フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 第四章 償い 「今日……命日なんだ。私の両親の」  そう言った彼女の眼には、うっすら涙が浮かんでいた。  なにやら、気まずい雰囲気になる。  彼女の話では、人を殺してしまって透明人間になった日、マスコミは、彼女のことを行方不明として報道したらしい。  それに心を痛め、マスコミの取材や、精神的なダメージで追い込まれていた両親は、2週間後にこの世を立ったのだった。 「そっか。だから命日の今日なら、お墓の前に両親の霊がいると思ったんだね。」 「……」  なるべく努力したのだが、優しく言うということがこんなに難しいとは思わなかった。  悪いこと言っちゃったなあ。  そう思いながら、すごく長く感じる沈黙の時が過ぎた。  そして、永遠とも思えるその静寂を切り裂いたのは、意外な声の主だった。 「お、蓮じゃねえか。何してんだこんなとこで」  それは、知り合いのおじさんの幽霊だった。  僕に、幽霊の世界のことを、色々教えてくれた人だ。 「あ、おじさん」  急に喋りだした僕を見て、雪野さんも驚いていた。 「鍵のかかってない自転車を探してるんですけど、なかなか見つからなくて……」 「まさか、お前も、どっかに行きたいと思ってるのか?」 「え?」  意外なことを聞いてくるおじさんに、僕は変な声が出てしまう。 「いや、あるんだよ。幽霊はみんな。幽霊だけど、誰かに乗り移ってどっかに行こうって思うことがな」 「おじさんは行ったことあるんですか?」 「ああ、あるよ。一度、海にな。特に理由はないんだけどよ」  すごく理由がありそうだったけど、あえて聞かないことにした。 「その時はどうやって行ったんです?」  僕はすかさず聞く。 「タクシーだよ。タクシーの運ちゃんに乗り移ったんだ。」  雪野さんがピクリと反応する。これならもしかして…… 「あの、おじさん。理由は聞かずに、僕を数キロ先の集団墓地まで連れて行ってくれません?」  僕はおじさんの目を見る。 「おう、いいぜ。お前ならどこでも連れてってやるよ。どうせ暇だしな」 「ありがとうございます!じゃ、今から行きましょう」 「え?今からかよ?しゃあねえな、じゃあタクシー探すか」  それから僕らは、見事タクシーに乗ることができた。  ただし、なんだかめんどくさくなりそうだったので、おじさんには雪野さんの話はしていない。  今、僕の隣に乗っていることも。 「しかしまあ、タクシーの運ちゃんにかっこいいやつはいないもんだな」  おじさんが運転しながら言う。  おじさんの乗り移ったタクシーの運転手は、白髪交じりで、結構年だった。 「いいじゃないですか。僕も乗り移るならもっとかっこいい人が良かったですよ」  しかし、最初に見つけたタクシーに乗っていた客なのだから仕方がない。  この中年の男に乗り移るしかなかったんだ。  そんな、僕が乗り移った様子を見て、雪野さんは、ずっと笑いをこらえていた。  ◆  四分ほどで、集団墓地に到着した。  おじさんは、待ってるから、終わったら戻ってこい。と言ってくれた。  ありがたい。  その場所は、森に囲まれていて、夕日に赤く染まった木が生い茂っている場所にあった。  そんな集団墓地の隅っこに、彼女の両親のお墓はあった。  そして、彼女の両親と思われる二人の幽霊が、静かに立ち尽くしていた。  ずっと見られているから、不安に思ったのだろう。  お墓の前に立つと、優し気な男の人の幽霊が、僕の乗り移った中年の男に話しかけてきた。 「もしかして、乗り移っている方ですか?」  落ち着いた声だった。 「はい。そうです。用があってきました。こんな身なりですけど、一応高校生です。  えっと、雪野さんのご両親でしょうか?」  そう言うと、二人の幽霊は驚いた顔で、 「ええ……」  と言った。  その様子を、肝心の雪野さんは、黙って見ていた。  それから、僕は話し始めた。  透明人間になった彼女のこと、なぜそうなってしまったのか。  最後に、彼女が今、ここにいること。  彼女の両親は、驚きで口が開いたままだった。やはり親子だな。と思った。 「なぜ、あなたは、雪野が見えるの……?」  彼女の母親は恐る恐る聞いてきた。  僕は、ただ、 「分かりません。でも多分、僕にも雪野さんにも霊感があることが関係しているかと」  とだけ言った。 「あなた、名前は……?」 「片井 蓮と言います。」  名前を名乗ると、彼女の父親が、 「片井君。君は雪野と喋れて、私たちとも喋れる。しかし、私たちは、透明人間になった雪野とは喋れない。だから、せめて、君を通して雪野と話がしたい」  彼女の父親の目には、どこか哀愁の色が浮かんでいた。 「もちろんです。僕は、そのために来ました」  それから、僕を通して、彼女と両親は、長い話をした。 「雪野、体調はどう?」 「体調はどうかって、お母さんが聞いてる。」 「全然大丈夫だよ。って言って」 「全然大丈夫だって言ってます」 「よかった……」  話しているうちに、父親も母親も、涙が頬を伝っていくのが見えた。 「私たちはね、急にあなたがいなくなって、本当に辛かった。神様に何度もお願いした。でも、あなたは戻ってきてはくれなかった」  僕としても聞くのが辛い話だ。 「もう、二人とも疲れたって、屋上から飛び降りたの。でも、まだ未練が捨てきれずに、天には昇れなかった。幽霊になっていくら探しても、あなたは見つからなかった」  母親の話は続く。 「でも、命日にはもしかしたら会えるんじゃないかって、二人で、命日はここにいることにしたの。こうやって最後に話ができたのも、神様がお願いをやっとかなえてくれたからなのね。ありがとう。片井くん。そして、雪野、あなたは、見えなくても、ずっと私たちの宝よ」  そう言うと、雪野さんの両親は、体から光を放って少しずつ天に昇り始めていた。  僕は慌てて、 「雪野さん、二人はもう未練がなくなっちゃったから、天に昇っちゃうよ!感謝の気持ちを伝えるんじゃなかったの?」 「蓮くん、言ってくれる?ありがとう。って」 「だめだよ。その言葉は、僕じゃなくて、君が直接言うべきだ。」 「でも、私の声、聞こえないよ?」 「いいから。それでもいいから……」 「……分かった。」 「よし、頑張って。」  彼女が大きく息を吸い込む。  そして、真っ赤な空に向かって叫ぶ。 「大好きだよっ……!!」  彼女の両親は、天に昇りながら、にこりと笑ったような気がした。  第五章に続く
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行