フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
突然だが、俺 高校ニ年 山田 智行は自他ともに認めるバカだ。 どれほどバカかというと、中二の頃のことである。 「せんせーもらしちゃった」 「山田くん今日はどっち?」 「大!」 こんな感じの会話を一週間に一度はし ているぐらいには、バカだ。 高校に入ってからは、もらすことも少なくなってきている。 そんな俺は今悩みがある、それは幼馴染の女のことを好きになってしまったということだ。 大半の人は別に良いことじゃんと言うと思うが、その好きになった女が俺と同レベルでバカでなければ俺も良いことだと思えたと思う。 その女こと 高校生ニ年 鈴木 咲良は今俺の隣で歩きながら鯖を食っている。 なぜ朝に通学路で鯖を食べるのか、ホントに謎である。 すると咲良は俺が鯖を見ていることに気づいたのか、突然喋りだした。 「智行も鯖食うか?」 なんで鯖! と心の中でツッコミながら俺は一言返事をする。 「食う!」 と。 すると咲良は制服のポケットに手を入れ始めた、まさかね、俺はそう思いながら咲良のポケットを見ていると、ポケットから手がスーッと出ていく。 その手に握られたものは、鯖! え、お前どこから鯖出したの? と質問責めにしたかったが、一旦それは置いといて、咲良の手から落とされそうな鯖を受け取り、鯖を食べ始める。 俺が鯖を食い終わり、ごちそうさまを言おうと咲良をの方を見ると、それじゃあと言わんばかり腕を、グルングルンと回していた。 「咲良なにやってるの?」 俺は声を震わせながら聞くと。 「私の鯖食ったから殴るんだよ」 咲良はあたりまでしょという表情で、こちらをみていた。 すると咲良回していた腕を止めて、「それじゃあ」と言いながら俺の腹辺りを睨みつけている。 狙いを定めたのか、咲良は足を踏み込み叫びだした、咲良の後ろに鯖が見えた気がした。 「鯖鯖のバズーカーーー」 それ昨日俺の家で読んだ漫画の主人公の奴じゃん、俺はそんなことを考えながらパンチを受けた。 ゴスっと単純に痛いパンチが俺の腹を襲った、そのまま倒れ込んでしまった。 「鯖王に私はなる」 きっちり決めゼリフまで言いきった咲良は満足気な表情をしていた。 すると咲良は倒れこんだ俺のところまで、足を運び喋り出した。 「私、鯖鯖の木の能力者なんだ」 なんだよ鯖鯖の木って、俺はそう思いながら咲良の顔を見ると、もの凄く嬉しそうな笑顔だった。 そんな笑顔を見せられたら怒るに怒れないじゃん。 俺はそんな風に考えながら立ち上がり、学校に向かって歩きだした。 殴られたすぐ後のこと俺は、聞き忘れていたことを咲良に質問した。 「なぁー咲良なんで、鯖食ってたの?」 「それはね、智行くん」 いきなりくん呼びになったな! と心の中でツッコミながら話を聞く。 「朝のニュースの占いで、通学路で鯖を食べれば、あなたの好きな人もイチコロって言ってたからなんですよ!」 咲良は自慢気にそう言った、俺は少し気になった箇所を咲良に質問していく。 「ちなみにそれ、なんていうニュース番組?」 そう聞くと咲良は少し考えたが、すぐに答えた。 「たしかー、嘘しか言わないニュースって番組」 絶対、鯖の話嘘じゃん、でももし俺が咲良の立場だったら信じ込んでたかも、そう思えるくらい俺と咲良はバカなのだ。 そんなことを考えていると咲良が喋りだした。 「でも一週間前に始まったその番組、今日で最終回になっちゃったんだよね、悲し」 一週間で切られるニュース番組って、逆に気になってくるレベルで、やばそうな番組な気がする。 もう一つ気になっていたことを聞いてみる、ここで俺は咲良に質問しなければよかったなと思うかもしれなかった。 「咲良お前好きな人いるってことだよね? 鯖の話的に」 そう言い終えたタイミングで、咲良をみてみると顔を赤らめ左手を半開きにして、右手を左手の上で円状に回している咲良の姿があった。 両手の間を鯖が何匹も泳いでいる、その泳いでいる鯖はだんだんとまとまっていき、ついには鯖になったような気がした。 すると咲良は右手を止め、一瞬左手を見ながらこちらに走ってきている。 「鯖旋丸」 そう叫びながら俺の腹に左手を当てた、もちろん幻想なので痛くはないが、ここはノリで吹っ飛んでみる。 「それも昨日俺の家で読んだやつじゃねーか」 そのまま俺は倒れこんだ、先ほどみたいに咲良が歩み寄ってくれると思っていたのだが、なかなかこないなー、ちょっと覗いてみるかと覗くと咲良はそっぽを向いてしまった。 明らかに怒っていた、普段全く怒らない人が怒るとここまで心配になるものなんだなーと考えながら、素早く起き上がり咲良に詰め寄っていく。 「どうして怒ってるの?」 すると咲良はそっぽを向いたまま「なんでもない」とだけ言って足早に歩いていってしまう。 俺もそれを追いかけるように歩いていく。 どれだけ追いかけても届かないそんなことような気がした。 俺は勢いに任せて朝の通学路で叫んだ。 「咲良ー! 俺お前のことが好きだー!」 「やっと言える」 咲良は小声で何か呟くとすぐに叫びかえしてくる。 「私も! 智行のことが好きー!」 足を止めている咲良のところに足早に歩いていく。 咲良の前で足を止め、咲良を抱きしめる、するとそれを見ていたのかすぐ近くの家の中から。 「リア充バクハツしろーーーー!」 というなんともタイミングが悪い叫びが聞こえてきた。 俺はその叫びが聞こえたタイミングで、咲良の手を引っ張り走っていく。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行