フォントをダウンロード中
Before
 全ての痛みを癒やせる力を持った大島浩輝。それ故に痛みが嫌いだった。
 
 そして出会ったのは、四六時中痛みと戦っている少女。
 
 接していくうちに、彼女の病をなんとかしたいと思うが、それは大島の力も通用しない難病だった。
 
 そして、ついに希望を失った彼女は死を選ぼうとする。そんな彼女の心の寿命は一年。そこに希望を見出すべく、大島は運命の一年を走り始める……
べっこう飴
(ID Y0DtLd03HfFWU)
プロローグ
治せないのは君の心だけ
シリーズ一覧
作品を読む
Next
1
/
10
18 分
治せないのは君の心だけプロ…
9 分
剣に花束。一ノ太刀──少年…
8 分
物怪奇譚
11 分
独り相撲の土俵際
16 分
断片再生機Twitter掌…
16 分
僕の夏
8 分
スノゥメイカー
4 分
最果ての世界へ 序章
8 分
第三章 憂い
11 分
第二章 惑い
7 分
第一章 出会い
7 分
夏休みの終わる世界―第一話…
20 分
唄、雨空の中で暗い雨が降り…
53 分
絶対王女カリン!!絶対王女…
35 分
夏のはじまりの日
19 分
傭兵さんの放浪記第1話 血…
30 分
ずるい人
30 分
見て聞いたのだから信じよう
5 分
幼子5
14 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
8 分
偏差値70の俺の異世界転生…
8 分
FCWeelOfFortu…
41 分
転生した魔法少女4:私って…
22 分
鳥の夢
16 分
FCWeelOfFortu…
11 分
妖怪探偵水無月 時雨の事件…
8 分
狂気の缶詰
11 分
みえる人
8 分
日常死・旅人
14 分
俺の奥さん膝枕とツンデレ
16 分
女、三人集いて
5 分
訪問。鉱山都市ソロモン
8 分
幼子
17 分
あの、また会えますか?2話
30 分
スマートフォンから始まる恋…
26 分
神の素顔、かくありき
28 分
First Shot
14 分
黒王国物語 エレン編(4)…
22 分
黒王国物語 エレン編(2)…
18 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
8 分
異世界大戦〜異世界遭遇〜プ…
13 分
風の名前を探して Ⅰ
65 分
IRREGULAR;HER…
8 分
日常今・バーテンダー
20 分
四代トラブルメーカー一話③…
12 分
死にたがりの勇者と守り人1…
19 分
開戦―九人の参加者―
38 分
第二章 修行
5 分
僕らが望んだ子供の王国
8 分
俺の幼なじみは恐ろしい
16 分
死にたがりの勇者と守り人6…
20 分
第一章 出会い
15 分
とある鍛冶屋の初恋物語3 …
367 分
MSA!EP.1 アルカス…
42 分
彼女の嘘と、幼き日の夢
8 分
ある青年の話
163 分
治癒魔法でも治せない君の心…
12 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
10 分
死にたがりの勇者と守り人1…
10 分
朝日山神社奇譚−付喪神物語…
9 分
俺は今日から潔癖吸血鬼1:…
25 分
転生した魔法少女2:私って…
9 分
始祖の竜神と平凡の僕。1.…
29 分
ピアス
10 分
俺の周りは騒がしい
187 分
ときには、心休まる休息を
30 分
嘘つきスペクター君の嘘は優…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
12 分
白川侯爵家のよしなしごとお…
20 分
FCWeelOfFortu…
13 分
四代トラブルメーカー四話②…
7 分
青春怪奇譚 ごーすとれいと…
16 分
第三章第六話悪役令嬢と皇子…
12 分
第13話 話があるの
4 分
小休止1 ごくありふれた景…
18 分
開戦―九人の参加者・Ⅲ―
104 分
転生した魔法少女14:私っ…
26 分
転生した魔法少女15:私っ…
17 分
第三章第四話悪役令嬢と皇子…
16 分
とある鍛冶屋の初恋物語4 …
13 分
第一章 大いなる海竜種 2…
18 分
第二章第九話悪役令嬢と皇子…
34 分
クリスマスプレゼント
14 分
アマガサ×ドロップ
21 分
祈りの果てに二『お人好しと…
16 分
【第一章 九節】ワガママ姫…
12 分
第四章第六話悪役令嬢と皇子…
9 分
四代トラブルメーカー四話⑥…
13 分
第五章第三話悪役令嬢と皇子…
11 分
夏空と君と私と、感情の話。…
21 分
第一章第二話悪役令嬢と皇子…
17 分
第八逃・いちかばちか#1『…
21 分
第一章第一話悪役令嬢と皇子…
29 分
あの日見た空
News
運営者
Alight 「-ノベル版- 」の中のひと
メール
admin@alight-books.com
本サービス内のアカウントID
Twitter
備考
Alight 「 -ノベル版- 」 は中のひとが個人で開発しているサービスです。将来的に法人化(会社運営)する可能性もございます。中のひとは普段Webデザインや普通のエンジニア的なことをしております。
メールアドレスへのお問い合わせは基本的にご遠慮ください。ログイン後に質問掲示板がございますので、 できるだけそちらでお願いいたします。会員登録をしたくないといった場合、 また公開できない内容の案件のみご連絡ください。
京都府京都市のどこかに在住。
PC版
モバイル版
トップページ
  • 閲覧方法
  • ブックマークやしおり、Twitterでシェアする
  • 作者に感想を届ける
  • 作者のプロフィールを見る
  • ユーザーをフォローする
  • 検索
マイページ
  • 作品一覧
    • 作品の編集・削除
    • 全削除
  • エディター
    • ルビを振る
    • プレビューを非表示
    • 全画面に広げる
    • 背景色を変更
    • 挿絵を挿入
    • 作品を投稿
    • 空行込みでコピペする
  • ブックマーク
    • 解除
  • しおり
    • 解除
    • しおりに登録したページのPCとモバイルの差異の説明
  • メッセージ
    • メッセージの作成
    • メッセージの閲覧
    • メッセージの削除
  • 感想
    • 初期表示
    • 作品ごとの表示
  • フォロー
    • 解除
  • フォロー作品
    • 説明
  • 閲覧履歴
    • 説明
  • 掲示板
    • 質問の作成
    • 質疑応答をする
  • 設定
    • プロフィールの変更
    • アカウント情報の変更(ハンドルネーム、 メールアドレス、 パスワード)
    • ID変更
    • ログアウト
    • 退会
Forgot Password?→
Alight「-ノベル版-」は、快適な読書体験を提供するために
全画面表示で作品を表示いたします。
左下にあります見開きアイコンでいつでも解除できます。
ごゆるりと作品をお楽しみ下さいませ。
作品を読む
 結局、シンが拠点の洞穴に戻ってきたのは、夜9時頃だった。
「遅かったね。シン。何かトラブルでもあった?
 コルンは心配そうに話しかけた。
「トラブル……はなかった。戦闘は少しあったけどな。でも、かなりの成果が得られたはずだ」
「戦闘?大丈夫なの?一応修理キットの予備はあるけど」
「ああ。大丈夫だ。ほぼ傷はない」
「よかった。それじゃあ初日の報告会を始めよう。まずサキから」
 このグループは、夜だけはこうして集まることが義務づけられている。そして、1日に起こったことの報告をし合うのだ。
「えっと、私は今日、Cグループと呼ばれている同盟に入ってきたわ。まだ10人にも満たなかった」
 サキは報告をするが、以前シンとは目を合わせない。
 俺、なにか悪いことしたかな……
「やった!さすがサキだね。ここまで順調にいくと逆に怖いくらいだ」
 次はシンの番だという風にコルンが合図する。
「俺がやったことは2つ。一つはこの特別訓練エリア全体のスキャン。もう一つは、B


