フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 暗く混沌の様な静寂の中、向こうで扉の開く音がした。
 其の音は、僕の小さな心臓を大きく跳ね上がらせ、清々しささえ感じる程ピリッと混沌を一掃した。足音はゆっくりと、静かに、それでも確かな威圧感を持って和室に向かって行った。
 いよいよ寒さが酷く感じられた為、一つの音も出さないよう、息を潜め、細心の注意を払い、柳の様な手付きで布団を被った。震えながら、自分で自分の身体を抱き締めた。
 自分の身体を抱いてやれるのが、自分しか居なかった。
 独りだった。
 何もしないよりマシ、そんな程度だった。
 
 こんなにも人の足音が鋭く聴こえたのは後にも先にも、無い。一歩一歩の空気感が小さな此の体に重くのしかかり、纏わり付いて離れなかった。
 父が廊下を歩く度に床板が小さくギィと鳴いた。音の響く度に、自分の肺も同じテンポでにギィと、軋む様に痛んだ。
 
 



 ギィ、、ギィ、、ギィ、、ギィ、、ギィ、、ギィ、、ギィ、、、
 
 
 あぁ、頭が可笑しくなってしまいそうだ。
 いや、もう既に手遅れかもしれない。
 僕の頭は沸騰する鉛の様に、酷く、重だるく狂っていた。横になっているはずなのに、これまで感じたことの無い程の酷い眩暈に襲われた。
 呼吸の度に歪む視界。
 東尋坊の心地。
 吐き気のする浮遊感。
 
 和室へ到着したと思われる足は数秒間、何の音も発しなかった。また再び、静寂が訪れた。其れはアラスカの海底のような、冷たく重い絶望の色をしていた。
 
 何処かで聞いた事がある。
「小さな子供にとって、家庭は世界である。」と。
 其れは、未だ幼かったその日の僕にとっても同じであった。
 家庭は世界で、其の世界のルールは父であった。此の家にいる限り、其のルールに抗うことはおろか、逃げる事など不可能だった。
 
 不意に自室の扉が開かれた。
 ゆっくりと忍び寄る足音。心臓の音がうるさい。近づく大きな気配。瞼が震える。軽く掛かる鼻息。息が出来ない。耳元で囁かれた一言。
 
「…お前、起きとったんか?
 
 ああ、父さん。
 正解って、一体どれなの。
 僕は其れに何と答えればいいの。
 人間から久し振りに声を掛けてもらった様な気分だった。
 不覚にも、其の声に信頼的な安心感を寄せてしまった。
 狡いくらいに、低く優しい声だった。
 慰められている様な錯覚に陥った。
 



 頷いてしまった。
 
 とても小さく、ゆっくりと、静かに。そして、泣きそうになりながら目を開けた。
 暗闇の中で、父さんの顔が視界に大きく映った。其の瞳は、少し混乱している様だった。父さんは直ぐに僕からチラと目を逸らして手短にこう言った。
「此のことは誰にも言うなよ。内緒な。」
 僕は父さんを見ながらコクリと首を動かした。
 誰かに身体を操られている様な感覚だった。まるで自分の身体が自分のものじゃない様な、そんな感覚。
 父さんは「おやすみ」と言って僕の唇にキスをした。殴られなくて済んだ。痛い事は嫌いな筈なのに、何故かその時、殴られた方がよっぽどマシだと思った。
 
 扉が静かに閉じられて、日常的な夜の風景になった。
 濡れた唇をゴシゴシと袖口で拭う。気付けば袖口が赤く染っていて、少し鉄っぽい血の香りがした。
 心臓の痛みと呼吸困難で、眠りにつくまでに時間が掛かった。その間、僕は明日について考えていた。厳密に言うと、考えたくも無いのに考えさせられている様な感じだっ
た。考えざるを得なかった。
 
 明日、どんな顔で起きて行けば良いの。どんな顔をして父さんに「おはよう」と言えば良いの。父さんは怒るかな。其れとも、優しくなるのかな。
 
 
 明日なんか、一生来なければ良いのに。
 今日なんか、一生来なければ良かったのに。
1
3
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行