フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 第三章 憂い 「協力してほしいことがあるんだよね。お礼はちゃんとするからさー、お願い!蓮くん!」  どうやら僕は、彼女の笑顔に弱くなってしまっていたようだ。 「お礼が何かにもよる……」  ああ。僕は何でこうなるんだろう。 「そうだねー。うーん。じゃあデート一回分でどう?」 「いやいや、幽霊と透明人間がどうやってデートするの。」 「乗り移ればいいじゃん。誰かに」  ええ。またかよ…… 「何回もやると申し訳ない気が……」 「同じ人ならね、でも毎回違う人だったらみんな一回ずつだから大丈夫!丸く収まるね!」  はあ。結局こうなるのか。僕にはなぜ丸く収まるのか考えすらつかない。  まあ、でも、たまには人助けも悪くないか。 「分かったよ。ちょっとだけなら。」すると、彼女は、僕が言い終わる前に、 「やったー!さすが蓮くん。かっこいい!」  とマシンガンのように言ってきた。 「そういうのいいから。で、何をすればいいの?」 「えっとね、自転車で10キロ先の集団墓地まで連れて行ってほしいんだ」 「なに?肝試しでもするの?霊が近くにいるってのに。」 「違うよ。私は、両親のお墓参りがしたいだけ。」 「え……?」  どういう事なんだろう。  思えば、彼女の両親の話を聞くのは初めてだ。 「なんで墓参り?」 「そりゃあ死んじゃってるからだよ」 「いやいや、そういうことじゃなくてさ、なんで自転車で墓参り行くのに僕がいるのかってこと」 「だって遠いじゃん。歩くのは疲れるし。でも蓮くんが人に乗り移って自転車をこいで、私が後ろに乗れば、いけるでしょ。」 「ああ、そうか。雪野さんが自転車に乗ったら、勝手に動いて見えちゃうもんね。」 「でしょ。そしてね、もう一つお願いが」  なんだかめんどくさそうな話になってきた。僕はちょっと嫌になる。 「もう、そんな目しないでって。デート2回にしたげるからさー」  と能天気に言う。 「別にそういうの求めてるわけじゃ……」 「でね、お願いっていうのは、幽霊になった私の両親と、透明人間の私の通訳になってほしいの」 「ほら、前に言ってたじゃん。この世に未練があると幽霊になるって。だから、私の両親は、どこかにさまよってる気がするんだよね」 「未練が残るような死に方したってこと?」 「まあそこらへんは後程話すとして」  これ以上突っ込んでいいのかどうか少し迷ってから、僕は聞いてみた。 「雪野さん、両親と何を話したいの?」 「透明人間になるまでの話とか、感謝の言葉くらいだね。言いたいのは」 「ふうん。で、いつやるの?」 「明日だね。思い立ったが吉日ってよく言うし」 「思い立ったのが今日なら、明日じゃだめだと思うけど……」 「そんなことは気にしないの。それより、乗り移る人とパクる自転車探そうよ」  変なことを普通のトーンで言う雪野さんがおかしくて、僕は少し笑う。  変な人だ。  それから僕は、彼女に無理やり連れられて、近くの商店街で人と自転車を探すことにした。 「ねえ、この自転車鍵かけてないよ!」  表情がすごく嬉しそうだ。事情を知らない人から見たら、完全に犯罪者だけど。 「へえ、それに乗ればいいの?」 「うん、もちろん。あとは人だね」  なぜか不気味な笑い方をする雪野さんを見て、サイコパスについて解説していたテレビ番組を思い出した。  それから少し歩くと、彼女は、突然に、 「ねえ、思ったんだけど、今から人探しても意味なくない?」  と小さくつぶやいた。 「探そうって言ったのあんたじゃん……」  なんだか力が抜ける。 「まあまあ、そう怒らないでよ蓮くん。ほら、今日はもう秘密基地に戻ろう」  いつからか、廃工場が僕らの住処になっていた。そして、その二人だけの場所を、彼女は『秘密基地』と呼ぶのだった。  廃工場への帰り道、彼女は近くのコンビニエンスストアに入って、店員が眠っている隙にモンブランを盗ってきて食べていた。  もし店員が起きていたら、世にも珍しいモンブランの空中浮遊を目にしていたはずだ。 「仕方ないとは思うけど、やっぱりそうするしかないんだね」  と、僕は苦笑いしながら言った。 「え?何?確かに法律では盗みはだめだけど、透明人間に法律はないんだよ」  結構めちゃくちゃなだな。  罪を償うどころか、増やしているような気がする。まあ、それは言わないけど。  彼女が生きるには仕方のないことなのかもしれない。  ◆  そして、翌朝、作戦は決行された。  しかし、ここで、事件が起こった。 「え?何で?!自転車がない!」  彼女が見つめる先には、空の自転車置き場があった。  朝のうちに持ち主が乗って行ったのだろうけど、彼女はなぜか怒りに燃えていた。 「ゆ……許さん……っ!」  いや、怒っても仕方ないでしょ。そう思いながら結局僕らは、別の自転車を探すことにした。  しかし、このご時世、鍵のかかっていない自転車は、そう簡単には見つからない。 「あー。何なのー。鍵なんかかけないでよー」  またもやコンビニからコーラを盗ってきた彼女は、僕の横で座りながら言う。 「仕方ないよ。今日はあきらめよう。」  僕は正直、早くやめたかった。  しかし彼女は、「ダメ。絶対に今日」と言い張る。  そこで、僕は聞いてみた。単純に、今日という日に執着する理由が、疑問だった。 「なんでそんなに今日にこだわるんだ?」  少し間があった。  それから、彼女は小さい声で 「今日……命日なんだ。私の両親の」  そういった彼女の眼には、うっすら涙が浮かんでいた。  第四章に続く
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行