フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
―6月17日 降ったり止んだり、目まぐるしい雨模様― 「ちっくしょー、あの女めぇー!」  昨日無残に短くサマーカットされた髪を、恨めしそうに摘まむ。  この長さでは『《護|まも》り《髪|がみ》』どころか、ちょっと結わえることすら難しい。  あと、昨日の今日だってのに、何であいつまた下着つけずに寝てるんだ。  今日はもうオレが起こしに来ないだろうとでも思ってたのか?  おかげで2日連続で、朝から大騒動する羽目になった。 「うわあ、本当にざっくり切っちゃったんだあ!」  今日も可愛らしいナズナ姫の声が、オレの耳を癒やす。 「おはよう、ナズナ姫」 「おはようございます、ポチさん」  ちっちゃな頭がぺこりと下がる。本当に、オレへの態度が驚くほど似てない姉妹姫だ。 「もったいなーい、ポチさんのお髪、黒曜石みたいにつやつやで長くてさらさらで、すっごく似合ってたのにー」 「そ、そう?」  そんなにべた褒めされると、何だか気恥ずかしい。 「そういえばナズナ姫は、あまり髪を伸ばしてないんだな」  オレンジのリボンをあしらわれた、ほんのりスミレ色の彼女の髪は、肩口辺りでふわふわ風に漂っている。  ベガンダンの髪が魔法の源ならば、姉や他の人々のように、もっと長くてもよさそうなものだが。 「わたし、4年前に『女神様の気まぐれ』を受けてしまって。その時一度開き直って、えいやーって切っちゃったんです。今のポチさんみたいに」 「女神様の気まぐれ?」  そういえば昨日、セリ(あまりに憎らしいので、心の中ではもうあの女を姫と呼ぶのはやめた)も、そんな感じのことを言っていたような。 「時々、魔力がすっごく低い赤ちゃんが生まれたり、急に魔力ががくーんと下がっちゃうことがあるの。だから、そういう人は『女神様の気まぐれ』って言われるの」  なるほど。つまりナズナ姫は、4年前に突然魔力低下が起こったわけか。 「でもわたし、ちょっとでもお姉様のお力になりたくて……だから今、頑張って髪の毛伸ばしてるの。髪が伸びれば、少しは魔力も増えるかなって」  健気でいいこだなぁ。本当に姉とは大違いだ。 「その女神の気まぐれは、君たちベガンダン以外でも起きるものなのか?」 「んー……この国の人以外は元々魔力が低めだから、実際魔力が変化したって話は知らないけど。でも、そういう伝承はありますよ」 「どういった伝承?」 「異国の英雄メーディム様が、女神様のお力を借りて、魔物に襲われたベガンダの危機を助けに来てくれるの!すっごく強いんだよ!」  ナズナ姫が瞳をキラキラ輝かせながら、伝承の英雄様を力強く語る。  それでセリは、オレの髪を切ることにこだわったわけか。オレにとっては救国どころか、傍迷惑な英雄様だ。 「ところでナズナ姫、その手に持ってるものは何?」  《幼姫|おさなひめ》の小さな手には、折りたたんだハンカチのようなものが握られている。 「あ、いっけなぁい。これを渡すために、ポチさんを探してたんだった」 「オレを?何だろう」  少女からハンカチの包みを受け取って、中を広げてみる。  それは紐だった。  《若草色の細い糸》が、何本も束になって編み込まれた組紐。  両端に金具が付いていて、ブレスレットのように留められるよう細工してある。  ……あれ、この紐の色、どこかで見たような……。 「あっ!?これもしかして、セリの髪の毛!?」 「せいかーい」  ナズナ姫が笑顔でパチパチと拍手を送ってくれるが、オレの頭はすっかり混乱していた。  え!?どういうこと!?どうしてセリがこれをオレに!?  しかもブレスレットが編める長さと量って、結構な髪束じゃないのか。  女の子の髪は宝物だって、昔盗み読んだ母上のロマンス小説にも書いてあったぞ。何故、何故そんな大事な物をオレに!? 「『《護|まも》り《髪|がみ》』を切っちゃった、お詫びだって」 「え……」  『護り髪』の、お詫び? 「もー、お姉様ったら。周辺諸国の文化とかは、マーゴットさんに嫌って言うほどお勉強させられたはずなのにー」  つまり、セリはすっかり忘れていたわけだ、オレの後ろ髪が何を意味していたかを。 「でもでも、お姉様の《御髪|お ぐし》だから、そのブレスレットもきっとポチさんを護ってくれると思うよ!」  ナズナ姫の言葉をぼんやり聞きながら、《掌|てのひら》のブレスレットを見つめる。 「だって、女神様のお力がいっぱい詰まった、この国でいっちばん強い魔力を持ってる、お姉様の《御髪|お ぐし》だもの!」  オレの貧相なお護りのお詫びにしては、ちょっとおまけが付きすぎじゃないだろうか。  オレのものとは比べものにならない、大切な髪を切り落としてまで。 「お詫びなら自分で渡しに来いよな、まったく、あのお姫様ときたら」  どうしよう。嬉しい。オレはなんて単純なんだ。  彼女には今まで散々《碌|ろく》な扱いをされていないのに、たった一つの贈り物で、こんなにも喜びを感じるなんて。 「お姉様、ちょっぴり素直じゃないから」 「……だな」  ニコニコ顔のナズナ姫に微笑み返して、左手首にブレスレットをつける。  もしかして、オレが思ってるほど、悪い《娘|コ》じゃないのかな。セリは。
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行