Before
 わたしに関わらないでください―――導かれるままにゲームをプレイすることになった『渚』。ゲームのクリア条件として、彼の守らなければならないキャラ―――『次代勇者』の少女と、彼は何とか出会うことができた。しかし、彼は困惑した。何故ならその少女は、自らの死を望む、死にたがりの勇者だったのだ―――。
かいり
(ID r9hykKTBRCOCE)
5.とある妖精の過去
死にたがりの勇者と守り人
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
11 分
死にたがりの勇者と守り人5…
14 分
アマガサ×ドロップ
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
海色の鯨第一章 色あせた夏…
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
8 分
物怪奇譚
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
8 分
僕たちはここに。
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
8 分
日常今・バーテンダー
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
8 分
ある青年の話
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
65 分
IRREGULAR;HER…
13 分
とある鍛冶屋の初恋物語1 …
14 分
とある鍛冶屋の初恋物語2 …
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
187 分
ときには、心休まる休息を
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
春雷お揃いの秋
20 分
FCWeelOfFortu…
10 分
FCWeelOfFortu…
11 分
初初詣デート私は男の子に告…
21 分
第一章 大いなる海竜種 1…
8 分
バカでも恋をする鯖
14 分
planetariumログ…
30 分
スマートフォンから始まる恋…
29 分
勇者を召喚したら前世の孫が…
12 分
俺の奥さん。先に〇〇とメイ…
22 分
鳥の夢
13 分
俺の奥さん。猫 後輩
14 分
この世界は絶望そして希望
8 分
表裏ラビリンス退屈な日常
25 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
12 分
風漂始まりの風
15 分
始祖の竜神と平凡の僕。2.…
17 分
鋼の心に灯すは紫炎~再生編…
15 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
29 分
ネバーエンド・ラブストーリ…
10 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
12 分
風の名前を探して Ⅳ
10 分
世紀末UFOビーチボール仮…
14 分
"自問"私と貴方、初めまし…
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
367 分
第一話EP.1 アルカスの…
105 分
水流のロック
334 分
治癒魔法でも治せない君の心…
19 分
転生した魔法少女3:私って…
10 分
青き空の中の赤き炎民宿レハ…
15 分
死にたがりの勇者と守り人3…
13 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
9 分
スマートフォンから始まる恋…
17 分
転生した魔法少女1:私って…
29 分
ちょっとだけ切ないストーリ…
35 分
夏のはじまりの日
34 分
クリスマスプレゼント
26 分
第一章 大いなる海竜種 2…
10 分
贖罪のブラックゴッド果てな…
24 分
二人のズッキーニはかたみに…
21 分
死にたがりの勇者と守り人4…
25 分
第一章 大いなる海竜種 1…
28 分
死にたがりの勇者と守り人2…
16 分
女、三人集いて
14 分
第一章 大いなる海竜種 …
61 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
14 分
夏休みの終わる世界―第一話…
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 あ 【天邪鬼】
 
 そこはいつもの通学路のはずだったのだが、いつの間にか目の前には男が立っていた。目と鼻の先にいた彼は不意に私の頬を撫ぜ、「こっちじゃオモアンドキだったか?」と小さく呟いて手を掴んでくる。
 ああ、どうやら天邪鬼に遭遇注意の看板を見過ごしていたらしいとそのとき気づいた。
 
 
 
 い 【糸引き娘】
 
 現代には全く似つかわしくない糸車が道端にぽつんとあった。その隣にはからからと糸を引く女がいて、人々は器用にそれを避けて歩く。首をかしげて近づくと、急に女はくわっと顔を上げて髪をざあっと毛先まで白く染め、「!」と大きく笑った。私はきょとんとした。
「何やってんの、あんた」



 にたり、と笑ったのは二年前に事故で死んだはずの妹で、こうでもしないと来れなかったんだよと老婆の姿で笑みを深めた。
 
 
 
 う 【うわん】
 
 最近は「うわん」に泣かされる子供が増えたらしい。うたたね中に壁から顔が出て叫ばれれば幼い子供は泣くだろう。
 けれど、今私の膝に乗っているうちの「うわん」は私が叫び返したら赤子かという勢いで泣きまくる。仕方が無いので毎回膝枕をしてやっているのだが、おかげで今日も宿題が進まない。でもまあ、恐らく明日になれば机の上に完答済みのプリントがあるのだろう。
 
