フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
『AI』とは。  artificial intelligenceの略称で、人工知能のこと。「言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術」または「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」を指す。  wikipediaより。   時は23世紀。時代は怒涛のAI時代に突入していた。  工場生産や教育を効率化する事はもちろん、経営方針を委ねる企業も現れるほど生活必需品となったAIは、多くの技術者が開発、研究に日々勤しみ、著しい発達を見せていた。しかし、ある2人の研究者の些細な対立から、世界が二分されることとなった。  その2人の研究者の名は、ハンプ・ドランクとオリヴィエ・センス。どちらも業界きっての実力者で、共同で研究に取り組んでいた。だが、完成したAIの特許権を巡って争いが勃発。収束がつかぬまま時が流れ、その後、2人は別々にAIを改造することとなった。そして、この世界を大きく変えてしまった。  日本も例外ではなく、東日本ではハンプのAIが広く流通、西日本ではオリヴィエのAIといった具合に、ぱっくり2つに分かれ、この両者間では常に闘争が行われている。    では、その二つのAIを紹介しよう。   一つはハンプの製作した「H」型。   このタイプは、Hey,〇〇と声をかけて起動するので、H型と呼ばれる。AIの元祖であり、未だ最強のAIでもある。   もう一つは、オリヴィエ製作の「O」型。   このタイプは、OK,〇〇と声をかけて起動するので、O型。近年爆発的な広がりを見せており、一部、H型にはない機能も搭載している。強さはどちらも同程度だが、最新のO型の方がこれから有利と言われている。  そんなAI時代の、一人の青年のお話。   海のように砂が燃える砂漠。そこを、1人の青年が歩いていた。 「Hey,sari。今日の気温は?」 『今日の気温は 32℃ です』 「マジかよ……暑すぎんだろ……もう10月だぞ?」   この青年の名前はシン。旅をしながら修行する、「アーティー」と呼ばれる人種だ。   アーティーは、ここ数年で異常な増加の一途をたどり、いまや世界の人口の9割はアーティーと言われている。  アーティーたちは皆、体にAIを埋めこむ改造手術によって超人的な力を手に入れた人間なのだ。自由なタイミングでロボットになることができ、飛行や、腕を武器に変形させたりできる。そう、まるでアイ○ンマンのような。   もちろん、アーティーの中にも、H型とO型の派閥が存在する。埋め込んでいるAIに派閥が存在するので、当然、アーティーも派閥化されるのだ。  2人の研究者の意志を受け継いでいるH型、O型は互いに犬猿の仲で、会うとすぐに戦いが始まってしまう。だから、アーティーは常に自分をレベルアップし続けて、自分のAIを守らなければならない。アーティーを倒し、強くなる。これこそが、アーティーの戦う理由だ。もしくは、自己防衛のためにアーティーになる者もいる。 「充電スポットまでの距離どれくらいある?」 『次の 充電スポット まで 約 28 キロ です』 「うわ……めちゃくちゃ遠いな。もういい、飛ぶ」 『体の一部パーツを 変形 して 飛行モードに 切り替え ます か?』 「ああ。そうしてくれ」 『脚 パーツ を 変形します』   ウィーーーンと機械的な音を立てて、シンの足が変形していく。青色のメタリックなボディに日光が反射する。見た目は普通の足だが、中身は機械だらけだ。   アーティーはAIに頼むと、自分の体を変形して飛んだり、体の一部を武器に変形したりできる。これぞまさに科学の進歩だろう。 『変形 完了 28 キロ先の 充電スポットまで 飛行 します』   相変わらずの棒読みで、相棒のsariは言う。なんだかんだ、もう10年以上の付き合いなのだ。 自分の変形した脚から、青白い炎が出る。3秒もしないうちに、遥か上空に到達した。   「うっひょー!やっぱ気持ちいいなあ」   空の旅は、いつでも快適なのだ。 『残り 20 秒で 目的 地 に 到達します』 「はいはい」   空の旅はいつだって短いのだ。充電スポットに着くなり、料金を投入して、シンはコードを自分の背中に差す。 「どうよ、sari。電気はうまいか?」 『すみません。 よく わかりません』 「なんだよそれ!」   充電を終えたシンは、次の目的地である、箱根に行こうとしていた。どうやら、凄腕の改造師がいるという噂を聞いたからだ。   アーティーにとって、改造はものすごく大切だ。相手にどんな装備かを悟られないためにも、常にバージョンアップしなければならない。沖縄や北海道など、極端にどちらかの方角に寄っていればあり得ないが、日本の中心近く、東京から大阪までの区間は常にH型とO型がせめぎ合っていて日常的に戦闘が行われている。    さすが東京とでもいうべきだろうか。充電スポットを出るとすぐに、シンとは敵同士であるO型のアーティーと遭遇してしまった。戦闘開始だ。 「Hey,sari。相手の装備は?」 『相手の 装備 は O型スタンダード です』 「スタンダードか。なら楽勝だな。一応聞いておこう。この状況を突破できる確率は?」 『はい 相手の 充電の残り と 装備 から 計算して この 状況を 突破できる 確率 は 99% です』 「だろうな。よし、さっさとやるぞ」 『はい 浮遊からの レーザー で 一撃 です』   シンは天高く飛び上がった。敵のアーティーも、空に向かって銃弾を撃ち込んできたが、その程度、百戦錬磨のシンにとっては痛くも痒くもない。 『充填完了 対象確認 ロックオン レーザーで 敵を 排除します。』   シンの手の平から青白いレーザーが放出される。   ギュィイイイイイイイン!!! 「うわぁあああああ!……ぁ…ぁ……」   3秒ほどで、敵のアーティーは、跡形もなくなっていた。 「よっしゃ。やったぜ」   シンは地上に降りてくる。   飛び散った破片の中から、珍しいパーツを見つける。 「お、これは……」 『NO.201 今では 製造されて いない 珍しい タイプ です ね』 「やったな。今日の戦利品だ」   そのパーツを拾い上げ、シンはまた歩き出した。ここから、最強のアーティーになるための、冒険が始まるのであった。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行