フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
 かっぱらいの道具が入れられた袋=巾着の口を緩め、袋のなかを手探りする。懐中電灯はすぐにわかった。取りだしながらスイッチを入れる。強すぎる灯りのせいでまわりが一瞬、真っ白になった。光から顔を背ける。レンズを真下へ向けると木箱や農具が闇からにじみ出てきた。  ほったて小屋のなかは昨日となにも変わっちゃいなかった。椅子にしていた木箱の位置も、握り潰して放り投げたテトラパックもそのままだ。あれからおれたち以外の出入りはなかった――そう考えていい。  松本が使っていたほうの木箱へ腰をおろし、聖香が投げつけてきた紙くずを広げた。猫なのかうさぎなのかよくわからない絵の描かれた封筒を懐中電灯で照らす――ボールペンかなにかで書かれた青い文字。おれの苗字がとんでもなくきれいな字で書いてある。聖香がこんな字を書くなんてちっとも知らなかった。  慎重に封を破り、中身=三つ折りにされた線つきの紙を取りだす。きれいな文字は紙の裏側からでも見て取れた。懐中電灯をもうひとつの木箱の上へ転がし、そいつの作る扇形の光のなかへ青い文字の並ぶそれを広げて置いた。 沢村くんへ もうすぐ冬ですね。畑のお手伝いつらくないですか。 この間、佐東先生が沢村くんのことを《虞犯|ぐはん》少年だと いっていました。はじめて聞く言葉だったので調べて みました。 わたしは辞書に書いてあることを読んで、それは少し ちがうんじゃないかと思いました。虞犯少年というの は非行少年やちんぴらという意味だそうです。だって そうでしょう。そんなに悪い子だったら、おばあさん の畑を手伝ったりなんかしないでしょう? わたしは本当の沢村くんを知っています。そして沢村 くんをわかってあげられるのもわたしだけだと思って います。 本当はこの話を修学旅行のときに話そうと思っていま した。  聖香はなにをいってるのか。書いてあることがさっきの態度とまるで噛みあっていない。おれは妙な気分を押し殺し、とりあえず先へと読み進めた。 でも沢村くんは旅行に参加しませんでした。わたし、 すごく寂しかった。そのときはじめて沢村くんに対す る自分の気持ちに気づきました。 松本くんと聖香ちゃん。武田くんと――  松本と聖香? 途中をすっ飛ばして二枚めの終わりを読む――染川蘭子。冗談にもほどがある。手紙を縦と横に引き裂いた。  聖香はおれを馬鹿にしている。からかって遊んでいる。どうしてこんなことになるのか。こんな、おれをおちょくった話が肝心なことなのか。だいたい豚が――天敵がおれにこんなものを書くわけがない。  《氷柱|つらら》かなにかをみぞおちの深くまで刺しこまれたような気分になった。震えが体のあちこちへ突っ走っていく。 「ふざけやがって……」  手紙をさらに破こうとして失敗した。肘から先がけいれんしている。たった八枚の紙きれを十六枚にできないおれの指。理由はわかっている。松本くんと聖香ちゃん――勝手に耳の奥へ居座り、そこばかりを繰り返す豚の声のせいだ。おれは破いた便せんを木箱の上へ並べ、いやな心境になるのを承知で続きを読んだ。 松本くんと聖香ちゃん。武田くんと真奈美ちゃん。 すごくお似合いのカップルだと思う。わたしは今まで 恋なんてしたことがなかったから、そういうのはあま りわからなかったけれど、こうやって実際に誰かを好 きになると……そんなところにばかり目がいっちゃう。 (わたしにも乙女心ぐらいあるんだからね) それからどうしても気になってることがあります。 沢村くんがいつも右の手首にしている紫の髪留めです。 それ、聖香ちゃんがしていたものでしょ? 理由はわ かりたくないけどわかります。 でも今ふたりは普通のお友だち。それなのに。見るた びにすごく悲しくなるのです。もしわたしの思いを少 しでもわかってくれるのなら外してください。 沢村くんがやっているおこづかい稼ぎについては先生 たちにはいいません。