 
 
 え 【煙々羅】
 
 隣家の老婆が行方不明になってひと月して、夫の老爺が死んだらしい。通学途中に立ち上る白煙を眺めていたら、するりと私の首に何かが巻き付いて視界が白く濁った。
「紫陽花の下、まだいるね」
 羽衣のように私の肩に絡みついて婉然と笑い、彼はそれだけ言って宙に消えた。ため息をつく。
 酸性値で色の変わる紫陽花は人の死体の上では赤く咲くという。隣家の庭には死者を悼むにはそぐわない羞恥の色が咲き乱れていた。
 
 
 
 お 【おしら様】
 
 私の村には想い人がいる男は馬を殺してはならないという可笑しな因習がある。私が隣町の商家に嫁ぐ前日、密かに想いを交わしあっていたうま やばが死んだ。大切な愛馬の首を落とし、自分の首もかき切っての自殺だった。
 そして今、私の前には首のない馬に乗った彼がいる。差し伸べられた手を取ると、彼


は言葉通り、首の皮一枚繋がった状態で笑った。白無垢が綺麗だねと言うので、貴方のための死装束だものと泣き笑った。
 
 
 
 か 【かまいたち】
 
 ろうばいの咲いた朝だった。ぼんやり歩いていたら急に手がすくい上げられて、驚く間もなくしっとりした指が赤い線をなぞった。ぴりりと小さく痛みが走る。
「兄さんたち、またやってる」
 肩を落としつつ私の指に何かを塗りこんだ彼は、そのまま私を見もせずに去る。ぽかんとして指を見ると、薬草の香りを纏ったあかぎれがあった。
 振り向いた先で、白いマフラーを巻きつけた背中が儚げに揺れていた。かまいたちは三人兄弟なのだと誰かが言っていたのを思い出した。
 
 
 
 き 【鬼童丸】
 
 父が死んだひと月後、狂い果てた母が私を森に捨てた。幼心に死を覚悟した夜に現れたのは獣ではなく、日本刀を携えた少年だった。
 彼は私の話を聞いて音高く笑い、「俺と一緒だな」と言った。寂れた神社で身を寄せあって夜を明かしたその日から十年、私は彼と共にいる。
 しかし最近、森の中には鬼を従えた美しい女が出るらしい。怖いねと告げると彼は笑って、お前は盲目なのだから一人で外には出るなよと頭を撫でてきた。
 
 
 
 く 【グール】
 
 風が生ぬるい夜だった。家の前で私を襲いかけたストーカーは横合いから誰かに急襲された。声帯を最初に潰された男の悲鳴は聞こえず、びくりびくりと波打つ体だけが鮮明だ。
 ぐちゅりという音と共に立った彼の口元は真っ赤に染まっていた。その目が私を捉え


た瞬間、高揚に突き動かされて無意識に口を開く。
「あの、お風呂沸かしてますけど、入りますか?
「……いいんですか?
 頷くと彼は目を丸くして、じゃあこれから貴女は食べませんと微かに笑った。
 
 
 
 け 【ケセランパサラン】
 
 旦那様に先祖代々の家宝だと見せられたのはアルビノの青年だった。彼には白粉を与えろと言われたが、余裕で意味が分からないので家人の目を盗んでシチューを持っていく。すると彼はせいぜつな表情で「やっと見つけた」と微笑んだ。
「一人では、あいつらを踏みつけにすることも出来やしない」
 彼の足の腱は切られていた。手伝ってくれとこごった目で頼まれて、私は苦笑する。こんな私で良ければと差し出した手にある無数の煙草の痕に、彼は私と同じ表情で笑った。
 
 
 
 こ 【黒龍】
 
 人身御供として捧げられた先は夜の海だった。大人しくしていたら舟の上でいきなり男どもに襲われ、呆れつつ暴れた私の上で、男たちの姿が掻き消えた。思わずぽかんと口を開ける。
「やかましい。贄に娘がほしいなどと誰が言った」
 ずるり、と長い黒髪の男が海の中から現れる。彼は一人残らず男どもを渦の中に引きずり込むなり、私の頭を雑に撫でた。
「ああ、そういえばお前の歌が好きだったな」
 その姿と声は数ヶ月前に海で溺れ死んだはずの恋人のもので、こんな形で来るなよと笑った彼に私は誰のせいよと抱きついた。
1
4
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行