グループの同盟、つまりバーブの同盟の居場所を突き止めた」
「えぇ!?
 コルンが珍しく興奮している。
「すごいよ二人とも!まさか初日に大きな同盟三つ全ての場所がわかるなんて!
 コルンの言い方が何か引っかかっる。サキも同じことを思ったのか、コルンに尋ねた。
「三つ全てってことは……あなたはAグループの居場所がわかったの?
「その通りさ。そして加入してきたよ。これで明日からは、遠慮なく内部情報を盗聴できる」
「やったな、コルン、サキ。ところで、俺は同盟に入らなくてよかったんだよな?
「そうだね。バーブの同盟は、リターンは大きいかもしれないけれど、入るリスクが高い。それでいいと思う」
 シンは、戦闘の詳しい内容までは言わないでおいた。
 その日の夜はそれっきり、特に変わったことは起こらなかった。
 そして、次の日の朝。
 朝食の堅いパンとスープを飲んでいるシンに、見張りを終えたサキが話しかけてきた。
「シン。話があるの」
「話?なにか大事なことなのか?
「ええ。とても大事。今の私たちにとっては」
 なにか有益な情報でもつかんだのだろうか。
「ちなみにコルンは?
「もう行ったわ。Aグループは時折会合があって、呼び出されるみたい」
「わかった。それで、話って?
 そう返すと、サキは一度目を閉じ、大きく息を吸い込んでから言った。
『あなた、何者なの?
 シンは質問の意味が分からず、パンをかじったまま動きが止まってしまった。
「何言ってるんだ?さっぱり意味が分からない」
「実は、昨日の貴方の戦闘を見ていたの」
「へえ。それで?
 内面は焦りに焦っているが、外面は平静を装っておく。カマをかけている可能性もある。
「あなた、スピード型じゃないわよね」
「……………」