だってそれをいったら、沢村く んが大変なことになっちゃうもの。それぐらいわたし にもわかります。 小学生でいられるのもあと少し。お互いがんばろうね。 またお手紙します。 十月二十六日            染川蘭子 追伸 わたしの夢はアイドル歌手。応援してね。  封筒ごと丸めて地面へ叩きつけた。ズックの踵で地面がへこむほど踏みつけ、巾着袋から取りだしたライターで火だるまにしてやる――燃えろ。燃えて完全な灰になれ、豚。ついでに聖香への気持ちもそうなってくれ。  おれの思いが乗り移ったのか、炎は伸びあがるようにして暗がりを焼いた。そして次の瞬間にはもう、火薬の切れたねずみ花火みたいにしょぼくれていった。  でたらめに決まっている。あのふたりがお似合いのカップルなわけがない。あり得ない。認めない――くちびるを噛みしめた。 〈みじめ。まぬけ。ばかまるだし〉 「黙れ、化けもの!」  きつく握った拳で《筵|むしろ》に覆われたなにかをぶん殴る――指の骨が折れそうになった。言葉にならない思いが痛みと混ざりあい、松本を責めたい気持ちに変わっていく。ぶち壊してやりたい。なにもかもそうしてやりたい。手はじめに思いっきり木箱を蹴飛ばしてやったが、この《むしゃくしゃ》はそんなことぐらいじゃおさまらない。  ちくしょう!――自分の顔をぶん殴った。  ふざけるな!――みぞおちをぶん殴った。  蹴飛ばさなかった木箱の上へ突っぷして、地面の燃えかすもぶん殴ってやる。行き場のない思い=おれのなかでのたうちまわる怒りのエネルギーがこれでもかと心を痛めつけてくる。 「……どいつもこいつも馬鹿にしやがって」  どこまでもついていないおれ。あんなもの、読まなければよかった。なにも知らなければこのまま松本と街を出ていけたのに、余計なことを知っちまったおかげでそれもできなくなった。 〈ふりだしへもどる〉 「黙れっていってんだろ!」  体を起こして怒鳴った。胸の肉をつかみあげた。舌を出して踊っていた顔なし女がぶっ倒れる――よく効く弱点。もっと力を入れたら次は殺せるかもしれない。おれは地面へ転がったまま光っている懐中電灯を拾いあげ、積みあがっている木箱の上へ叩きつけるようにして置いた。  たしかに昼間のふたりは普通じゃなかった。おれの知ってる聖香なら、ただのクラスメイトにあんな態度は取らせない。おれの知ってる聖香なら、ただのクラスメイトにプリンなんか渡さない。おれの知ってる聖香なら――  邪魔な思いを心から一旦どけて考える。ふたりはいったい、いつ、どこでただのクラスメイトじゃなくなったのか。聖香の誕生日から今日までのふた月半、おれはさっぱりそいつに気づけなかった。そればかりか、ついさっきまで無駄な思いを燃えあがらせていた。  爆発しそうな頭。目を閉じるとまぶたの裏に聖香と松本がいた。肩を組み、おれのことを指差して笑いあうふたり。もう一度自分の顔をぶん殴った。 「なんだって黙ってたんだ、あいつは……くそ!」  松本とはもう終わり。だが、おれはこのままじゃ終われない。どうするか――どうもしない。考える――考えるまでもない。後がない奴隷が選ぶべき道はただひとつ――奴隷じゃなくなること。ぐずぐずしている暇はなかった。  息を整える。せかつく気持ちとむかっ腹をひとまず抑えこみ、突っぷしていた木箱の上へ巾着袋の中身をぶちまけた。  軍手、単二の電池、マイナスドライバー、ゲームウォッチ、マイルドセブン。あとは入っていたのと同じ絵柄=バイキンくんの巾着袋。タバコ以外をもとに戻し、巾着袋の口ひもを肩へ引っかける――繰り返される電子音。音の出どころは脇腹あたり。右手を巾着袋に突っこんだ。 「こいつか」  PM七〇〇=取りだしたゲームウォッチの画面に映しだされているデジタル表示。数字の下ではヤシの木へぶら下がった猿が鈴かなにかを振りまわしている。今の時間にセットされている目覚ましの意味がおれにはわからなかったが、たぶんテレビでも見る合図に松本がセットしておいたもんだろう。この計画とは関係ない。おれはもう一度木箱へ腰をおろした。 