フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 小休止1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 気がつけば、コトリと出会って数ヶ月の時間が過ぎた。彼女の魔術の腕はどんどん上がり、かなり上級の魔術も使えるようになっていた。出会った当時の彼女は口数も少なくどこか人に怯えているようだったが、今では明るくなりよく人を振り回すようになった。静かな方が好きだが、彼女と賑やかに過ごすのも嫌いじゃない。
「おはよう、コトリ。今日も早いな」
「おはようございます、師匠」
 ここ数日は、私が起きると既に起きていて玄関先にある、魔導書が天井まで収まっている本棚の前で色々と読んでいることが多くなっていた。今日も階段を降りて本棚の方を覗くと、彼女は座って本を広げていた。
「今日はどんなのを覚えるんだ?
 そう声かけると、コトリは視線を上げて笑みを浮かべて質問に答えてくれた。
「自分の血筋的に得意な、空間魔術でも覚えようかと。テレポートや結界とか」
「それは凄いな。やってみるといいさ」
「はい。まずは、朝御飯にしませんか?
「そうだな。私もお腹が空いた。」
「今日はハムエッグとヨーグルトですよ」
「お、楽しみだな」



 二人で会話をしながら、広げていた本を閉じてダイニングへと向かう。コトリがいるこの生活も、もうだいぶ慣れたものだ。
「今日はこの後、街に薬草で作った薬を売りに行ってきますね」
「わざわざありがとうな、コトリ」
「これくらいさせてくださいよ、師匠。それに、せっかく知識も材料も揃っているのに、このまま腐らせるのは勿体ないですし」
「そうだな、コトリの言うとおりだな」
 十歳になったコトリは、様々な知識を付けてはこうして実行に移している。このままいけば、私よりもずっと偉大な魔術師になると感じている。
「ごちそうさまです」
「ごちそうさま、美味しかったよ。日々料理の腕も上がっているじゃないか、コトリ」
「それはよかったです。それじゃあ、行ってきますね」
「食器は私が洗っておくから、気を付けて行ってくるんだよ」
「はい、わかりました」
 席を立って紺色の上着を羽織り、調合した薬の入った籠を持って街へと向かうコトリを見送り、私は後片付けを進めた。彼女の成長は嬉しいが、同時に別れの時が近づいてきているのだと自覚させられ、寂しくもなるものだ。どんなに願っても、私と彼女の生
きれる時間は違う。だからこそ、少しでも彼女が幸せで過ごせるように努める。
「どうか、コトリの未来が明るいものでありますように」
 年老いた私にはこれくらいしか願えないが、少しでも良いものであることを心から思っている。
1
3
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行