フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 第一章 出会い  真っ暗な空に砂ぼこりが舞ったように、月の光が差し込んでいた。  廃工場となった場所にあるさびた金属の部品は、淡く、白く輝いていた。  幽霊が不気味な場所に現れやすいというのは、あながち間違っていないと思う。  僕はこう思っている。  なぜなら、  僕は幽霊だからだ。  二年前、僕は通り魔に刺されて死んだ。塾の帰り道で、辺りは暗く、何か考え事をしながら歩いていたような気がする。  今ではあまり思い出せないが、ボーッと歩いていて、後ろから走ってくる通り魔に気付くことができなかった僕は、腹を刺されて即死だった。  人は死んだら天に昇ると思っていたのだが、どうやら、全員が全員ではないらしい。  知り合いのおじさんの幽霊によると、この世に未練を残したまま死んだ人間は、この世に残り続けるらしい。  ありきたりすぎて信じられなかったが、そのおじさんの幽霊の目が真剣だったので、とりあえず信じることにした。  未練なんてものは、あまりなかったような気がする。  強いて言えば、親への感謝の言葉くらいだろうか。  でも、友達も恋人もいない僕は、そんなに人生が楽しかったわけでもなく、かといって第三者に、 「今の人生楽しいですか?」  とでも言われたら、はい。と答えてしまうような人間だった。  幽霊になって分かったのは、この世には結構な数の幽霊がいるんだってこと(数えられる程度だけど)それから、幽霊にもちゃんと足があるんだってこと。  ただ、物や人に触ることができない。逆に言えば、壁とか障害物を関係なしに移動できる。  その能力を悪用すれば色々なこと(具体的には言えない)ができるのだけれど、そんなことするような性格でもなかったし、元々そんな勇気はないので、僕はしない。  なんでこんな陰気くさい廃工場なんかにいるかっていうと、見つかるのが嫌だからだ。人間に。  たまに、一万人に一人くらい、霊感の強い人間がいる。  そういう人は、偶然、僕たちみたいなものが、見えたりしてしてしまう。  昔、小学生のころには、クラスに一人くらいは、 「オレ、霊感あるぜ!」  と自分で言って、周囲を困らせる人がいたような気がするけれど、  今になってみると、こんなに少ないのだ。  そういった人に見られて驚かれるのは、僕も嫌なので、人の多いところには行かない。  中には、驚かすのを生きがいにしてるやつもいるみたいだけど。  さて、そろそろ散歩しよう。  散歩というのは、僕が死んでからずっと続けていることだ。  死んだ日に歩いていたあの路地を毎日歩いて、通り魔がいないか確認するのだ。  もう誰も襲われて欲しくないし、通り魔に復讐するのが、僕がこの世に残した未練のような気がするから。  廃工場に背を向けて、コンビニの方向に歩き出す。  幽霊は、スーって平行移動すると思ってる人がいるかもしれないけど、それは違う。  足があるから、普通に歩くのだ。  この二年間、通り魔を見たことは一度もない。  もし見つけたとしても、触れないのにどうやって復讐するんだろう。僕が聞きたいくらいだ。  3つ目の曲がり角を曲がると、細い路地に出る。  僕が殺された場所だ。  一年ほど前はよく置かれていた、花も、今ではもうない。  ここで一つの命が絶たれたことなど、皆すぐ忘れてしまうのだ。  ああ、まただ。誰もいない。通り魔事件が起こってからというもの、夜にこの路地を通るのは酔っ払いくらいしかいなくなった。  今日はもう帰ろう。  あきらめて背を向けた、その時だった。  コツン…… コツン……  リズムよく音を刻む靴の音が、心臓に響く。  まさか、通り魔?  いや、それは違った。  そこにいたのは、同い年くらいの、髪を肩くらいでそろえた高校生だった。  そんな人が、制服を着て、こっちに向かって歩いてきたのだった。  こんな時間に何してるんだろう。しかも通り魔のあった場所で女子高生が一人なんて。  すごく心配になる。もしここで通り魔が来ても、僕は何にもできない。  彼女がこちらに近づいてくるにつれ、徐々に緊張が増した。その緊張が、自分の人見知りから来るのか、通り魔の心配なのかは、分からなかった。  無事に通りに出れればいいけど……  下を向いて歩いていた彼女だったが、なぜか、僕の近くに来ると、立ち止まった。  え?何?もしかして霊感ある人なのかも……だとしたらなんで見られてるんだろう。  額に冷や汗が流れる。そして、 「……誰?」  と言い放った。  普通の人間には見えない幽霊の僕の、眼を見て。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行