「七時じゃ、まだ誰かいるかもしれないな……」  ひとけのない事務室で札束を数えている佐東の姿が頭に浮かんだ。  マイナスドライバーの角で『ALARM』と書かれた穴を押し、デジタル表示をPM一〇〇〇でセットする。その頃になればさすがに誰も残っちゃいないだろう。松本と約束した時間の一時間前に動きだし、おれひとりで札束をかっぱらう。後から来る松本のために百万ぐらいは残しておいてやるつもりだが、気が変わればそれもわからない。  三時間後に手にする五百万近い札束のことを思った。雑誌かなにかで見た百万円の束を五つ、頭のなかで重ねてみる――大して《嵩|かさ》ばるものじゃない。それにしょせんは印刷されただけの紙だ。重さだって知れている。お宝はひとりでも充分持ちだせる。  松本は百万しか残っていない金庫を見て、やられたと思うだろうか。それとも全部持っていかれなくてよかったと思うだろうか。いずれにしろあいつは損をする。聖香と一緒になっておれをコケにした罰だ。それぐらいされても文句はいえない。  十時までやることがなかった。舌打ちをする。普段はやらない貧乏揺すりをしていることに気づいた。さっきの《むしゃくしゃ》がいつの間にかぶり返してきている。未来への希望に混じりこんでくる最悪の気分――なにかで心をすっきりさせたかった。首をぐるっとやってあたりを見まわす。小屋のなかにそれができそうなものは見当たらない。とりあえず木箱をぶち壊そう。うっぷん晴らしのいけにえの上へ置いてあったゲームウォッチをつかむ――また、電子音。どこかのボタンを押したみたいだった。 「どうやるんだ、これ」  右手の親指で『GAME A』と書かれたゴムのボタンを押した。ほったて小屋には似合わない軽快なメロディーがゲームの開始を知らせてくる。左右の赤いボタンを交互に押してみた――ボートが動いた。上空のヘリから海に向かって落ちてくるパラシュートを手漕ぎのボートでキャッチする。〇点が一点になった。 「簡単じゃねえか」  右へ、左へ。また右へ。波の間にはサメの背びれが見えている。誰かが海に落ちてくるのを待っているんだろう。そうはさせじとボートを操る。お前なんかに食われてたまるか。 「つまんね」  三人がサメの餌になるのに二分もかからなかった。これじゃすっきりしようもない。木箱の上に目をやる――猛毒の詰まった箱。そいつを手に取り、口に一本くわえた。昨日と同じやり方で火をつけ、昨日より慎重に煙を吸いこむ。最初に吐きだした煙がくちびるの裏に当たった。毒の味が《口中|くちじゅう》へ広がっていく。例のグラグラはまだやってこない。  くねりながらゆっくりと天井に上っていく煙が夜空を駆ける999に見えた。暗がりに伸びた光の帯は天の川。煙の超特急がそいつに差しかかる。灰色から白へ、白から薄紫へ――今、一番忘れたい色をした宇宙列車をおれは鉄郎の気分で眺めた。 「《松本|あいつ》、なんで聖香を置いていくんだろ」  どうでもいいふたりのことが頭に浮かぶ。おれがあいつなら……聖香を取る。家出なんかしない。というより、聖香とうまくいってるのにわざわざ会えなくなるような真似はしない。それでももし、どうしても家出をするなら一緒に連れて……。  果てしなく無駄な考えだった。どう説得したところで聖香の首が縦に振られることはない。武田じゃないが、それこそ本気で誘拐してくるぐらいじゃなきゃ無理だろう。そうなるともう家出どころの騒ぎじゃない。  扉が音を立てた。一瞬、体がこわばったが、すぐに風のしわざとわかった。長い灰が折れて膝の上へ転がる。腰をあげ、二センチほどになった猛毒の棒をズックの踵で踏み潰す。すっきりとまではいかないが、ごちゃ混ぜの気分のうち、悪いほうのそれはおさまりかけていた。タバコは体に悪い代わりに心を落ち着かせるにはいいのかもしれない。おれはマイルドセブンとライターを巾着袋へ放りこみ、そいつのひもを壁の小釘へ引っかけた。  聖香よりも家から逃げだすことを選んだ松本と、聖香がいれば奴隷のままでもかまわないと考えたおれ。