フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 第五章 憩い  彼女の両親の墓参りから一週間、僕らはある計画を立てていた。 「ねえ、今度夏祭りがあるんだよね、一緒に行こうよ」 「えぇ、また乗り移るのは申し訳ないよ」 「蓮くんは真面目過ぎるよね、別にいいじゃんいいじゃん」 「分かったよ。一応確認だけど、それが、この間言ってたデートってやつ?」 「あ、バレたか」  えへへ、と舌を出す彼女を見て、本当に明るくなったなと思う。  あの日、墓参りの日、雪野さんはずっと帰りのタクシーで泣いていた。  でも多分、うれし泣きのような気がする。  廃工場まで着くと、僕は乗り移りを解除して、おじさんが、「あとは任せろ」と言って、大通りまで運転して行ってくれた。  ありがとうございます。と、タクシーの背中にお礼を言って、そのまま廃工場に戻り、二人でいつものように眠った。  一週間前のことなのに、随分と昔のことのように感じる。  僕も、彼女の両親のように早く未練を捨てて、この世を去りたかったが、未だに通り魔は現れなかった。  そんな暗い僕を見て、彼女は夏祭りに行くことを提案してくれたのかもしれない。 「えっと、それっていつあるんだっけ」 「明後日だよ」 「でも、夏祭りに行っても何をすればいいの?」 「え?もしかして、蓮くんってデートしたことないの???」 「ないけど……え、あるのが普通なの?」 「ハハハハハハハハ!!!そうかそうか、ごめんごめん(笑)」  何だろうものすごくムカつく。  高校生は、デートしたことあるのが、普通みたいなこと言わないでほしい。 「大丈夫、私についてくればきっと楽しいよ」 「今まで聞いた中で一番不安な言葉だよ」  まだケラケラ笑っている彼女を見て、一瞬、自分たちが人間ではないことを忘れそうになってしまう。  僕らは、幽霊と透明人間なんだ。  その事実が、なんだか嫌に心に引っかかっていた。 ◆  遂に夏祭りの当日になった。 「ねえ、そろそろ決めてよー」 「うーん。誰にしようかなぁ」  僕たちは、祭り会場で、乗り移る人を決めていた。  彼女は、足をバタバタさせながら、石段に座っていた。 「あ、あの人いいんじゃない?あの浴衣着てる人」  と彼女が、どこか抜けたような声で言う。 「でも、誰か待ってるっぽいよ。」 「えー。じゃあ、あの人でいいじゃん。ほら、なんか振られたところっぽくない?」  その人は、しゃがみながら下を向いて落ち込んでいた。  自称恋愛マスター雪野さんの見解によると、祭りで落ち込むなんて、女子に振られるくらいだろうと思い、その結論に至ったらしい。 「うーん……まあいいや。じゃあ、乗り移ってくるね。」 「あいよー。ちょっと乗り移ってくる。ってなんか面白いね。今年流行りそう」 「流行らないから」  そんなくだらない会話をして、その男の人に近づいて行った。  どうやら、本当に振られたみたいな落ち込みようだった。  うつむいている下の地面は、少し濡れていて、もしかしたら泣いていたのかもしれない。 「ん…………」  こめかみに意識を集中させる。  体が、男の人の体に吸い込まれていく。  視点が変わった。  やっぱり、何回もやると慣れてくるもんなんだな。  最初の時より、大分早くなった気がする。  無事乗り移った僕は、雪野さんのいる階段の7段目まで登った。  彼女はどこから盗ってきたのか分からない、りんご飴を舐めていた。 「遅いよ、蓮くん。屋台で貰ったりんご飴も、草陰でしか食べれないし」 「貰ったんじゃなくて、盗ってきたんでしょうが」 「どっちも一緒なの。私にとっては。あと、蓮くん。今、君は人間なんだから、私と喋っても、階段の横の草むらに話しかけてる変な人だよ」  忘れてた。自分は今、人間だったんだ。  幸いなことに、祭り会場は、賑やかで、彼女が喋っても、問題ないくらいだった。 「それにしても、よくりんご飴持ってこれたね」 「まあね。みんなお神輿見てて、りんご飴なんか気づかないよ」  それはそれですごいな…… 「はい、これたこ焼き。一緒に食べよう」 「なんか悪いなぁ」 「遠慮しなくていいって。」 「いや、雪野さんじゃなくて、屋台の人に」 「大丈夫だって。食べちゃえ食べちゃえ。」  