Before
 わたしに関わらないでください―――導かれるままにゲームをプレイすることになった『渚』。ゲームのクリア条件として、彼の守らなければならないキャラ―――『次代勇者』の少女と、彼は何とか出会うことができた。しかし、彼は困惑した。何故ならその少女は、自らの死を望む、死にたがりの勇者だったのだ―――。
かいり
(ID r9hykKTBRCOCE)
5.とある妖精の過去
死にたがりの勇者と守り人
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
11 分
死にたがりの勇者と守り人5…
14 分
アマガサ×ドロップ
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
海色の鯨第一章 色あせた夏…
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
8 分
物怪奇譚
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
8 分
僕たちはここに。
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
8 分
日常今・バーテンダー
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
8 分
ある青年の話
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
65 分
IRREGULAR;HER…
13 分
とある鍛冶屋の初恋物語1 …
14 分
とある鍛冶屋の初恋物語2 …
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
187 分
ときには、心休まる休息を
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
春雷お揃いの秋
20 分
FCWeelOfFortu…
10 分
FCWeelOfFortu…
11 分
初初詣デート私は男の子に告…
21 分
第一章 大いなる海竜種 1…
8 分
バカでも恋をする鯖
14 分
planetariumログ…
30 分
スマートフォンから始まる恋…
29 分
勇者を召喚したら前世の孫が…
12 分
俺の奥さん。先に〇〇とメイ…
22 分
鳥の夢
13 分
俺の奥さん。猫 後輩
14 分
この世界は絶望そして希望
8 分
表裏ラビリンス退屈な日常
25 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
12 分
風漂始まりの風
15 分
始祖の竜神と平凡の僕。2.…
17 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
15 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
29 分
ネバーエンド・ラブストーリ…
10 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
12 分
風の名前を探して Ⅳ
10 分
世紀末UFOビーチボール仮…
14 分
"自問"私と貴方、初めまし…
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
367 分
第一話EP.1 アルカスの…
105 分
水流のロック
334 分
治癒魔法でも治せない君の心…
19 分
転生した魔法少女3:私って…
10 分
青き空の中の赤き炎民宿レハ…
15 分
死にたがりの勇者と守り人3…
13 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
スマートフォンから始まる恋…
17 分
転生した魔法少女1:私って…
29 分
ちょっとだけ切ないストーリ…
35 分
夏のはじまりの日
34 分
クリスマスプレゼント
26 分
第一章 大いなる海竜種 2…
10 分
贖罪のブラックゴッド果てな…
24 分
二人のズッキーニはかたみに…
21 分
死にたがりの勇者と守り人4…
25 分
第一章 大いなる海竜種 1…
28 分
死にたがりの勇者と守り人2…
16 分
女、三人集いて
14 分
第一章 大いなる海竜種 …
61 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
14 分
夏休みの終わる世界―第一話…
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 平成最後の夏の事だ。私はある少女と出会った。
 太陽が私の肌をちりちりと焼く昼下がり。公園の芝生で寝っ転がっている私の元に一人の少女が近寄ってきた。彼女の髪は絹糸のように滑らかで、彼女が動くたびにそれはらきらと太陽の光の下で輝いた。彼女は黒布でできたローブのようなものを羽織っており、胸元には赤いバラのような花を模ったブローチをつけている。
 
「おじさんは、今が好き?
 
 不意に、黒髪の少女は私にそう問いかけてきた。天使の歌声というものが実在するのであればこういうものであるのだろう。美しく、透き通った声である。この声に魅了されていたのかもしれない、普段であるならば身元もわからぬ少女が話しかけてきたとしても無視を決め込むだけであるのだが、その日は何故かその問いについて考えこんだ。
 今。不定形なものだ。「今」と発言した途端に今というものは流れ去り、どこかへ行ってしまっている。そんな不定形なものが好きかと問われてもわからない。いや、少女の意図は別のところにあるのだろう。近所の服屋で買った服で身を包み、平日の昼下がりに公園の芝生で寝っ転がっている成人男性の姿がどこか異質に映ったのであろうか、それとも先日職を失ったにもかかわらず何も行動を起こしていない私に対しての発言だろう


