フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
―エタリアの《純騎士|じゅんきし》―  王国、エタリア。  国中に咲き誇る白花を紋章とする騎士の国。  国が誇るエタリア騎士団は、全世界における有数の騎士団の中でも、最強と位置づけられている存在である。  その騎士団に現在、若干二〇歳にして副団長の座にある女騎士がいた。 「《純騎士|じゅんきし》様! 東の森に敵影が現れました!」 「規模を教えてください」 「総数四〇! オオトカゲの群れを率いた軍勢であります!」 「敵国紋章を確認! 敵は東の王国、アルターの魔獣軍と思われます!」 「団長はどこに?」 「団長は現在、王宮にて女王陛下と会談中。団長の到着を待つよりかは、副団長の指示のもと動く方が早いかと!」 「……わかりました。エタリア騎士団、緊急招集! 騎士団法度に基づき、団長不在のため私が指揮を《執|と》ります! 五分で支度を整え、全員、東門に集結せよ!」 「「「ハッ!!!」」」  騎士団寮に警報が鳴り響く。  いくつか種類がある警報を聞き分け、敵国の侵攻だと理解した団員達は、作業を切り上げて、または食事を水で流し込んで急いで支度を始める。  警報のあとに鳴り響くベルの種類で、東西南北に存在する門のどれに集合するかも知らせるため、騎士達は迷うことなく馬小屋から相棒に乗って東門へと走らせた。  国中を凄まじい速度で馬という馬が駆け、本当に五分弱で騎士団の大半が集結した。  その数、二一六。  騎士団全体の総数の半分程度だが、幾つもの戦火を潜り抜けてきた猛者ばかりである。  騎士団副団長、純騎士が全員のまえに姿を現すと皆、馬の上で敬礼する。 「東の森にアルター魔獣軍! 敵影四〇! オオトカゲ主体の部隊です! いいですか! 決してオオトカゲの尾は斬らないように! 確実に首を斬り落としなさい! 人間は殺さず、拘束すること! 抵抗するようならば、剣を握る腕を斬り落としなさい! いいですか!」  全力の咆哮で以って、応える。  受け止めた純騎士は短く吐息すると、自身の相棒である白馬に跨り、手綱を引いた。 「行くぞぉぉぉぉ!!!」  純白の毛並み携えた、大柄の白馬に跨る純騎士を先頭に、二一六の騎士が走る。  道に沿って進んでいくと、敵軍を確認できた森へと入る。  道なき道へと入り、木々の隙間を滑るように疾走していく。  そうして走り続けてすぐ、先頭の純騎士が敵を確認した。 「続けぇ!」  純騎士が飛ぶ。  オオトカゲが引く荷車に着地すると、敵兵と対峙した。  荷車の中に敵影は五人。  すぐさま陣形を整え、純騎士をぐるりと取り囲む。  全員まだ見習いなのか、型は固いし息も荒い。戦場に投じられた経験が、ないのかもしれない。  そうわかると、純騎士は自身の中で収まる程度の吐息を漏らした。 「っ! ぁぁぁぁっっ!」  背後から斬りかかって来た。  純騎士は振り返ることなく、ほぼノールックで蹴り飛ばす。  続いて斬りかかって来た兵士の一撃をも躱し、さらに続こうとした兵士の顔に拳を叩きこむと、さらに胸座を捕まえて剣を躱された兵士に向けて投げ飛ばした。  残った二人が同時に斬りかかって来ると軽く躱し、背後から手刀で首筋を打ち、神経麻痺によって気絶させた。  手綱を引いていた兵士をも同じ方法で気絶させ、オオトカゲの背に飛び乗る。  帯刀していたレイピアを抜くと、オオトカゲが痛みを感じる暇もない速度で脳天を射抜き、体長五メートルにもなるオオトカゲを、一撃で沈黙させた。 「恐れることはない! 落ち着いて討って取れ!」  最強の騎士団の攻めは嵐の如く、過ぎ去った後に敵影など微塵も残さない。  荷車の中の敵は片っ端から押さえられ、荷車を引いていたオオトカゲもすべて仕留められた。 「純騎士様。敵の捕縛、すべて完了いたしました」 「ご苦労様でした。こちら側の損傷は? 怪我人はいますか?」 「数名が軽い怪我をしましたが、大事には至っておりません」 「そうですか……よかった」  安堵の吐息を漏らす。  