フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 第二章 惑い
「誰…?
 幽霊で、普通の人間には見えない、僕の眼を見て、彼女はこう言い放った。
 え??しがない幽霊ですとでも言って名刺を差し出すべきなのだろうか。
 いや、そもそも僕のことが見えているのか?
 もし見えていたとしたら、何で普通に喋ってるの?ねえ?
 君、今幽霊と喋ってるんだよ?ねえ?
 驚きの展開に動揺する僕にはお構いなしに、彼女は続ける。
「こんな時間にこんな場所にいたら危ないよ。」
 いや、こっちのセリフだよ。頭がおかしくなりそうだった。
 とりあえず何か喋ろう。
「君は、僕が見えるの…?
 すると彼女は、少しも表情を変えずに、
「お兄さん、もしかして透明人間じゃないの?
 と言った。
「えっと、、、僕は、自分が幽霊だと思ってるんだけど。」
 そう言うと、彼女の眉がピクリと動く。



「…幽霊?
「僕は幽霊だよ。でも、どうして透明人間が見えてるんだろう…」
 もう、訳が分からなくなってきた。
 すると、彼女は笑いながら言った。
「へえ。こんな偶然あるんだね。」
 彼女の話は衝撃的だった。
 霊感を持った幽霊と、霊感を持った透明人間は、お互いのことが見える。といった、到底信じがたい話だ。
 彼女も噂でしか聞いたことがなかったらしく、信じてはいなかったらしい。
「ちょ、ちょっと待ってよ。そもそも、幽霊と透明人間って、何が違うんだよ?
「私は幽霊じゃないから、幽霊は知らないけど、透明人間は、人間なの。
 痛みも感じるし、お腹も減る。物にも触れる。ただ、周りからは見えないってだけ。」
「君は、今も生きてるってこと?
「そうだね、私の生きるの定義が正しければね。」
 こんなことがあり得るのだろうか。
「どうやって透明人間になったんだ…?
 と僕は聞く。
「私は罪を犯したの。人を殺した。その時は無意識で、何でそんなことしたのか全く分からない。
 でも、気付くと、私の前には死体があった。それは覚えていても、それ以外全く記憶がないの。」
「そして、それから私は誰からも見えなくなったの。最初はドッキリとか、無視されてるんだと思った。でもようやく理解しだして、これは天罰だって思い始めたの。死ぬまで孤独っていう罰。まあ、透明人間は割といるから、孤独ではないけど。」
 まさか透明人間に出会うとは…
 それから僕は、自分が死んだときの話、そして幽霊の話をした。
「へえ、おもしろいね。霊なんて信じてなかったけど、本当にいるんだね。」
 興味深く頷く彼女に質問する。
「なんでここに来たんだ…?」すると彼女は、
「分からないよ。でも、ここにいれば何か分かる気がしたから。罪を償えば、普通の人間に戻るかもしれないって、おじさんの透明人間が言ってたし。」とだけ答えた。
 どうやら、透明人間も、透明人間同士なら見えるらしい。
 でも、幽霊と透明人間は全く別物で、お互いに見える条件としては、どちらも霊感を


