フォントをダウンロード中
ページの左右でマウスを左クリックします。
または、 キーボードの左右の矢印キーを入力します。
ページ上で指先を左右になぞると、 前/次ページへ移動します。
メニューはページをタッチすると現れます。
× ヘルプを閉じる
雪の中にただ一人、わたしがいる。 その私は、どこかに向かって歩いている。 白い息を吐き続けながら、キラキラと光り輝く、流れ星のような雪を浴びて。 サクッサクッと音を立てる足跡は、まるでクッキーが砕けてしまったような。 「もしもし」 スマートフォンにかかってきた電話に出る。 「あと、どれくらいで着きそう?」 雨とは違った、雪のような優しさで話しかけてくる彼女は、私の唯一の親友。信頼度は、決して雪崩の起きない雪山のようだ。 「後、5分くらいだよ」 「分かった。気をつけて来てね」 「うん、ばいばい」 ほのかに紅く染まった手は悴んで、着信を切るのでさえ困難にさせる。冬に短所は沢山あるが、それ以上に長所が多いのが否めない。やっぱり好きだ。 歩いていると、曲がり角を通るサンタさんを見つける。いつもの赤と白の服で飾り、ぷっくらしていて、どこか安心感を与える。当然、白くて大きい袋も背負っている。この世界に、サンタさんって本当に居たんだ。 するとサンタさんは、わたしの方へ来て、この気温に負けないくらい、 温和に話しかけてくる。 「嬢ちゃん。雪降る冬の外は、無愛想だ。手の先や耳なんて、真っ紅に染め上げてしまうくらいにね。ところで、冬のは好きかい?」 「うん、好きだよ」 「こんなに寒いのにかい?」 「うん」 寒くたって構わない。だってこの季節には、魅力が沢山あるから。サンタさんは、その魅力に気づいていないのかな。 「嬢ちゃん。私も好きだよ、冬」 違ったみたいだ。じゃあ何で、あんな風に聞いたのだろう。 「私はね、試していたんだ。本当にこんな季節、好きな人がいるのかなって」 「……わたし意外にも、いっぱい、いーっぱい冬が好きな人いるよ。だって、ケーキ食べられるし、クリスマスプレゼントも貰えるの。あとね、すっごい雪って綺麗なんだよ」 一番好きな季節。語っても語り尽くせないほど、愛している。本当に本当に好きだ。 「嬢ちゃんは、優しいね。君のせいで、雪も溶けちゃいそうだよ」 「……溶けちゃ、いや」 「ううん、まだまだ溶けないよ。今のはね、褒め言葉なんだよ。もう少し成長したら、この意味が分かるのかもね」 そう言って、サンタさんは高らかに笑う。わたしはよりいっそう不思議になり、下を向いてしまう。こんな気持ちになっても、変わらず雪は降り続ける。わたしの中で、不思議の雪が積もる。 「私は、誰だと思う?」 「サンタさん」 「即答だね。嬢ちゃん、君にピッタリ合う言葉、教えてあげるよ」 サンタさんは、また不思議なことを言う。考えてもしょうがないので、紅くなった手のひらに、白い息を吐き掛ける。 「純粋無垢。そして、宝石の如く光り輝く、雪のような美しい《女|おなご》。嬢ちゃんには難しい言葉かも知れないけど、これはね、とびきり凄い褒め言葉なんだ。雪も吹き飛んでしまうくらいのね」 「雪、吹き飛ぶの、いや」 「ふぉっふぉっふぉ!」 まだこの季節を楽しみたいのに、サンタさんは、さっきから雪を無くそうとする。もしかして、悪いサンタさんなのかも。 「サンタさんって、どんな事をする人だと思うかい?」 「トナカイさんと仲が良くて、クリスマスの日にみんなのお家にプレゼントを配るの。笑顔にも、幸せな気持ちにもしてくれる、ヒーローだよ」 いつも寝ている間に去ってしまうので、会えない。