フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 仕事が終わり家の玄関を開けると、そこにはいつもどおり雨沙が立っていた。 「ただいまー」  そう言いながら家の中に入っていく、いつもならここで雨沙が、おかえりと言ってくれるのだが今日は違った。 「おかえり晴太、先にお風呂にする? ご飯にする?それとも、わ・た・し?」  からかうような表情をしながらも、頬を少し赤らめながらそう言ってきた。  雨沙はいつもは髪の長さを肩につくぐらいの長さにしているので、あまり髪型を変えたりもしないのだが今日に限って短い髪を束ねてポニーテールを作っている。  服もいつもより露出度が上がっているような気がする。 「お風呂でいいかな」  真っ先に雨沙がいいという気持ちを、なんとか抑え無理に笑顔を作りながらお風呂に入っていく。  お風呂から上がり、リビングに入ると美味しそうな料理が机の上に並んでいる。  今日はもう用事が終わっているのか、雨沙も机の前に座って待っている。  俺も食べるために急いで座る、そのままの勢いで箸を手に持ち、二人同時に。 「いただきます」  しばらく食べていると突然雨沙が思わぬ質問をしてきた。 「今日のやつね、ネットで調べてたら絶対お前って返答がくるって書いてあったんだけど、晴太お風呂って言ったじゃない? 私何か間違えてた?」  真剣な表情で質問をしてきたのでこちらも真剣に返す。 「雨沙が間違ってたとかじゃないと思うよ、大半作品であれが起きた時は大体みんなお風呂か、ご飯選んでるしね」  何を真剣に語ってるんだと思いながら返答をする。 「そっかそれなら良かった、今日のやつが失敗しちゃうと、今週の分のネタがなくなるところだったから心配だったんだ、良かった良かった」  安心したのか、凄い勢いでご飯を食べ進め始めた、そんなシステムだったのかと驚きながら俺もご飯を食べ進める。  ご飯を食べ終わり今日は普通に二人でソファーに座りながら手を繋ぎながらテレビを見ていると、グラビアをしている方が出てきて思わず、テレビの画面と横にいる雨沙を交互に二,三回見ていると、何かを感じたのか雨沙がこちらを睨んでいる。 「ごめんなさいね! この人みたいに大きくなくて」  見事に怒ってしまった、顔もそっぽを向き繋いでいた手も離されてしまっている。 「ごめん! これは完璧に俺が悪かった、でも俺は雨沙ぐらいがちょうどいいと思うよ!」  俺の中では誠心誠意、謝ったつもりだったのだがもっと怒らせてしまったのだろう、どんどん圧が強くなっている。  しょうがないなるべく使いたくはなかったが、最後の手段を使おう。 「わかった! なんでも一つ言うこと聞くから許してほしいなー」  最後の手段を投入、これで機嫌が治ってくれなければ、もう俺にはわからない。 「本当に?」  少しだけ気を許したのか先程よりかは口調を、弱めに聞いてくる。 「うん本当、一つね!」  すると雨沙の顔がこちらを向き表情は笑顔になっていた。  現金なやつと思いながら聞く。 「で? 俺は何をしたらいいの?」 「うーんそうだなーとりあえず家の外に出て」  笑顔をで言ってくるので、思わずあれこれ締め出されるパターンなのか? と思ったが次の言葉で救われた。 「十秒ぐらい経ったらもう一回入ってきて」  え? それだけと思いながらも締め出されないだけマシと思いながら、玄関に向かう。  家を出て、十秒ほど経ったところで玄関のドアを開く、玄関には雨沙が立っていた。 「先にお風呂にする? ご飯にする? それとも、わ・た・し?」  一回目の時とほぼ同じ表情と感情だった、ただ一つだけ違うことが、胸元を隠すように手を当てていることだった。  お風呂もご飯も終わっているので、迷わず。 「お前がいい」  そう言いながら雨沙を押し倒す、そのまま唇を重ねる。  いつもより長めにして唇を離す。 