フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 寒い。
 
 目を開けると其処には、見慣れた灰色の壁が迫り来るかの様に存在した。其の灰色は確かに見慣れたものであったのだが、只一つ普段とは異なる点があった。
 そう、僕が起きて最初に見る景色と言うのは、自室の白く無機質な壁であるべきなのだ。
 どうやら僕はリビングのソファで眠ってしまったらしい、という事実に気付いたような気付いていないような。まぁ、とにかく酷くぼんやりとしていてハッキリしていないという事は明らかだった。
 上体を起こすと右腕と首が酷く痛んだ。でも、そんな事どうでもいいと思う程に、残酷で絶望的な程に、寒い。
 寒い。
 寒い。
 時計の針は右斜め上向きの「く」の字を作り出していた。頭上の照明は勿論消えていた。
 だから、僕は、誰も居ない一人の空間だと、実に勝手に早合点した。其れはもしかすると僕が無意識のうちにそうであって欲しいと願っていたからなのかもしれない。



 あの人が僕の寝ている側に居ないで欲しい、と。
 
 さっきまで僕は夢を見ていた。誰かと話す夢だ。相手は毎回おんなじで、今回も又、然りであった。相手の正体はいまいちよく分からない。黒い霧でできた人型だ。掴めないし、何故だか掴もうという気さえ起きない。
 色んな意味でも掴み所のない奴だ。
 
 人型が言った。
 
 *ねえ、神様っていると思う?
 いない。いるわけない。
 
 *何でそんな言うの?
 いないって信じていたいから。
 
 *どうして?普通、神様はいるんだって信じたいもんじゃん?違うの?
 毎日神棚のお水を替えて手を合わせたって、手を組んでお祈りしたって、喉が潰れる
まで助けてと慟哭を叫んだって、何をしたって、誰も僕を救えやしなかった。救われないまま、混乱してバラバラのまま、今僕は息をしている。幸せなんて、そんな贅沢な事、僕は一度だって望んでいないんだ。本当なんだ、僕はただ、生き地獄の日々から救って欲しいと、暗闇から逃げる手助けをほんの少しだけ求めただけだったんだ。其れだけだったのに、なのにそんな事さえしてくれないなんて、そんなの、神様なんかいないと、無駄な信仰だと、言っているようなもんじゃないか!
 
 *……そっか。成る程ね、其れが君の意見であり願望でもあるわけだ。うん、うん、そっかそっか、OK、OK 。
 いや、意見とか言うより、そうでなくてはいけないんだ。そうじゃないと辻褄が合わないから。こんなにも信仰したのにって思ったって、だって、元より存在していなかったものに信仰していたんだ、ないものが願いを叶えられるわけ無いだろう。なあ、そう思うだろ?
 
 *其れはどうだろ?若しかしたら、神様はいるかもしんないよ?
 キミは今までの僕の話を聞いていなかったのか?キミは一体何を聞いていたんだよ?
 



 *あぁ、怒らせてしまったのかな、ごめんね。話はしっかりと聞いていたよ、納得もした。
 じゃあキミは如何して神様がいるかもなんて言えたんだ?
 
 *其れはね、今の話だけだと神様がいないとは言い切れないからだよ。そうそう、あのね昔ね、どっかのだれかさんが言った言葉があるんだ。 教えてあげる、
「神は存在するよ、只、キミを愛しているかは知らないけれど。」
 そう、如何やら神様は博愛主義じゃあないらしいよ、健気で、哀れな、穢れた子。
 あぁ、あと、それとね、もう一つ。
 神は穢れを嫌うものだよ。其れは万国共通の世界常識だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 リビングの氷の様な昏い静けさの中、一点の光源がか細く、そして鋭利な現実を突きつけてくる様にポツリと存在していた。其の光源を手にする存在は猫背で気怠げに画面を指で撫でていた。
 其の存在を確認した途端、僕は動けずに固まってしまった。
 空気の吸い方や吐き方を忘れてしまった様だった。右手は勿論の事、痺れていなかったはずの左手でさえガタガタと勝手に振動し、両の脚は寝ている間に鉛か石にでも変えられたのかと思う程重たく、どれもこれも、僕の身体は全く使い物になってはくれなかった。
 僕はこの冷たい感覚の名前を知っている。今迄散々味わってきた、生き地獄。僕の生きる世界の基本的構成素材。
 
 恐怖。
 



 僕の人生は主に此の感覚が支配していると思って間違い無いだろう。
 毎日毎日、何かに怯え、逃げ惑いながら、尚も未だ、勝手に脈打っている此の心臓を放置している。
 僕は知らないわけじゃないんだ。本当は知っている。此の脈の動きを意図的にでも力尽くでもなんでも止めて仕舞えば、恐怖という名の僕の独り舞台に幕を降ろすことができるという事を。
 そして、僕は実は、幼い頃から切に其れを望んでいたりする。終演を望み続けている。しかし、其れを悪だとして許さないのが世間である。人間の人間による人間の為の人間社会である。
 ああ、恐ろしい。恐ろしい。
 
 僕が恐怖する其の対象は僕とかなり至近距離に居たのだが、此方が上体を起こした事に全く気が付いていない様だった。其れがまた尚のこと僕の恐怖心を増幅させた。
 あの日と同じ、重なる様な其の態度が、僕に耐え難いほどの不快感と猜疑心を与えた。
 
 僕は今晩何もされていないのだろうか。
 僕の身体は無事だろうか。
 何処を如何いう風に触られたのだろうか。
 僕は如何いう風に悪戯されたのか。
 僕は何処までさせられたのだろうか。
 此の身体は今晩一体何処まで穢されてしまったのだろうか。
 
 眠ってしまった自分自身を酷く憎んで嫌悪した。
 
 ああ、気持ち悪い。
 
 とてつもない恐怖である。
1
4
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行