これが初めましてなので、実はちょっぴり緊張している。 「おじさん、泣いちゃいそうだよ……」 「大丈夫? ハンカチなら、わたし持ってるよ」 「嬉し泣きだよ、嬢ちゃん。それほどまでの優しさは、雪じゃなくて、私が溶けちゃいそうだ」 「サンタさんが溶けちゃうのも、いや……」 「私は溶けないさ?」 「だって今、溶けちゃいそうって……」 わたしの頭をポンポン、とするサンタさん。そして耳元で、『私も雪も、そう簡単に溶けないから安心してね』と、優しい声音で囁く。わたしは、大きく白い息を吐き出して、徐々に安心する。良かった。 「嬢ちゃん、私にはもう時間が無いみたいだ。何か欲しいものはあるかい?」 そう言ってサンタさんは、背負っていた大きな白い袋を開けて、ゴソゴソとし出す。 わたしの欲しいもの。いくつかあって選べない、優柔不断な考えが過ぎるのだが、なんとか一つに絞る。そして、サンタさんに伝える。 「……雪が欲しい」 「雪? 雪なら、沢山あるだろう」 サンタさんは、周りを指して言う。たしかに雪は沢山あるのだが、わたしが欲しいのは、握ったら溶けてしまうような雪ではない。 「溶けない、雪。サンタさんなら、くれるはず」 「そ、そうかい。困ったなぁ……」 サンタさんは、白くて立派なヒゲを触りながら、困惑した表情を取る。 「分かった。嬢ちゃんが欲しいって言うなら、あげるよ」 「うん。ありがと、サンタさん」 「あぁ。オッホッホ」 サンタさんは、わたしの頭を撫で出す。すると、降っていた雪はますます、見たことの無いくらいに、美しく輝き出す。そして、サンタさんは言った。 「嬢ちゃんのような、かわいいかわいい子に会えて良かったよ。お陰でサンタさん、頑張れそうだ。ほら、見てごらん。トナカイが、私を迎えに来たようだ」 奥には、トナカイ二匹がソリを引いて、こちらへ向かってくる。真っ赤なお鼻に、素敵なツノ。サンタさんは、すごいなぁ。 「じゃあね、嬢ちゃん。この雪や冬の素晴らしさは、これから大人になっても、ずっと大切にしておくんだよ。そして、雪のように美しくて、心がキレイな女性になるんだよ。じゃあね。良い子にいているんだよ。オッホッホ!」 「さ、サンタさん……ありが……とう……」 「ほら、泣くで無い。雪が溶けてしまうぞ?」 「うぅ……な、泣いてなんかいない……だって、雪、溶けちゃうもん……」 「こんな少しの時間で泣いてくれるなんて、嬢ちゃん、本当に君の心は、雪のように美しいね。はいっ。君に、この溶けない雪を渡すよ。そろそろ、サンタさんは行くよ。ばいばい」 高らかに笑って、トナカイを引いて旅立ってしまうサンタさん。サンタさんと初めて話せて、とっても嬉しかった。本当に、ありがとね。 ────キラキラと輝いていた雪が晴れると、そこはもう目的地であった。 「遅かったねー! 何その髪留め! うわぁ、すごい可愛いな! それより、もうケーキ焼けてるよ? 早く食べよ!」 さっきサンタさんがくれた贈り物。わたし自身、ワガママだって気付いてた。優しいサンタさんは、そんなお願いでも快く引き受けてしまうヒーローだ。 「うん!」 溶けない雪の正体は、雪の結晶の形をした髪留めであった。売り物ではあり得ない、本物の雪のような輝き。その輝きには、可愛さは勿論、美しさや、サンタさんの優しさまで入っている気がした。 わたしのヒーロー、サンタさん。ありがとう。 ──そんな、ある一人の女の子とサンタさんの物語でした──
1
15
シリーズ一覧
感想を送る
作品を紹介
ブックマーク
しおりを挟む
作品情報
使い方
登録が完了しました!
確認事項
戻る
実行