「本当は一回目の時に雨沙がいいって言いたかったんだけど、やってないことが多すぎたから言えなかったんだ」  そう言い終えると雨沙を抱きかかえながら、寝室に歩き始める。   俺は、いつもどおり家の玄関を開けながら。 「ただいまー」  そう言いながら、家の中に入っていく。  玄関で待っていたのは、膝丈ぐらいの、スカートのメイド服を着た雨沙が立っていた。 「おかえりなさいませ、ご主人様」  そう言いながら、俺の上着を脱がし、バックを持ちながら。 「先にお風呂入ってしまってください、ご主人様」  これは今週のあれだな、風呂場に向かっている間に、答えはでた、これはメイドだ。  お風呂から上がり、リビングに行くと机に、美味しいそうな料理が並んでいる。  机の前に座り、台所から雨沙が出てくるのを待つ。  しばらくすると、申し訳なさそうに雨沙がこちらに向かってくる。 「申し訳ございません、ご主人様待たせてしまって」  全然大丈夫だよと、手を軽く振り知らせる。 「それじゃあ食べようか」  二人で同時に。 「いただきます」  と言って、ご飯に箸を進める。  しばらくすると飲み物がなくなり、注ごうとすると、雨沙が慌てて注ごうとした手を止める。 「ご主人様待ってください、お飲み物は私が注ぎます!」  そこまでしなくてもと思いながらも、雨沙の私がやるという目力負けて、お願いしますとグラス持ち上げる。  いつもは目の前に座っている雨沙が、飲み物を注ぐために、真横に座りなおしてきた。  瓶を持ちグラスに飲み物を注いでいく、そこまではまぁいいのだが、なぜか体まで傾けているので、メイド服の隙間から、胸元が見えてしまっている。  これはヤバイので、目線を外らす幸い雨沙は俺が胸元を見ていたのを気づいていないようで、飲み物を注ぎ終わると、先ほどまで自分がいた位置に戻っている。  飲み物を飲みながら俺は決心をした、今日はもう飲み干さないようにしようと。  食事が終わり、雨沙は食器を片付けに台所にいるので、俺はソファーに座りながら雨沙が来るのを待っている。  しばらくすると洗い物が終わったのだろう、雨沙がこちらに向かってくる。  そのままソファーに座ると、こちらをじーっと見てくるので。 「な、何?」  と優しく聞き返す。 「ご主人様何か命令はないのですか? 今ならなんでも聞きますよ」  予想外に返答に慌ててしまう。 「め、命令? そんなこと急に言われても」  すると、雨沙の顔がしょんぼりしていくので、勢いで。 「肩たたきしてもらおうかな」  肩たたき!? と自分でも言った後に思ったが雨沙はそのまま言われるがまま、両手を俺の肩に向かわせる。 「トントン、モミモミ、トントン、モミモミ、こんなのでいいんですか? ご主人様」  耳元でずっと、雨沙が掛け声をしながら肩を叩いてくれるので、ぼーっとしてしまっていたので、雨沙の質問にすぐには答えられなかった。 「聴いてます? ご主人様」  少し怒ったような口調で、聞かれたタイミングで、答えることができた。 「あ、うん大丈夫だよ、俺は幸せだよ」  肩たたきが終わり、二人でソファーに座っていると、雨沙が突然。 「ご主人様次の命令はまだですか?」  またもやこちらを見ながら言ってくるが、次はもう断ろうと。 「命令って言っても何も思いつかないよ」  そうですか、と引っ込むと思ったのだが、雨沙は粘ってきた。  雨沙自身の口元に指を置きながら。 「なんでもいいんですよー、ご主人様」  なるほどねと、ここでやっと理解ができた。 「わかったよ、じゃあ命令するね俺にキスして」  俺が言い終えると、雨沙は唇を俺の唇に重ねてくる。  しばらくそのままの状態の後、唇を離し。 「この後の命令は? ご主人様」 「うん、寝室でね」  そう会話し二人は一緒に寝室に向かっていった。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行