「だとしたら、あなたは何?昨日の戦闘では防御型の盾を使っていた。一昨日の戦闘ではスピード型のレア特技の【音速斬り】を使っていた。普通に考えてそんなことがあるはずがない」
「全部見たのか?
「ええ。全部ね。私も、あとをつける気はなかった。けれど、たまたま行く方向が同じで、遠目に見つけた途端に戦闘が始まったわ」
「なるほどな」
「なるほどなって。それだけ?私に口止めするとかしなくていいわけ?
「そんなことしないだろ?サキは。だからコルンがいなくなってから話したんだろ?
「ええ。まあ……」
「それに、大丈夫だ。コルンにもサキにも、いずれは話そうと思っていたことだからな」
「じゃあ、あなたの戦闘タイプって……」
「悪いが、今はまだ言えない。とにかく、このことは今は2人だけの秘密だ。どこに盗聴器があるかわからないからな」
「ここで全てを言ってくれるのなら、2人の秘密にしようかと思ったけれど。意地でも言ってもらうわ。これは、今後に関わる重要なこと。3人の仲に秘密があって決裂する
のはあなたに取っても不利益なはずよ」
 どうやら、サキは是が非でも聞き出したいようだ。端末で、コルンを呼び戻しているのが見える。
 しかし、問題はない。いずれ話そうと思っていたのは本当のこと。少し予定が狂ったが、支障はない。数分後、呼び戻されたコルンが顔を出した。
「一体どうしたの?緊急招集なんて」
 コルンの顔は、見るからに焦っていた。
「コルン。今から、私たちの今後に関わる重要なことを話すわ。よく聞いて」
「重要なこと?シンは知ってるの?
「知っているも何も、これは、シンのことなのよ」
「どういうこと……?
 それからサキは、先ほど俺に打ち明けたように、偶然見た俺の戦闘の話を、包み隠さず話した。
「それは本当なの?シン」
「本当だ。いつか言おうとは思っていたんだがな。まあ聞いてくれ」
 2人の顔に緊張が走る。特にサキの方は、興味津々といった様子だ。
「実は、俺はスピード型じゃない」



「えっ!?
「やっぱり……」
 コルンは、今までに見たことがないくらい驚いているのに対し、サキはまだ続きを待っている様子だ。
「言うならば、俺は特殊型の中でも珍しいタイプ、"トレース型"だ」
「ト、トレース!?噂には聞いたことがあったけど、本当に存在するの?!
 今度はサキが興奮しまくっている。
「トレースの内容はよく知られていないけれど、文字通り敵の型、特技をコピーする特技なのかい?でもそれだけじゃじゃ勝てないよね?まさか、今まで見た特技全てをコピー?それは無理すぎる」
 コルンは未だ半信半疑のようだ。
「そう。内容としては、敵の特技のコピー。さらに言えば、今まで、受けたことのある特技、技に限定される。見ただけじゃダメだ。ダメージを実際に受けるか、それを回避する。つまり、敵が意識的にこちらに特技を使った場合のみ自動でストックされる」
「それでも強すぎない……?
「さらにもう1つ。特技は3つまでしかトレースできない。どういうことかというと、今まで経験した特技のデータの全ての中から、3つを選んでセットできる。一度セット
すると、24時間後にしか変更できない。今セットしてる、【瞬間移動】、【大盾防御】、【大砲】の三つのうちどれか一つでも変更したら、明日のこの時間までスロットを変えられないってことさ」
「何それ……もうめちゃくちゃじゃない……」
 サキは、この特技のチートさを笑うしかなかった。
 しかし、コルンは違った。
「いや、確かに強い特技だけれど、無敵でもないんじゃないかな?だって、理想論で言えば、アーティーって、特技は15個くらいは最大で持てるはず。その場合かなりの不自由な装備になっちゃうけど。でも、シンは絶対に、3個しか持てない。サキ、今登録してる特技、何個ある?
「えっと、【大防御】と、【銃弾乱射】、【盾突進】、【絶対防御】………合計8つね」
「僕は7つだった。だから、シンは、敵に"三つしか特技が使えない"ってことを知られたら、かなり不利な状況になるんだよ」
 流石はコルン、この一瞬で弱点まで見抜いてしまうとは。
「そういうことだ。つまり、俺はいろんなタイプの敵と同時に戦うのは危険だし、早々に三つ出してしまったら、攻撃を見切られる可能性だってある」



「それでも、強いことには変わりないんでしょ?
「まあ、それはそうだね」
 サキとコルンは苦笑いしている。
「分かっていると思うが、これは他言無用だ。絶対に言うなよ」
「もちろんさ。この辺には盗聴器は仕掛けられていないはずだよ。見張りをしていて誰も近寄っていないんだからね。とりあえず、僕はそれを踏まえて改めて作戦を練ってみるよ。じゃあみんな、健闘を祈る」
「了解。また何かあったら連絡するわ」
 こうして、2人は各自の持ち場へと出かけていった。
 ふぅ……
 洞穴にはシンのため息の音だけが響いた。
1
4
面白かった!
続きが読みたい!
感動した!
可愛かった!
かっこいい!
感想を削除する
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行