりベランダに出る、そのまま前に進み柵に足をかけたタイミングで、柚希の声が聞こえた。 「待って絶! 何してるの」 柚希は珍しく怒っていた、柚希自身がいなくなってもいいと言ったのにそんな風に思いながら、もう片方の足を持ち上げる。 「さようなら、柚希」 一言そう言って私は飛び降りた。 その時だった、柚希が私手を掴んで持ち上げようとしていた。 「なんで! 柚希が私のこといなくなってもいいって言うから、死のうって決意したのになんで止めるの」 私も珍しく声を大きく出してしまった。 私の手を力いっぱい持ち上げてる柚希の顔には、涙垂れている。 「聞いてたの? 確かにいなくなってもいいとは言った、けど私はその後にこうも言った、ただねそれは友達としての絶であって、恋人としての絶になってくれたらいいなって意味もあるんだよ」 柚希の顔には怒りと悲しいの2つの感情が入っているのが伝わってくる。 「だからね絶、私は恋人としてあなたの悪い部分も全てまとめて、あなたに希望を与えたいと思ってるの!」 それを聞いて私はもう少しだけ生きたいと思えた気がした。 柚希に引っ張り上げられ、私と柚希は私の部屋に一緒に行った。 「絶、私ねあなたが不登校になる前は、どっちかというと今のあなたみたいな性格だったの」 ただ静かだった、そんな印象なので少し驚いてしまう。 「ただねあなたが、不登校になってからあなたどんどんこの世界に絶望してたでしょ? それを見て私が逆に、この世界は希望で満ちているって教えようと思って頑張ったんだよ」 これは本当に初耳だった。 「ありがとう柚希、今の言葉で少しだけだけど希望もあるんじゃないのかなって思えた気がしたよ」 先ほどまで泣いていた顔を、笑顔に変えている柚希が、それじゃあ言わんばかりにこちらを見ていた 「絶、私あなたのことが好きなの女の子同士でおかしいかもしれないけど、もしよかったら私の彼女になってほしい」 そう言われた私は勢いで、柚希の唇に私の唇を重ねていた。 柚希の短い髪を触りながら、柚希がかけている眼鏡を取りそのまま続けた。 「これが私の気持ち、私も好きだよ柚希」 そう言われた柚希は、照れてしまったのか顔をそらしてしまった。 「絶、これでもう死にたいとか思わないよね?」 「うん多分あと1週間ぐらいは大丈夫だと思うよ」 「1週間!? じゃあ私がずっと絶に希望を与えてたら?」 「それならずっと死にたいなんて思わないよ」 2人で顔を見ながら思わずふふっと笑いが出てしまう。 こんな日々が永遠に続けば幸せになれる気がする。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行