兄貴と比べられ、『あの家で暮らしてたらボクは絶対おかしくなる』と怒鳴った松本をおれは少し馬鹿にしていた。くだらないとも思っていた。だが、本当にくだらなくて馬鹿なのはおれのほうだ。  木箱を縦にふたつ並べた上へ横になる。背中のちくちくは気にしない。『ALARM』のセット時刻を一時間遅らせ、それから目を閉じた。  耳にはふたつの音が聞こえている。ひとつは板壁の隙間から吹きこんでくる風の音で、そいつは湿った小屋の空気をゆっくりとかき混ぜていた。もうひとつのそれは小さくて、頼りなくて、だけどしっかり生きているのがわかる音だ。おれの足もとで、扉の近くで、積みあげられた木箱の上で、下で、裏で。気配を殺していたそいつらは順ぐりに跳ね、自慢の声で子守歌を歌いはじめた。 「なんか頭《痛|いて》えな……」  喉に突っかかっていた毒がおれのなかで暴れだす――今頃になってやってきた例のグラグラ。コーヒー牛乳が飲みたかったが今ここにそれはない。例によって味だけを思いだし、おれは唾と混ぜあわせたそいつをごくりとやった。  寝て起きた。夢は見なかった。そのせいかよく眠れた気がする。松本はまだ来ていない。約束の時間まではあと四十五分あった。体を起こしてあくびをする。くしゃみをする。ペンギンガムを一枚口へ放りこむ。眠る前より小屋のなかが暗くなっているのに気づいた。 「やべ。怒られちまう」  元気のない懐中電灯。三時間もつけっぱなしじゃ当たり前だった。  新しい電池に交換してやると小屋のなかは普通の家と変わらない明るさになった。ポケットの中身を木箱の上へ並べる――五千円に少し足りない金。ペンギンガムの予備がひとつ。それに絆創膏が三枚。ささやかな準備だが心細くはない。あと一時間もすればこの何百倍もの金が手に入る――夢のはじまり。目の前の札がただの紙きれに見えてきた。 「そろそろ支度しとくか」  並べたものをしまい、ズックのひもを結びなおす。右手に痛みが走った。甲に貼りついている絆創膏を引っぺがし、傷口を光のなかへかざす――膿む寸前。消毒液が欲しかった。学校へ忍びこんだら、ついでにそいつも一本いただいてこよう。それまでは空気に触れさせておくことにした。おれは頭に帽子を載せ、灯りを消して外へ出た。  空には月がなかった。明るい星もあまりない――家出にはもってこいの黒い夜。見渡す限りの闇がおれの未来を祝ってくれていた。冷えた空気を鼻から思いきり吸いこみ、勢いよく口から吐きだす。いい気分だった。  ハツのことが頭をよぎる――いい気分からそうじゃない気分へ。だがじきにそれも気にならなくなった。老いぼれがなにをどうしたところで自由にはなれない。そういう縛り方をおれはしてきた。きちがいどもに発見されるまで、せいぜいくそや小便を垂れ流せばいい。  Gパンのチャックをおろし、最近やっと毛が生えてきたあそこを引っぱりだす。暗い星の《びびたる》光を頼りに、りんごの木へ小便をぶちまける――遠吠え。どこからか聞こえてくるそれは夜によく似合う響きだった。つられてなのか、それとも負けたくないからなのか、あちこちでそいつがはじまる。ハナコのそれもきっと混じっているにちがいない。 「やっぱり、放してきてやればよかったかな」  後悔しながらチャックをあげていると後ろで物音がした。反射的にしゃがみ、耳を音の方向へ傾ける――ひとり分の足音。農道からこっちへと近づいてきている。《念のため》に息を凝らし、おれは音の正体を突き止めにかかった。  闇のなかの気配は、これから遠足にでも行くような脳天気さだった。着ているジャンバーの色がわかる位置まで来ると向こうもおれに気づき、手を振りながら駆けよってきた。 「早いじゃん」  聖香の彼氏かもしれない男がいう。 「待ちくたびれた」 「いつからここにいたん?」 「七時前だ。昼間のことがあったからな。いろいろ考えて早く動いた」  松本が眉をよせる。 「大丈夫なん?」  心配されていることの意味がわからなかった。まさか夕方のあのことを聞いてきているんだろうか。 