持ってるってことが条件なんだろう。すごい確率だな。と僕は思った。
「でもいいよね。幽霊はお腹も減らないんでしょ?
「それはそれで苦労だけどね。透明人間は、物に触れるじゃん。」
「物に触れても、人がいるところでは無理だよ。音とか出しちゃったら、みんな心霊現象だって騒ぎだすし。」
「人には見えないのは一緒なのに、お互い大変だね。」
 と僕が言うと、
「そうだね。」
 と彼女は笑った。
「でもさ、なんで僕に声かけたの?
「私は、また無意識のうちに人を殺したりしてしまいそうでならないんだ。
 私と目が合うから、人間ではないと思ったけど、まさか幽霊だとはね。」
「透明人間が透明人間を殺せるの?!
「言ったじゃん。物に触れるって。私たち透明人間は、見えないこと以外普通の人間なんだよ。」
「死んだらどうなるの……?
「さあ?私はまだ透明人間は殺したことがないから分かんないけど、たぶん普通に死ぬ
んだと思う。」
 そんなものなのか…
 それから僕たちは、普段の過ごし方とか、身の上話なんかをたくさんした。
 その多くが、廃工場でだった。
 それから数週間が過ぎ、街には妙な噂が流れていた。
『夜中、廃工場で、女の人の声がする。』
 当然といえば当然だった。人から見えないこと以外普通の人間である彼女は、声が普通の人にも聞こえてう。それに便乗して肝試しに来る馬鹿な学生出てきたので、僕は話場所を変えようかと迷っていた。
「ねえ、幽霊くん。君って、誰かに乗り移れたりしないの?
 彼女は突然こう言った。
「やったことないけど、たぶん無理。あと、幽霊くんじゃなくて、いい加減名前で呼んでよ。蓮って。」
「分かったよ。分かった、蓮くん、じゃあ、その代わりに私のことも雪野様って呼んでよ。」
「うん、それで、雪野さん、乗り移るってどういうこと?
「いや、雪野様のやつスルーしないでよー」



「もうそれはいいから…」
「冷たいなあ。でね、乗り移るっていうのは、どっかに力込めてさ、なんかうーーーんってやればできるんじゃないの?
「アバウトだね…」
「ほら、試しに、今日も肝試しに来たあのチャラい大学生とかに乗り移ってみてよ。」
 肝試しにやってきた、リア充オーラを放つ大学生4人組が、廃工場の入り口付近にいた。
 誰から行くかみたいなことを話してるみたいだった。
「どこに力込めればいいの?
「多分、こめかみとか?知らないけど。」
「なんじゃそりゃ。」
「とりあえず、やるの!
 そんなこと言われても…
 とりあえず、やれるだけやってみよう。
 そう思って、チャラい大学生に近づいて行った。
 肌黒で、サングラスにネックレス、ピアスにアディダス…
 ほんとに『ス』がつくものが好きだなと思いつつ、まさか狙っているのではないかと
思い始める。
 こめかみに意識を集中させる。
 体が吸い込まれるような感覚だった。
「-----ん….?
 気付くと、さっき自分が立っていた場所と、視点が変わっていた。
 目の前では、厚化粧の女2人と、小さめでヤンキーみたいな身なりの男がゲラゲラ笑っていた。
「あれ?どうしたの?
 目の前の女が聞いてくる。
 あれ?これってもしかして成功してる?
「いやー、こんな漫画みたいなことあるんだなぁって。」
 自分の体から、自分のではない声が漏れる。
 どうやら、成功してしまっているようだ。
「え?漫画?あんた好きだっけ?
 笑いながら前の女が聞いてきた。
 僕は、立ち上がって雪野さんのほうを見る。
 彼女は、驚いて口を開けたままだった。



 どうやら、人間に乗り移っても、透明人間は見えるっぽい。
「何々?どうしたの?
「なんでもないよ。じゃあそろそろ。」
 そういって僕は、チャラい大学生の体から抜け出した。
「どう?上手くできてた?
 僕は彼女に聞く。
「うん、何で成功しちゃうの。蓮くん。冗談だったんだけど。」
 まだ驚いてるようだった。
 僕が乗り移った大学生は、あれ?ここどこ?みたいな顔してまだ帰らねえよ!とかなんとか必死に話していた。
「その能力を使えば、君も物に触ったり、人と話したりできるわけじゃん?
 不敵な笑みを浮かべた彼女の顔を見て、嫌な予感がした。
「でも、勝手に乗り移ったりしたら申し訳ないよ。」
「大丈夫、大丈夫。減るもんじゃないし。それに、乗り移られた時の記憶は、ないみたいだし。」
「いや、そういう問題じゃ…」
「とりあえず、協力してほしいことがあるの。ちゃんとお礼するからさー。お願い蓮く
んー!
 その彼女の笑顔に、僕は、ああ抗えないな。と思ったのだった。
 第三章に続く
1
5
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行