たこ焼きを爪楊枝で刺し、口に運ぶ。  何かを食べる感覚なんて、いつぶりだろう。  熱くて火傷しそうになるのを抑え、噛みしめる。すごく美味しい。 「お、これで共犯者だね」  その時、笑いながら言う彼女の後ろで、花火が上がった。  真っ暗な空に、赤、白、緑など、鮮やかな色が描き出される。 「綺麗……」  と彼女は言った。  僕は、空に消える光を見て、雪野さんの両親が天に昇った時のことを思い出した。  未練をなくせば、あの世へ行ける。  僕の未練は、通り魔への復讐だと思っていたけど、今思えば、正しいかどうかわからない。  でも、この大きくて壮大な花火と、花火に照らされて輝く彼女の顔を見て、僕は、全てがどうでもいいと思えたのだった。  今だけは、自分が幽霊であることを忘れよう。  しかし、ここで何かを思い出したような感覚に陥った。  あれ?この感情、どこかで……  思い出そうとすると、こめかみが痛くなる。  なかなか思い出すことができず、遂に諦めて、二個目のたこ焼きに手を伸ばす。  別にいいんだ。今、僕は、花火を見ながら透明人間の雪野さんと花火を見ている。  これは、多分、幸せって類のものだと思う。 「ねえ、雪野さん」 「ん……?」  彼女の眼は、なんだか虚ろだった。 「僕たち、普通の人間だったら、こんなに仲良くなれたのかな。」 「蓮くんと私って、仲良かったっけ?」 「えええ……」  それは結構ショックだった。 「嘘だって。冗談だよ。そうだね、なれたんじゃないかな。仲良く。でもね、普通の人間なんていないんだよ。みんなどっかおかしいの。それを隠しながら、みんな生きてる。隠しきれるわけないのにね。それが原因で、死んじゃう人だっているのにね。なのに、人は、他人が隠してる部分を指摘して、責めるんだよ」 「みんなどっかおかしいくらいが、丁度いいんだよ。きっと」  僕は言った。  彼女は少し笑いながらこう言った。 「そうだね。普通過ぎる人間なんて嫌だよ。逆に。透明人間の私が、幽霊の蓮くんを好きになるんだもん。どこにも普通のことなんて出てこないよ」  え? 今、好きって…… 「何、その驚いた顔。もしかして、気付いてなかったの?」  そんなことは、初耳だ。全く気付くことができなかった。 「そんなのわからないよ。恋愛経験なんてほぼ皆無だし」 「へえ、すごい鈍感ぶりだね。むしろ尊敬に値するよ」 「あ、ありがとうございます」 「で?女の子が好きって言ったのに、君は何も言わないわけ?」  どう反応すればいいんだろう。自称恋愛マスターの厳しすぎる試練が、僕の前に立ちはだかる。 「え、えっと、雪野さん」 「はい。」 「僕は雪野さんのことが……」 「うん」 「すき……やき……」 「殴っていい?」 「好きです……」 「おお、よく言えました。なんか恥ずかしいよ」  彼女の笑顔は、まるで真紅の花が咲くみたいだった。  そして、それは、暗い空に鮮やかに映える花火を連想させた。  ショートカットの彼女の髪が、静かに揺れる。  顔が赤くなっていて、この人、綺麗だな。と思った。 「さあ、蓮くん。そのたこ焼き食べたら、射的に行こう」 「え、射的やるの?」 「もちろん、私はできないから、やるのは君だけどね」 「え? 当たり前だけど、僕、お金持ってないよ?」  幽霊がお金なんか持てるはずもない。 「そこのポケット」 「ほえ?」 驚きもあまり頓狂な声が出てしまった。  まさかこの人…… 「結局その人の体がやるんだから同じことでしょ。大丈夫、景品はその人にあげればいいし。雰囲気作りだよ。雰囲気」  ああ、やっぱりこの人はめちゃくちゃだ。 「わかったよ、行こう」 「お、やけに素直だねぇ。もしかして、私に惚れちゃった?」  鼻息が荒い彼女が聞いてくる。 「まあね」 「え?は?ちょ……」 「ん?なんか僕変なこと言った?」 「い、いや、なんでもないよ。さ、行こ行こ」  こうして、僕たちの、射的という名の戦いが始まった。  雪野さんのプレッシャー、なかなか倒れないゲーム機、不敵な笑みを浮かべる店主  果たして、蓮は、景品をとることができるのか!  こんな感じの言葉が頭の中で流れながら、僕らは、喧噪で溢れる屋台へと向かった。  第六章に続く。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行