フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 ある街に、母親からひどい虐待を受けている少年がいました。
 家族親戚はみんな、しらんぷりをしていました。
 手を差し伸べてくれた近所の人もいましたが、勘づいた母親の機転により引越しを繰り返すことになるだけで、意味を為しませんでした。
 
 
 少年は母親を刺殺しました。
 
 
 中学一年の、入学式が終わった夜中の出来事でした。
 
 
 少年は何も言わず死んだ母親を見下ろして、命はあっけないことを知りました。
 そして家族の制止も聞かず、逃げるように交番に行きました。
 できる限り、誰のせいにもならないように弁明して、そうして病院へ送られました。
 
 



 
 母親を殺した理由もでっちあげ、家族や親戚もそれに便乗しさほど大きな事件としては扱われずにひっそりと彼は全てを受け入れました。
 誰にも殴られず、ひどい扱いをされることもなく、衣食住が揃った生活は彼の当たり前を塗り替えていきました。
 そうして完全に血縁との繋がりを全て切り落とした彼は、真面目な生活を送り、何年か経ち晴れて自由の身になりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「死神と契約したってのに、お前は1度もオレに頼らなかったな」
「頼ったよ。殺し方を教えて貰った」
「あんなもん、調べりゃ一発だったろ」
「それじゃダメだった。ボクは確実に母さんだけを殺したかったから」
 ほかの殺し方を知る必要は、ない。と青年は淡々と口にします。
 
 
 かつての少年は、訳あり物件を貯めてきたお金で購入し、真面目に働く青年となりました。
 
 そして彼の傍らにはいつも、死神がいます。
 
 
 
 死神は、少年に酷い行いをする母親を許せませんでした。
 彼を幼い頃から見守り続けていたからです。死神は理由を明かしませんが、ずっと見守ってきました。ずっと、ずっと。



 だから死神は、母親を殺すつもりでした。殺そうともしました。
 けれどそのタイミングで、少年に止められました。
 普通は自分たちが見えないはずの人間によって、死神としての仕事を止められたのです。
 
「だめだよ、おねえさん」
 
 時が止まったかのように、歩道用の信号機の下で隣合う母親を一瞥した死神は声の主、少年に視線を向けました。
 死神を見る彼のまあるい目には光はなく、地獄の底の底、深淵の穴を覗いたようなどす黒くしかし惹き込まれる魅力がありました。
 母親を殺さないという約束を交わす代わりに、少年は死神と契約しました。死神は渋りましたが有無を言わさぬ目力に気圧されて半ば脅迫されたような気分で少年が契約する事に同意しました。
 少年が幼い頃、卒園式の帰り道の出来事でした。
 
 
 
 そうして彼が母親を殺し、自由の身になる時までただ、少なくも濃密な言葉のやり取りを交わし続けるだけの生活を続けました。
「死神さん、あの時はごめんな。契約したらほかのお仕事ができなくなるのに」
「…強く反対しなかったオレが悪い。けど、」
「けど?
「頑なにお前は、オレと契約する1番の理由を言わなかったよな」
「…そうだね。全部終わらせてから、理由は話すつもりだったから」
 
 
 料理を作りながら青年は小さく笑いました。今日は青椒肉絲です。
 冷蔵庫に凭れたまま青年と話していた死神はきょとん、と目を瞬きます。視線を彼に向け、首をかしげました。
 長く白い癖毛だらけの彼女の髪が揺れます。
 
「話してくれるのか? 二十年越しに、か?
「うん。出所して1年経って、監察官も外れたからね」



 
 
 よし、できた。と青年は火を止め、フライパンで炒めていた料理を大皿に移します。死神はその香りに鼻をひくつかせて、頬を緩めました。
 
 
 
 
 
「一目惚れでした。ボクのお嫁さんに、なってください」
 
 
 
 
 
 顔を上げた青年は、少し照れた笑みを浮かべ出来上がった大皿を、死神に両手で手渡しました。
 
 
 
「…物好きなやつだな、ほんとお前」
 
 
 
 ため息をつきながらも彼女は料理を受け取り、とても嬉しそうに、微笑みました。
 
 
 
 
 
「ぅおーい、ヤッコー青椒肉絲まーだー?
「弥月(みつき)くーん、はやくはやくー!
 
 居間から賑やかな声が聞こえ、はいはい、と死神は呆れたようなため息をつきます。



 苦笑いを零す青年に促され、その足は居間に向かいました。
 
「天使は天界に帰れ!! またミカエルにどやされんぞ!?
「えー、ヤッコちゃんひどーい、私がヤッコちゃんにお願いしなかったら弥月くんと出会えなかったのにー」
「おま、その話今年に入って何度目だよ!? 綾香!!
「まあまあ、姉さん。仕事が溜まってるって聞いてるし、食べたら帰りなよ?
「はぁい! 弥月はやさしぃなぁー?
 
 青年の名は神無 弥月(かんなみつき)
 死神の名は夜子(やこ)
 
 
「こいつは身内に甘いだけだ」
「私、に甘いんですー」
「おい、弥月お前、綾香にあの話したのかよ」
「してないよ?
「なあ、俺帰っていいか?
「枝垂(しだれ)さん、ご飯食べないの?
「食ってから帰る」
「死神さん、今の話ご飯の後で大丈夫?
「おう、そうだな。」
 
 部屋に会したのは死神と、青年と、天使と、悪魔。
 これが終わりの物語ではなく、ここからがはじまりの物語。
 
 
 
1
5
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行