か。いや、この少女がそのようなことまで知るはずはないのだが、この少女の何もかも吸い込んでしまうような漆黒の瞳を見ていると、何もかも見透かされているような気がする。
 
「ねぇ、おじさん。私は嫌いだよ」
 
 私の中で問いに対する答えが決まらぬうちに、少女は私に話しかけてきた。何が嫌いなのだろうか。まだ未来があり、可能性は無限に広がっている少女。何に不満があるのだろうか。学校でいじめられでもしたのだろうか、友達がいないのだろうか。私の邪知は止まらない。
 
「もういい」
 
 私がなかなか口を開かないのを見て、少女は身を翻し、私から離れていった。
 その少女の後姿をぼうっと眺めていると、私は違和感を感じた。歩道へ出ているのに、少女は右や左に進路を変えるわけでなく、直進している。その先には鉄の塊がすごい速さで行き交っている。私の頭が身体に動け、前に進め、彼女の体を後ろへ、という信
号を送る前に、少女の体は跳ねた。
 私は、今目の前で起こっている現象を理解することができなかった。ほんの数十メートル先で起こる非日常。微かに漂ってくる血の匂い。濃厚な死の香り。頭の、脳の、心の芯に直接語り掛けてくるその香りは私を包み込み、心臓を強く握りしめた。
 不意に、空を跳ぶ彼女と目が合った。彼女は吸い込まれそうな漆黒の瞳をしていた。
 
 私にとっての今とは何なのだろう。生きることが今なのだろうか。彼女のように死ぬことが今なのだろうか。何かを成すことが今なのだろうか。何もしないことが今なのだろうか。寝ることが今なのだろうか。起きていることが今なのだろうか。生産性が今なのだろうか。無駄が今なのだろうか。私は、今なのだろうか。
 
 時は過ぎ、私は或るバーを経営している。小さなバーだが、常連と言えるような客も出来、成功しているといえるだろう。
 ジャズが小さく流れるバーの中で、ショットグラスを磨いていると、扉に付けたベルが乾いた高い音を小さく鳴らす。私が扉のほうへ眼をやると、手に持ったショットグラスを取り落としてしまった。ショットグラスはシンクに当たると、破片となり四散した。扉の前にはあの日の少女が立っていた。私は齢を重ね、しわも増えたが、彼女はあの


日と変わらぬ姿でそこに佇んでいた。
 
「今は好き?
 
 彼女は私にそう問うた。今、私は。
 
「今は、好きだよ」
 
「そう、ならよかった」
 
 私の答えを聞くと、彼女は微笑み、体を翻した。あの日と同じだ。
 
「待ってくれ!
 
 私が声をかけると、彼女は立ち止まって私のほうを向いた。バーの少し暗めの暖色の照明の下で、彼女の髪はきらきらと輝く。彼女は私の目を見据えて言った。
 
「なに?
 
 彼女の眼を見る。今もなお健在である漆黒の瞳は、彼女の髪と相反するようにすべての光を飲み込んでいる。
 
「君は、今が好きか?
 
 彼女の顔が少し陰った。数瞬して、
 
「私には、勿体ないよ」
 
 彼女はそう言うと、再び身を翻した。黒衣のローブがまるでマントのように靡く。
 
「君は、何者なんだ」
 
 時間を超えて、私の胸の内にあった気持ちが口からするすると出ていた。目の前でこの少女の命が刈り取られるのを私は見た。濃厚な死の香りを感じた。だが現に彼女はこ


こにいる。あの日と変わらぬ姿で。
 
「それを知るには、おじさんは未だ若すぎるよ」
 
 彼女はそう言うと、今度こそドアの外へと消えた。夜の街へ。彼女以外は普通の街へ。
 私の耳にサックスの音色が戻ってくる。ふと思い出して、シンクの中を見る。中にはショットグラスの破片が飛び散っており、先ほどの出来事が私の妄想ではないと実感した。
 
 ベルが、乾いた高い音を小さく響かせる。
1
3
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行