白馬に跨るとレイピアを高々と掲げ、全員の注目を集めた。  勝鬨である。 「敵部隊鎮圧確認! これより騎士団は帰還します! 全員、馬に乗れ!」  全員、勝鬨で応える。  その後は処理を終え、全員で無事王国へと帰還した。  出発には先陣を切った純騎士だが、帰還のときは最後尾につく。  誰が決めたわけでもないのだが、しかし自然と、いつの間にかそのようなポジションが決まっていた。  故に敵を返り討ちにした騎士を称える国民の出迎えを、彼女が一番に受けることはない。  さらに彼女は到着すると、王宮の従者が迎えに来て、すぐさま連れ出されてしまった。 「お疲れ様でした、副団長。女王陛下、騎士団長がお呼びです」 「……わかりました、すぐに」  すぐにとは言ったものの、準備はある。  相棒を小屋に戻して休ませて、自室に戻れば簡単な報告書を書き、そこから王宮へと向かうのは、それなりの時間を要した。  王室に向かうと、女王陛下と騎士団長が待っていた。  女王陛下の御前であるというのに、団長は全身甲冑をまとった武装の姿を解けない。  だが決して臆病というわけではなく、むしろ豪快さの塊のような人物である。 「ハッハッハ! 純騎士よぉ! 話は聞いたぞ! アルターの奴らが攻めてきたんだって?!」 「はい。目的は未だ不明ですが、捕縛しましたので後は尋問係の仕事次第です。こちらが現段階での報告書になります」 「そうかそうか! 確かに、受け取ったぞ! いやぁ、仕事ができる部下を持つと頼もしいのだが、先を越されそうで不安だなぁ! ハハハ!」 「純騎士」  片膝をつき、首を垂れる。  玲瓏かつ優しい笑みを浮かべる目の前の女性こそ、エタリアの女王であった。 「陛下、お待たせして申し訳ありません。エタリア騎士団副団長、純騎士。ただいま戻りましてございます」  女王陛下は高齢で、長年エタリアを治めてきた。  歳のせいで視覚と聴覚は衰え、すでにほとんど見えていないし聞こえていない。  だが同じ女性だからなのか、純騎士の声ばかりは聞き取るし姿も捉えているようで、彼女と話す時ばかりは流暢だった。 「……先日、天界よりお告げがありました。純騎士、手を出してごらんなさい。あなたに天よりの授かり物を与えましょう」  ゆっくりと差し出された手。  しかし女王が特別、何かをする雰囲気は感じられない。  少しして気付いた純騎士は、腕を覆っていた籠手と長手袋を外して、もう一度差し出した。  すると気付いたときにはすでに、手の甲に青い刻印が刻まれていた。  普段から長手袋をはめていたため、気付かなかった。  無論、彼女自身が刻んだものではない。 「それは天界の刻印です。純騎士、あなたは選ばれたのです。次代の天界の玉座に座す者、それを決める戦争。その参加者に」  瞳で、女王に本当かと問いかける。  女王は、まっすぐな視線を返してきた。嘘はない。 「ハッハッハ! よかったなぁ純騎士! 先を越されるとは思ってたが、もう越されていたとは思わなんだ!」 「で、ですが私よりも団長が……それに、私の兄がいます! なのに、何故、私が……」 「天には、我々では計り知れぬ意図があるのでしょう。しかし私も疑問です。何故、あなたが選ばれてしまったのか。純騎士、私は無理強いはしません。あなたがイヤならば、背いてもいいのですよ」 「女王陛下、それは待ってください。お忘れではないでしょう。過去に天界の意思に背いた国が、どのような末路を辿ったか」 「わかっています。ですが、純騎士はようやく二十歳になったばかりなのですよ? 最近では恋人もできたと聞いております。なのに何故、このような戦いに出なくてはならないのか――」 「女王陛下」  帯刀していたレイピアを抜き、片膝をつく自身の前に置く。  エタリアの騎士にとって、王族に示す最高の忠誠の証。  自身の剣技のすべてをあなたに捧げるという、姿勢の表しだ。 「ありがとうございます。その御気持ちだけでも、大変身に余る光栄。ですが私も、このエタリアに生まれた一介の騎士。