「……大丈夫って、なにがだよ」 「だって家から出てきてるの、親とかにバレてたらやばいじゃん」 「なんだそっちか」 「そっち?」  そっちじゃないほうの話は、今はまだちょっとしたくない。 「心配いらない。おれの部屋は離れにある。灯りがついてなきゃ寝てると思うだけだ」  小さなうそをひとつ、口にする。 「そっか。ならいいんだけどさ」 「欽どこはどうだった」 「うーん、見るには見たけどあんまりおもしろくなかった」  そうじゃなきゃ困る。松本がでかいあくびと背伸びをしながら、おれの横を過ぎていった。 「ちゃんと《ばいなら》してきたのか」 「誰に?」  誰にだろう。ふたつの頭のなかに浮かんだ顔が同じじゃなければいいと思う反面、同じに決まっているとも思った。 「これから家出するからばいならね、なんて親にいう馬鹿いないって」  親じゃない――いいかけて黙る。 「そうだな」  松本は聖香に別れをどう切りだしたんだろう。どう納得させたんだろう。会って話をしたんだろうか。電話でそうしたんだろうか。それともなにも伝えていないんだろうか――次から次へと押しよせてくる疑問。おれには一ミリも関係ないふたりのことが気になってしかたがなかった。 「なにやってんの」  少し離れたところからの声。体をねじる。松本が小屋の扉を引き、まるで友だちを自分ちへ呼ぶかのようにしてこっちを手招きしている。 「作戦会議、やるよ」  深呼吸――頭と心を空っぽに。いや、頭のほうは生まれつきか。おれは《九九|くく》を諳んじながら、呼ばれたほうへ歩いていった。  小屋のなかで松本を追い越し、懐中電灯のスイッチを入れた。暗がりじゃわからなかった松本の顔=おれに負けず劣らずのパンダ模様が浮かびあがる。 「痣とか傷とか、親や教師どもに聞かれなかったのか」 「痣?」  拳で自分の顔を軽く叩いてみせた。 「ああ、親には聞かれたよ」 「なんていったんだ?」 「うそつく必要もないと思ってそのまんまいったけど、まずかった?」  まずくはない。だが、ガキのケンカに口を出してくる親もなかにはいる。蝿野郎のところなんかは手まで出てきた。 「沢村とはあんまりつきあっちゃだめだっていわれたよ」  扉を閉めながら松本がいう。 「だろうな」 「笑っちゃうよね」  大抵の家じゃおれみたいなガキは嫌われる。美滝でも前の学校でも千葉でもそうだった。親にそういわれた友だちのほとんどはおれから離れ、次の日からは口も利いてこなくなる。 「見つかったら、またいわれるぞ」 「見つかることがあればね……沢村、なんか燃やした?」  木箱のところまで歩いてきた松本が鼻をひくつかせる。タバコのことをいってるのか。松本の真似をしてみた――くしゃみが出そうになるだけだった。 「たき火?」  ナイキが地面の燃えかすをこする。 「手紙を燃やした」 「毛ガニ?」 「手紙だよ。なんだ、毛ガニって」  松本が晩に食った飯の話をする。うまそうだなと思いながら、聖香とのことを聞こうかどうか考えた。本当のところを知りたいおれと、知っていやな思いをしたくないおれが心のなかで火花を散らす。どっちのおれにも応援団がついていた。団長は顔なし女。笛の代わりにカニの足をくわえている。 〈きかないでさつたばかー、きいてぶっとばすかー、どうする、どうする、どうする、ど――〉  服の上から胸の肉をつかみあげる。爪を深くめりこませると化けものはかたまって動かなくなった。 「具合悪いの?」  松本が巾着袋を手に取りながらいう。大仕事の前に気合をぶちこんだんだ、と返した。 「あれ? おっかしいな……」  袋の中身をのぞきこむ松本。赤い背中を懐中電灯の光が直撃する。昨日は泥だらけだったところがきれいさっぱり、もとどおりになっていた。松本はそんなすごい洗濯機の置いてある家を今夜、捨てる。それと同じように聖香のことも捨てる。おれには捨てるものがない。最初からなにも持っていない、捨てる勇気を一ミリも知らないおれがふたりのことに首を突っこむのは、おかどちがいなんじゃないのか。 「電池を替えた。