フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 第三章 憂い
「協力してほしいことがあるんだよね。お礼はちゃんとするからさー、お願い!蓮くん!
 どうやら僕は、彼女の笑顔に弱くなってしまっていたようだ。
「お礼が何かにもよる…」
 ああ。僕は何でこうなるんだろう。
「そうだねー。うーん。じゃあデート一回分でどう?
「いやいや、幽霊と透明人間がどうやってデートするの。」
「乗り移ればいいじゃん。誰かに。」
 ええ。またかよ…
「何回もやると申し訳ない気が…」
「同じ人ならね、でも毎回違う人だったらみんな一回ずつだから大丈夫!丸く収まるね!
 はあ。結局こうなるのか。僕にはなぜ丸く収まるのか考えすらつかない。
 まあ、でも、たまには人助も悪くないか。
「分かったよ。ちょっとだけなら。」すると、彼女は、僕が言い終わる前に、
「やったー!さすが蓮くん。かっこいい!



 とマシンガンのように言ってきた。
「そういうのいいから。で、何をすればいいの?
「えっとね、自転車で10キロ先の集団墓地まで連れて行ってほしいんだ。」
「なに?肝試しでもするの?霊が近くにいるってのに。」
「違うよ。私は、両親のお墓参りがしたいだけ。」
「え…?
 どういう事なんだろう。
 思えば、彼女の両親の話を聞くのは初めてだ。
「なんで墓参り?
「そりゃあ死んじゃってるからだよ。」
「いやいや、そういうことじゃなくてさ、なんで自転車で墓参り行くのに僕がいるのかってこと。」
「だって遠いじゃん。歩くのは疲れるし。でも蓮くんが人に乗り移って自転車をこいで、私が後ろに乗れば、いけるでしょ。」
「ああ、そうか。雪野さんが自転車に乗ったら、勝手に動いて見えちゃうもんね。」
「でしょ。そしてね、もう一つお願いが…」
 なんだかめんどくさそうな話になってきた。僕はちょっと嫌になる。
「もう、そんな目しないでって。デート2回にしたげるからさー」
 と能天気に言う。
「別にそういうの求めてるわけじゃ…」
「でね、お願いっていうのは、幽霊になった私の両親と、透明人間の私の通訳になってほしいの。」
「ほら、前に言ってたじゃん。この世に未練があると幽霊になるって。だから、私の両親は、どこかにさまよってる気がするんだよね。」
「未練が残るような死に方したってこと?
「まあそこらへんは後程話すとして。」
 これ以上突っ込んでいいのかどうか少し迷ってから、僕は聞いてみた。
「雪野さん、両親と何を話したいの?
「透明人間になるまでの話とか、感謝の言葉くらいだね。言いたいのは。」
「ふうん。で、いつやるの?
「明日だね。思い立ったが吉日ってよく言うし。」
「思い立ったのが今日なら、明日じゃだめだと思うけど…」
「そんなことは気にしないの。それより、乗り移る人とパクる自転車探そうよ。」
 変なことを普通のトーンで言う雪野さんがおかしくて、僕は少し笑う。



 変な人だ。
 それから僕は、彼女に無理やり連れられて、近くの商店街で人と自転車を探すことにした。
「ねえ、この自転車鍵かけてないよ!
 表情がすごく嬉しそうだ。事情を知らない人から見たら、完全に犯罪者だけど。
「へえ、それに乗ればいいの?
「うん、もちろん。あとは人だね。」
 なぜか不気味な笑い方をする雪野さんを見て、サイコパスについて解説していたテレビ番組を思い出した。
 それから少し歩くと、彼女は、突然に、
「ねえ、思ったんだけど、今から人探しても意味なくない?
 と小さくつぶやいた。
「探そうって言ったのあんたじゃん……」
 なんだか力が抜ける。
「まあまあ、そう怒らないでよ蓮くん。ほら、今日はもう秘密基地に戻ろう。」
 いつからか、廃工場が僕らの住処になっていた。そして、その二人だけの場所を、彼女は『秘密基地』と呼ぶのだった。
 廃工場への帰り道、彼女は近くのコンビニエンスストアに入って、店員が眠っている隙にモンブランを盗ってきて食べていた。
 もし店員が起きていたら、世にも珍しいモンブランの空中浮遊を目にしていたはずだ。
「仕方ないとは思うけど、やっぱりそうするしかないんだね。」
 と、僕は苦笑いしながら言った。
「え??確かに法律では盗みはだめだけど、透明人間に法律はないんだよ。」
 結構めちゃくちゃなだな。
 罪を償うどころか、増やしているような気がする。まあ、それは言わないけど。
 彼女が生きるには仕方のないことなのかもしれない。
 ーーーーーー
 そして、翌朝、作戦は決行された。
 しかし、ここで、事件が起こった。
「え?何で?!自転車がない!!!
 彼女が見つめる先には、空の自転車置き場があった。
 朝のうちに持ち主が乗って行ったのだろうけど、彼女はなぜか怒りに燃えていた。
「ゆ…許さん…っ!



 いや、怒っても仕方ないでしょ。そう思いながら結局僕らは、別の自転車を探すことにした。
 しかし、このご時世、鍵のかかっていない自転車は、そう簡単には見つからない。
「あー。何なのー。鍵なんかかけんなよー。」
 またもやコンビニからコーラを盗ってきた彼女は、僕の横で座りながら言う。
「仕方ないよ。今日はあきらめよう。」
 僕は正直、早くやめたかった。
 しかし彼女は、「ダメ。絶対に今日。」と言い張る。
 そこで、僕は聞いてみた。単純に、今日という日に執着する理由が、疑問だった。
「なんでそんなに今日にこだわるんだ?
 少し間があった。
 それから、彼女は小さい声で
「今日…命日なんだ。私の両親の。」
 そういった彼女の眼には、うっすら涙が浮かんでいた。
 第四章に続く
1
3
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行