祖国のために戦うことこそ、本懐。ならば私は戦います。それが私の忠義。どうぞこの身に貫かせてください」  一拍遅れて、団長も説得に入る。 「陛下、純騎士もこう言ってる。ここはエタリアのため、こいつのため、送り出しては貰えませんか。大丈夫、純騎士なら勝ちますよ。実力は、俺達騎士団が保証します」  女王は明らかに不安げな顔をして、大きく吐息する。  心労すらも体力を削ってしまう女王の身を思えば、溜め息すらも重かった。 「純騎士、わかっていますね? 玉座を巡る戦いは生死を賭けた戦い。敗者は死ぬ。生き残っても、帰って戻れる保証はない。それでも我が国のため、戦ってくれると言うのですか?」 「それが祖国のためならば」  女王の不安のせいなのか、空はたちまち曇天に変わり、雨まで降りだした。  豪雨だった。  傘など持って来ていなかった純騎士はずぶ濡れになりながら帰宅した。  純騎士に両親はいない。  騎士だった父親は二年前の戦争で戦死し、母も六年前に病気で他界した。  三つ上の兄は、元はエタリア騎士団の団長だったが、二年前に母と同じ病を患って除隊した。  それまでは歴代最恐と呼ばれた魔導騎士だった。  兄を目標に八年前、入団した純騎士だったが、兄には到底追いつけなかった。  兄と違って魔術の才能はなく、身に着けられた者は少ない。  男女の筋力差によって力もなく、剣技に関しても兄には劣っていた。 「兄様」  降りしきる雨。兄は窓の外を見つめていた。  病気のせいで今となっては長時間立っていられるだけの体力がなく、普段は車椅子に座っているが、このときは杖をついて立っていた。 「純騎士か」  帰って来た妹を迎える様子は一切ない。  彼女に背を向けたまま、視線は窓の外を向き続けている。 「兄様、立っていて大丈夫なのですか? お体に障ったら……」 「病人扱いするんじゃない。それよりも、何か言うことがあるんじゃないか」 「は、はい。すみません兄様。あの、こ、この度天界の戦争に参加することとなりました。エタリア騎士団の誇りにかけて、必ずや、玉座を勝ち取ってみせます」 「そうか。ならば必ず勝て。勝利の栄光こそ、エタリアの誇り。かつて我が一族が掲げた栄光を忘れるな。栄光を追い求め、栄光を欲しろ。縋りついてでも、勝利の栄光を手にしろ。いいな」 「……はい、兄様」  数か月ぶりの自分の部屋。  ときどき兄の世話のために来てくれる家政婦が掃除してくれているらしく、埃っぽさはない。  趣味であるぬいぐるみが敷き詰められたベッドに倒れ込み、胸の中に溜まりに溜まった感情のすべてを、吐息として吐き出した。  兄とは昔から合わない。  才能の塊だった兄と比べ、明らかに劣る妹。  兄にとっては恥でしかなく、騎士団にいた頃もあくまで、上司と部下という関係だった。  今更、その関係に疲労感を感じるわけではないのだが、兄の期待に応えるのはとても辛い。  兄の理想は、妹には高すぎる。  だが今回、そんなことも言っていられない。  天界の戦争に勝ち抜くのは、今までのどんな修羅場よりも壮絶だ。  天界が全世界から選んだ九人の実力者による、玉座争奪戦争。  敗者が今までに帰って来た例は、一つとしてない。  選ばれるのは大魔術師と名高い実力者ばかり。天界が選んだ選りすぐりだ。  そんな中で勝ち残り、玉座に座る。  魔術の才能をほとんど持たない自分が、大魔術師を相手に。 「無理です、そんなの……」  自信なんてない。  だからと言って、戦わないと言う選択肢はない。  騎士として、死ぬ覚悟もできてなどいない。  自分の我儘で国を滅ぼされるわけにもいかない。  だけど、だけれども、死ぬ覚悟なんていつまで経ってもできなくて、だからといって勝ち残る自信など持てなくて、どうしたらいいのかわからない。  だから今は眠る。  体の重みに身を任せて、暗い気持ちに身を任せて。  今は、それだけしかできなかった。  戦争開始まで、あと九日。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行