フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 黒板に落書きが増える時期になった。
 
 それは学校という権威への反抗というわけでも、皆が急にアーティスティックな歓びに目覚めたわけでも無い。クラス替えから時が経ち、彼らの間に流れていた新学期特有の緊張が弛緩したのである。その様子は冷戦が終結していく様にどこか似ていて、そうなればさしずめ僕は時代の流れに取り残された小国といったところだろうか。
 
 お昼のチャイムから十五分後、クラスメイト達が互いの机をくっ付けて会話に華を咲かせている中、僕は一人で昼食をとっていた。弁当箱には昨日の残り物がこれでもかと詰められ、代り映えしない味に少しうんざりしたのは、きっと今頃オフィスで弁当箱を広げている父も一緒だろう。僕は小さく溜息を吐くと、窓の外を流れる雲と、その間を縫うように飛行する一羽のカラスをずっと見ていた。
 
 この けいあさくら なえとは保育園の頃に出会った。もちろん当時の記憶なんてとても曖昧で、詳しいことは何も覚えていない。
 だが、今は亡き僕の実母の趣味が写真撮影だったことから、僕ら三人が映った大量の写真が我が家のアルバムに記録されていて、その写真を見れば「ああ、そういやそんな


こともあったな……。」とぼんやり回想することができる。
 僕は唐揚げを一口で頬張ると、ふっと微笑んだ。窓のカラスは遠くから来た仲間達と一緒に太陽に向かって飛んで行った。僕のスマートフォンの待ち受けには、河原でずぶ濡れになって遊ぶ三人の子供が映っている。
 
 
 帰りのHRが副担任の気の抜けた号令で終わると、僕は足早に教室を去った。圭から『話がある。みかんで待ち合わせ』と、いつもの恐ろしくシンプルなメッセージが僕ら三人のグループに届いていたからだ。喫茶『みかん』とは僕の家の隣にある喫茶店である。店の主人が僕らの小さな頃からの顔見知りで、僕らは待ち合わせによくこの喫茶店を利用していた。
 
 
 駐輪所に自転車を取りに行くと、僕の自転車の上に女生徒が座っていた。亜麻色のショートボブとぱっちりした目元が愛らしい。朝倉香苗は手を拳銃の様に構え「ばーん」と言って僕を打ち抜くと、にこりと笑った。
「遅いわいね。圭ちゃんたぶんもう帰っとるんやない?
 僕は「確かにそうだな。」と言うと、自分の自転車に跨った。
 
 圭の所属している特別進学コースは難関大学進学や海外留学を目指す生徒が集ういわゆるエリートクラスで、偏差値も僕ら普通コースよりも少し高いことが特徴だ。そのため、名門大学のオープンキャンパスや、講演会等に参加するために学校を離れていることが少なくない。先日も名門私立大学の講演の為京都へ一泊二日の校外学習に向かった。予定では一時間前位に学校につき、そのまま解散している筈だ。連絡もその時に寄こしたのだろう。
 
 
 季節はもう七月。梅雨が明けて初夏のけだるい暑さが体を包み込む。そのため、この季節に自転車を漕ぐと、風が頬にあたってなかなか涼しくて気持ちがいい。額に浮かんでいた汗はもう引いていて、この時だけ自転車通学でよかったと思える。まあ、金沢は坂が多くて自転車通学には本来向かない土地なのだが。
「そういや、今日部活はよかったのか? 女子卓球部、いつもなら普通に部活してんだろ。」
 僕が前方を走る佳苗に向かって少し声を張り上げてそう聞くと、彼女は前を向いたま


ま大声で応えた。
「今日上島先生休みだったの! 安田先生も京都行ってんじゃん。顧問も副顧問も居ないから、部活しちゃダメなんだってー!
 僕は「なるほど、ね」といいながら佳苗の自転車を追い越した。佳苗が後ろから何やら叫んでいたが、前から車が来ていて振り返るわけにもいかない。それに恐らく大した要件でもないのだろう。危険を犯してまで何を言っているのか聞き返す意味も無いし、意味がないことは無駄なことだ。僕は生きている上である一つの信条を持っている。効率主義であること。徹底的に無駄を省き、効率的に物事を進めていく。その信条に従って、僕は後ろを振り向かずに黙々と自転車を漕いだ。
 そうしていると、佳苗の自転車が僕の自転車を追い越した。「おー、速いなー。流石女子卓球部期待のエース」とのんびりそれを見ていると、いきなり振り返って佳苗が吠える。
「無視すんなし! って、きゃあああ!!
 前を見ていなかった佳苗はそのまま自転車ごと電柱にぶつかってガシャン! と音を立てて横転した。
 僕は自転車を停めると、道路の上に転がっている佳苗に仕方なく手を差し出した。
1
2
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行