フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 夕焼けが空を真赤に染めた頃、一人の少年が草原を駆け抜けていた。遥か後方には白く塗られた城壁が見え、城門の前には少年ほどの背丈をした子供たちが涙を浮かべながら嬉しそうに手を振っている。
「僕は帰らないよ、もう二度と」
 強い決意とともに少年は歩を進める。小さなリュックを背負って靴を履くことなく、確かな決意を胸に歩み続けるのだ。
「国には帰りたくないんだ」
 手足には青あざが絶えず、服の下に隠れている背中では傷痕が今も少年を蝕んでいる。いや、正確に言うと傷痕はすべて綺麗に治っている。トラウマという傷が少年を苦しめるのだ。
 日が沈み少年は野宿をした。
 リュックの中から硬くなったパンを取り出して一口、これだけが少年が用意できたものだからだ。見送ってくれた子供たちから贈られた物に食べ物は一つも無く、荷物を重くするだけなので藪に捨ててしまった。空腹から解放されて少年は眠りにつく。
 そして
 夢を見た
 いつのことだろうか、少年がもっと幼い頃だ。父親は絶えることのない笑顔をこちら


に向け、母親はきめ細やかな肌で少年を包んだくれた。ふたりは優しさに満ちた声で少年に話しかける。
『今はどうしている ?
「いま ? 今は国を出たんだ」
『どうしてだい ?
「どうして……だって、僕は苦しいんだ」
『いい国じゃないか、子供だけの王国』
 子供だけの桃源郷、子供以外はもういない。
『お前たちが望んだんだ』
「そうだよ、僕らが望んだんだ」
『大人は街を離れたろう』
「うん、大人は誰もいない」
 最初はみんな幸せだった。
 いくら遊んでも、いくら食べても誰一人注意しない。【自由】そのものだった。子供たちは自分たちの好きなように過ごして、およそ一年を過ごしたのだ。
 しかし、幸せな日々は一年で終わった。
 お菓子は?衣服は?パンは?遊び道具も食べ物もない。誰でもない"大人"が作って
きた小麦も綿花も何もかもが底をついた。一年間は大人が残した備蓄で幸せに暮らしたのだが、気づいたころには麦一粒残っていなかったのだ。大人の代わりに仕事をする子供は一握りだった。
 桃源郷は地獄になった。
 微かに残っていた金銭でものを商人から買い、子供は暮らし始めたのだが長続きせず、限られた食糧を奪い合うようになった。それこそ子供の様に。次第に仲間はずれをつくって、食べ物を分けようとしなくなった。
 一人、また一人と減っていく。
 友達と呼んだ人間はもういない。
『子供は残酷』大人はよく言っていた。
 今考えればすぐにわかる。損得、主義、宗教、そんな理由なんていらない。好き嫌い、ただそれだけ。純粋な悪意というものは子供社会で無自覚のままに表現される。ひとたび嫌いなら二度と好きになれない。
 
 時間という薬のみが治す病、子供だけの王国では不治の病だ。
 
 そして僕の番になった。



 
 生きることさえ許されない、もう国には居られない。
 だから国を出る、国を出て生き延びる。
 
 朝が来た、そして歩き出す。
 少年は歩き続ける、子供の王国を捨てて。
1
2
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行