使いすぎて暗くなっちまったから」  積みあがった木箱の上を指しながらいう――いやな思いをしたくないおれの勝ち。松本がくわえタバコで頷く。 「タバコも吸ったんだ」 「暇だったから一本、灰にした。吸っちゃいない」 「もう一本、灰にする?」  松本がスナップを効かせた動きでマイルドセブンの箱を振ると、毒の棒が一本、半分ほどの長さで飛びだしてきた。 「いや、いい」  息を深く吸いこみ、ずるい気持ちを勇気に変える。 「あのさ、松本――」 「そうそう!」  即席の勇気を振り絞ろうとしたおれに松本がでかい声をかぶせてくる。続きの言葉を鼻息にして吐きだした。 「カズ、ぼろぼろじゃん。なんで?」  どうでもいい質問になぜか落ち着く心――またしてもいやな思いをしたくないおれの勝ち。だいたいからして、おれは女の話――特に自分も内容に関係してくるそれを誰かとするのが苦手だ。こいつはだからいいわけなんかじゃない、といういいわけを心のなかでする。 「ああ。まあ、くだ……らっちょもねえことだよ」 「大丈夫。くだらないって言葉、覚えたから。で、なんで?」  立ったままタバコを吸っている松本。大人のふりはいいが、クラクラしてこないんだろうか。 「石森の馬鹿が――」  どこまで本当のことをいおうか迷うところだった。松本はこの話に聖香のあれが関係しているのを知っているんだろうか。いや、聖香があんな勘ちがいをしてるぐらいだ。つきあっているならなにか聞いているにちがいない。おれは質問に質問で返した。 「聞いてないのか? その、なんだ……誰からも」 「ん~、それがさ、いってることがおかしいんだよね」  やっぱりなにか聞いている。事実ならいいが、話がもしでたらめならおれも本当のことをいうしかない。 「沢村、生理用品なんかに興味あった?」 「馬鹿いうな。あるわけないだろう」  でたらめのにおいがぷんぷんしてきた。 「だよね。そんな話してんの、聞いたことないもんなあ」 「当たり前だ。誰がなんていってんだよ」 「染川がほとんどしゃべってたんだけどさ――」  また豚か。松本が続ける。 「二組の女子の誰かが使った生理用品を取りあいして、沢村がカズをぶん殴ったって」  誰かが使った生理用品=聖香のそれを奪いあうおれと蝿野郎。馬鹿げている。蝿野郎の場合は身から出たサビだが、こっちは完全な濡れ衣だ。だいたい普段口も利かない相手とそんなときだけ一緒に行動するわけがない。 「取りあいしたことになってんのか?」 「そう。沢村がカズに女子のトイレへ取りに行かせて、その後揉めた、みたいな話」  あの手紙を書いたのが本当に豚なら、普通はそんなことをいわないはず――疑いと怒りが渦を巻く。松本は聖香がどんな字を書くのか知っているだろうか。そこだけでもわかればと思ったが、おれの脳みそはうまい聞き方を思いつけなかった。代わりに別のことを聞く。 「……で、その誰かってのは?」 「ん?」 「だから、あれだよ。二組の女子の……誰かってこと」 「ああ、そこは内緒にしてって釘刺されたんだけどさ」  松本が少し考えた後に聖香の《苗字》を口にした。顔色に変わりはない。おれの直感が、あの手紙はでたらめ――少なくともふたりのことについてはそうだと告げてくる。 「どう思ってる」 「どうって?」 「松本はその話、丸ごと信じてんのか」 「まさか」 「そっか。ならいい」  ふたりの関係が仮におれの直感とちがうものだったとしても、松本はおれと旅する道を選んで今、ここにいる。今夜から先の人生に関係ないやつら=二度と会わないやつらのことなんかどうでもいい。目の前にいるこの男だけがおれを信じてくれたら、それで充分だ。 「行こうぜ、そろそろ」 「そうだね。ちょっと早いけど、ここにいてもしょうがない。プレイボールだ」  松本が短くなったタバコを足もとへ転がし、ナイキの靴底で踏み潰す。おれたちは作戦の『さ』の字も話しあわずに札束のもとへと向かった。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行